伊藤チコ革命的cinema同盟さんの映画レビュー・感想・評価

伊藤チコ革命的cinema同盟

伊藤チコ革命的cinema同盟

映画(185)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

昼下りの決斗(1962年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

159.
西部劇は詳しくないんですが、ジャンル映画史の記念碑的な作品。『アンチ西部劇』とカテゴライズしてもいいんじゃないかなって思いました。
アンチ西部劇というと抽象的な言葉ですが、これまでの西部劇に
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

158.
光州事件を題材に実話をエンターテイメント化。思ったのが、契約書とか様々な言葉が日本語と同じ点があり、意外に感じた。

作品自体はとても丁寧な作り。前半はコメディ調なんだけど主人公や周りの人間
>>続きを読む

エル・ドラド(1966年製作の映画)

2.0

157.
この内容でこの尺は長すぎるよ。あと最後の不意打ちはズルい。ちゃんと決闘しないと・・・
まあ、総じてありがちな西部劇。不完全だけど気骨とポリシーのある主人公と人情味あふれる仲間たちが悪者をユー
>>続きを読む

ガンヒルの決斗(1959年製作の映画)

3.0

156.
シンプル。嫁を殺された保安官が復讐のためにDQNをぶっ殺す。ついでにその親もぶっ殺す!
最後が意外だったけどね。でもB級?テイストな作風と尺と内容はバランスが取れていて、もう少しドンパチして
>>続きを読む

西部決闘史(1972年製作の映画)

3.0

155.
サバタシリーズの第二作か第三作かわからないんだけど、普通の町の悪いやつから金をせしめるストーリーは怪しい銃と怪しい中尉と怪しい連中で水増ししてるので無意味な複雑さを醸す。
でもその怪しい連中
>>続きを読む

トマホーク ガンマンvs食人族(2015年製作の映画)

3.0

154.
フォローワーさんに教えてもらってやっと見れた作品なんだけど、私Z級な展開を期待してしまって、でもあんまりにも食人族が出てこないのと古き良き西部劇のやり取りを感じ、「あれ?もしかして見方間違え
>>続きを読む

シノーラ(1972年製作の映画)

3.5

153.
これ、エル・ドラドと荒野のドラゴンとメキシコ革命ものを混ぜたマカロニウェスタンかもしれない。
序盤のプロット、雇われたけど自分の信義に反するので拒否するのはエルドラドだし、メキシコ人への虐殺
>>続きを読む

アラモ(1960年製作の映画)

4.0

152.
アメリカの西部劇って感じがする。実際のアラモの戦いを描いた作品で、「リメンバーアラモ」と真珠湾と同じくらいアメリカナショナリズムを体現する出来事の一つ。テキサス共和国って歴史的にどういう評価
>>続きを読む

カットスロート・アイランド(1995年製作の映画)

3.0

151.
そんなにお金がかかっているとは思えないんだけど、そんなに悪くもなかった一作。午後ローにうってつけの王道的なエンターテイメント。むしろ造りはいい方なんじゃない?爆発も多くて、ヒロインがクソ強い
>>続きを読む

キリング・フィールド(1984年製作の映画)

3.5

150.
叙事詩的な映画。カンボジア内戦で離れ離れになったアメリカ人ジャーナリストと現地新聞記者。なんで新聞記者があんなにジャーナリストに親愛を見せているのか謎だけど。。。
2人が離れ離れになるまで一
>>続きを読む

チャップリンの殺人狂時代(1947年製作の映画)

4.0

149.
どことなく他人ごとで飄々としている連続殺人鬼。おどけている場面も多いのが逆に怖い。やっぱ演技力というか雰囲気あるね。素直な話筋で複雑ではない。けれども練られている。後半、お約束の運命の出会い
>>続きを読む

墨攻(2006年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

148.墨攻
原作未読・漫画も未読。

墨子の思想家の一人革離は、趙軍に攻められている梁城城主・梁溪からの依頼により、単身梁城に乗り込み、趙の大軍を相手に梁城を守ることとなる。革離はたった一人で梁城の
>>続きを読む

カウボーイ&ゾンビ(2010年製作の映画)

2.0

147.
久しぶりのグズグズゾンビにご機嫌です。50年前のイタリア西部劇より安っぽ〜いセット。謎の石によりゾンビ化した村人に襲われるインディアン、賞金稼ぎ、お姉さん。お散歩シーンが尺を削り、眠くなると
>>続きを読む

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

3.5

146.
タラ若い。極悪兄弟が通りすがりの元神父一家を拉致って闇取引のためメキシコへ。待ち合わせ場所は吸血鬼のすくつ!(なぜか変換でry)そこまで尺半分かかるけど。唐突に始まるヴァンパイアハンティング
>>続きを読む

続・復讐のガンマン〜走れ、男、走れ〜(1968年製作の映画)

4.0

145.
時期的にはメキシコ革命前のファレス時代~メキシコ第二帝政期だね。ファレスはベニート・ファレスと言い、ベニート・ムッソリーニは彼からつけられたという。
キューバ生まれのミリアンは相変わらずメキ
>>続きを読む

