Tガシさんの映画レビュー・感想・評価

Tガシ

Tガシ

自己犠牲は泣ける

映画(697)
ドラマ(0)

ザ・ベビーシッター(2016年製作の映画)

3.4

【ねないこだれだ】
12歳の男の子にはあまりにHOTでノリの良すぎるベビーシッター。
ある夜、自分が寝たあと彼女が何をしているのかを覗こうとする──。

なんだこれ。
シュールなテンポの良さ。
スプラ
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.5

【中身はオッサン】
周りはそのまま、自分だけ若返る系。
再び高校生になるわけですが、現在そこには自分の子供たちが通っていて──。

アホなところはアホで熱いところは熱い、ほっこりできる良作!
それぞれ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.4

【ここは僕らの世界】
4DX3D
ゲームってこんな感じだよね!
一周じゃ拾い切れてないキャラクターやネタがまだまだあると思う。
ガンダムは本当に熱かった。

この没入感を是非3Dや4DXで!

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

【茫然自失】
見るまでに聞こえてきた感想はラストに唖然というものばかりで、その通りだった。

流石にキャラクターが多すぎて動かすのが大変そう。
バトルは一つ一つの白兵戦に本当に力が入っていて実写ベース
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.4

【ちょっと何やってるかわからない】
ファンタジー系マーベル。
トニー・スタークに以上に高慢なお医者様です。

驚くべきはそのCGのクオリティ。
インセプションのように街ごと変形させたり、
無限の彼方へ
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.3

【大胆さは偉大】
フルタイムで国を愛するニコラス・ケイジが日本刀片手に星条旗柄ハンググライダーで空からパキスタン進入を試みる─開幕そんな絵面のヤベェ映画。

どこの町にも一人はいる、延々と持論を語るお
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.2

【モンスター】
コメディ寄りかと思ったのですが……。
完全に予想外の内容。
斬新な設定をこう活かしてくるとは思いませんでした。
巨大なものが出てくる割に如何せんスケールは小さめで、主題がどんどん予想か
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.5

【家族】
原作は全く知りません。
これという本題のストーリー(目的)がないため
「原作の各場面を繋げたんだろうな」
感は否めませんが、ただ胸キュン狙いだけでない構成はいいと思います。
開幕の設定からし
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

【何を捨てれば】
まず「ロビー活動って?」レベルの知見なので序盤から付いていくのが大変でした。
加えて台詞が速い上に専門用語も多いので正直何が起きてたのかリアルタイムでは理解し切れていません。

主人
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.1

【僕がわかる?】
記憶を受け継ぎ何度か生まれ変わった犬目線の物語。
人間の我々からすると、ライフサイクルがとても速い。
死に際は悲しげですが割と淡々と生まれ変わります。
こうもハッキリ前世を覚えている
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

4.3

【新進気鋭】
4DX3D
絶滅の危機に瀕する中、人類は鋼鉄の巨人を創り上げ戦いを挑んだ…
という雰囲気の前作に対し、ひとまず敵を倒し安堵した世界という雰囲気の違い、また10年の時間経過も丁度良いと思い
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.4

【不信感】
ホラーじゃありません、サイコスリラーです。
彼女の実家に挨拶に行ったが少し居心地の悪い黒人男性の主人公…。
所々不信感を懐きながらも思いの外、決定的な事は起きずに半分以上が経過しますがラス
>>続きを読む

父を探して(2013年製作の映画)

2.1

【社会】
子供の感性で捉える資本主義社会…?
悪い夢でも見ているかような目まぐるしさと素敵な音楽や暖かみを持つ世界をクレヨンで描いたかのよう。
抽象的な表現が多く、何が言いたいのかかなりの部分を自分で
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

2.9

【美麗な悪夢】
フォトショップで仕上げたかのような虹色の世界が美しい。
レトロな挿入歌と不気味なBGMもマッチしておりその出来栄えはとても良いです。
ラストオブアスのような良作ゲームの世界をそのまま映
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.3

【こんな”ばあちゃん家”はイヤだ】
パラノーマル・アクティビティによく似ています。
よく似ていますが内容は被っておらず差別化できているのでOK。
本作は撮影者が子供の姉弟、特に姉が映像編集を趣味として
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.6