ドラゴン覇王拳2 復讐の挽歌(1972年製作の映画)

4.0

144.
吃驚したよねオープニングまんま『怒りの荒野』なんだもん。音楽も演出?も。
前作で死んだジミーさん、大した説明もないのに甦る。
中を開けるとまあ、前作のジミーさんの格闘シーンが次々に用いられ、
>>続きを読む

ドラゴン覇王拳(1972年製作の映画)

4.0

143 .
ひたすらジミーさんが強くて、スーパーマン。覇王?誰だい?
まあ、もったいぶった登場で悪い奴らをポコポコ殺害し、お腹がすいたらおみせて
「餃子を80個」
と大食漢なのが暴露されるよ。
中盤か
>>続きを読む

ドラゴンVS不死身の妖婆(1973年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

142.
不死身のおばさま、活躍するの冒頭の訓練シーンと終盤だけじゃないの…
他は彼女が育てた怪しい日本語を使う孫たちがバタバタとジミーさんに地味に殺されていくだけ…本作のジミーさんはスタイリッシュに
>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

4.0

141.
思ったよりシンプルなストーリー。優秀な学生が進路に迷った卒業後の夏休み(向こうのシステムわからないんだけど進路って卒業前に決めんじゃないの?)。父親の友達の奥様に誘惑されて筆おろし&浮気デビ
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.5

140.Diner ダイナー
Twitterでフォローワーさんに高評価だったのでようやく見れた。小説・漫画未読勢。
この世界観好きだな、振り切って非日本的な展開にしているのと、オープニングの遠き山に日
>>続きを読む

怒れるドラゴン 不死身の四天王(1973年製作の映画)

3.5

139.
敵側の方が印象深い。敵はセンスを大量にもってことあるごとに破いてしまう謎の日本人なんだけど、彼のお約束のこれが作中頻発するので見ていて笑ってしまう。
四天王といいつつ、各々の背景がシャッフル
>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

5.0

138.
気が付いたんだけど、チャップリンはまだこの時、ヒトラーの良心とかそういうの信じていた気がする。でなければ、ヒンケルはあんなに悲しそうな雰囲気は出なかったはず。意外とラスト強引な感じがしたね。
>>続きを読む

夕陽のギンコーマン(1966年製作の映画)

3.0

137.
リタに比べると格段に落ちるギャグ。コメディじゃないくだらぬギャグ。夕陽のガンマンのパロディ&茶化した作品なんだけど、冒頭の場面以外はちょっとね。。。
まあ、やりたいことはわかるんだけど乾いた
>>続きを読む

無頼プロフェッショナル(1971年製作の映画)

5.0

136.
リー・ヴァン・クリーフとジャンニ・ガルコ???おおお、普通の映画じゃないでしょ?
でも序盤はなんかかったるい。話の展開がよく読めなくてなんかね、、、と思ったら。中盤以降の怒涛のヘンテコな展開
>>続きを読む

西部の無頼人(1968年製作の映画)

2.0

135.
普通以外の感想が思い浮かばない。まあ、勝手にみんなほぼほぼ敵が全滅したのは(藁)だけどもね

荒野のみな殺し(1966年製作の映画)

3.0

134.
どこかで見たことがある場面が多いwwwでもツギハギだけど綺麗にならされているので違和感はない。もったいないのはあんだけ町に女の人がいてバリケードしてるんだから派手な銃撃アクションとかそういう
>>続きを読む

荒野のドラゴン(1973年製作の映画)

5.0

133.
可能ならば☆10上げたいくらいの快作。
本作の主人公は中国からの移民。豊かな生活に憧れて西部にやってきた。でもアジア人差別でなかなか職にありつけない。そこでようやくカーボーイになれたんだけど
>>続きを読む

荒野の一つ星(1967年製作の映画)

4.0

132.
ジェンマってこういう役柄にはピッタリだと思う。本作は正統派西部劇みたいな気高きコンプライアンス精神を持つ保安官が多いんだけど、ジェンマはこういう役にはとてもしっくりくる。情熱的でまっすぐな役
>>続きを読む

ゴーストタウンの番外地(1968年製作の映画)

4.0

131.
取り立てて目新しいものがあるわけじゃないんだけど、不思議と話にひき込まれる脚本の強さを感じる。ザ・ジャンル映画。余計なものをそぎ落として肝心な部分だけポンと置いた作品。
そもそも本作の主人公
>>続きを読む

ジャンゴ・ザ・バスタード(1969年製作の映画)

5.0

130.
アタリハズレにの振れ幅が激しいアンソニー・ステファンの復讐劇。こういうのがいいよね。カインと本作くらいの暗さがないとなんか復讐ものって感じが全然しないんだよ。
ちょっと狂い気味?の色白男がム
>>続きを読む

地獄のアパッチ(1971年製作の映画)

2.0

129.
マカロニミステリーは苦手だ。本作もインディアンの米国将校が政府を巻き込む巨大な陰謀に立ち向かう話なんだけど、ミステリー形式が足を引っ張る。あまりにももったいない。どうもイギリス資本が入るとな
>>続きを読む

>|