■試写会
【ジャングルロック様】
ヒーローにはヒーローの着地、ロック様にはロック様の着地だ!!
基本的に軽くアホなノリで進行するぞ!ゲームだからな!
小ネタの笑いどころは満載!ティーネイジャーらしい青
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.3

【レトロ感】
アパートや映画館、高級車に怪しい実験施設といったレトロな世界の美術やレコードが奏でる音楽を楽しむ作品です。
ストーリーの方はやや進行が遅くそれほど大きな動きもないため期待値以下。
『美女
>>続きを読む

フィスト・ファイト(2017年製作の映画)

3.1

【#TEACHERFIGHT】
そんな高校があるかい!そんな教師がいるかい!のオンパレード。
とにかくとってつけたようなスッカラカン設定なので頭空っぽで見られます。
それでいて口癖や行動パターンで各人
>>続きを読む

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

3.5

【明るく賢い】
言わずと知れたミュージカル。
当然歌のパートは多いんですが、
「お前も歌うんかい!お前も歌って踊るんかい!」
と言いたくなる程みんなして歌い出すのが楽しい。
特にステージで楽団が加わる
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

3.8

【自尊心】
「チャイをくれ」
開幕第一声から文化の違いが見られて面白い。
そんな我々から見て文化の違う人がまた別の文化の中に放り込まれます。
言葉の通じない外国でいきなりあんな目に遭ったら泣きますね。
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

4.0

【怒りの小栗刑事】
序盤は和製SAWかと思ったのですがそれがメインではないかも。
他の方のレビューに「セブン」が多数挙げられており、しっくり来ました。
結構グロいです。

コナン映画のようなスピードと
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.9

【映像美】
とても静かな映画です。
台詞は少なく、ほぼ無音のシーンも多め。
その静けさを圧倒的映像美で押し切ります。
ブラック・スワンのような内容を予想していましたが大分違いました。
面白さで言えば2
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.7

【NASAへようこそ】
卓越した数学力で飛び級を経た少女はやがてNASAの計算部署に。
しかし差別が色濃く残る当時その職場は─。

パッケージ通り、二人の準主人公を加えた三人の話。
逆境の中、実力と毅
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.2

【出オチ】
尻からガスを吹き出し、口から水が湧く便利なラドクリフのどざえもんと故郷を目指す。
開幕5分の絵面が面白さのピークでした。
あとは正直退屈なシーンが大半を占めます。
ただ無駄にキレイで惹き込
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

【ひと夏の冒険】

シチュエーション、ビジュアル、ビックリ、各怖さ揃ってます。
幼少期に想像してしまう「怖いもの」を具現化したようなホラーです。
ピエロ自体は怖いというより不気味。
幻覚系を予想してい
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

2.5

【クローバーフィールド詐欺】

宇宙系SFスリラー。
莫大なエネルギーを生み出す実験の影響で時空を超えてしまうという、フィラデルフィア計画を彷彿とさせるようなテーマが主題です。
密室で起こる理解の範疇
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.0

【人間同士】

舞台がほぼ列車内でそれは上手く活かせています。
人物達の立場や印象が二、三逆転するのもポイントです。
人間同士のいざこざで生死が分かれがちですね。
クソ野郎はとことんクソ野郎で清々しい
>>続きを読む

チェイサー(2017年製作の映画)

3.4

【コマンドーママ】

話のほとんどが追跡劇。
狭まった視野がグワングワン揺れる、必死なときの精神状態がよく描けています。
ドンパチ賑やかな銃撃戦こそないものの、息子を取り戻すため自ら地の果てまで追わん
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

4.2

【車!富豪!美男美女!】

悪い人の車を盗んでしまったばかりに別の悪い人から車を盗むことになるお話。
映画的要素をかき集めたインスタント食品のような一本。
途方も無い総額であろうクラシックカーの大集会
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

【執念の創業者】

開幕5軸シェイクミキサーを売り込む50代のセールスマン。
「卵が先か鶏が先か。供給を増やせば需要が生まれる。」
彼こそミスター”マクドナルド”──ではありません。
ある日8台という
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

【この街をナメるなよ】

あの日あの場にいた人々が、実行犯までもがそれまでいかに普通の生活を送っていたかがわかります。
テロ自体は序盤で発生し、そこからの捜査がメインです。
少ないBGMや標準画角の多
>>続きを読む

>|