アカショウビンさんの映画レビュー・感想・評価

アカショウビン

アカショウビン

映画(847)
ドラマ(1)

デッドプール2(2018年製作の映画)

5.0

またタイムトラベルしてて笑える。スーパーヒーローは困ったら時間いじればいいんだな。
最近のハリウッド映画の格闘シーンどれもおんなじに見える。

レディ・バード(2017年製作の映画)

5.0

自意識過剰でちょっとイタい女の子のリアルな青春モノって聞いて興味持って見たんだけど、たぶん何の前情報もなしに見たらおしゃれな青春映画と勘違いしてたな笑。アメリカの青春モノ見るとアメリカに生まれなくて良>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

5.0

衛星の地上偵察と街中に設置された監視カメラから爆破事件の数日前の映像を再現するシステムその名も「白雪姫」。領域内だと家の中まで再現できて美人を出歯亀。こんなシステムあったらもうプライバシーもクソもねえ>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

5.0

劇中の説明によると平行世界ものであってタイムリープではないらしいのだがぶっちゃけそこらへんの説明はよくわからない。
テロリストを見つけ出し爆破テロを防げという任務を主人公が受けるのだが、そのために与え
>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

5.0

怖いけど、人気作家が狂ったファンの自宅に監禁されて新作を書かされるという特殊すぎる状況ゆえ他人事感が無きにしもあらず。
アニーの怖さがほんとに凄い。というかあれだけフィクションにのめり込めるのも大した
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

5.0

おもしろい!ストーリー複雑すぎて理解できないんだけどアマプラにあるからみんな見て。誰かの身の上話を聞かされるってシチュエーションが好き。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

5.0

面白かったけど、これで素直に感動してええんやろか?
悲劇を乗り越えてく健気な女の子のお話は確かに心打たれるものがあるし僕も興奮するんだけど、さすがに小学生の女の子にこんなこと言わせていいんだろうかとい
>>続きを読む

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

5.0

おおお。ひねりの効いたサスペンスで面白かった。勘のいい人ならわかってしまうかもしれないがなかなか良かった。
法医学施設の遺体安置所から消えた女性の遺体。女性の夫が遺体安置所に呼ばれ事情聴取を受ける。女
>>続きを読む

狼たちの午後(1975年製作の映画)

5.0

初鑑賞は大学1年の夏休み。もう遠い遠い昔だ。
白昼、銀行に押し入った男三人。しかしどこか間抜けで段取りも悪く、一人は「やっぱり怖いよ〜」なんつって逃げ出す始末。金庫にもほとんど金がなく、警察にも包囲さ
>>続きを読む

バニシング・ポイント(1971年製作の映画)

5.0

主人公コワルスキーが車を爆走させて、警察がそれを追っかけて、ラジオのDJが主人公を英雄に仕立て上げて、別にとくに物語なんてないんだけど、不思議とおもしろくてすがすがしい。映像的にはずっとおっさんが車爆>>続きを読む

情婦(1957年製作の映画)

5.0

よくできてるなあとは思うけど、そんなに面白くはなかったなあ。

サンセット大通り(1950年製作の映画)

5.0

めっちゃ久しぶりに見た。やっぱりめっちゃおもしろい。
死体が事の顛末を語るという構成がまずおもしろいし、主人公が迷い込んだ荒れ果てた屋敷は頭のおかしい女主人に不気味な使用人に猿の遺体、いかにもホラー的
>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

5.0

最初のエピソードが一番面白かったなあ。
ブチギレたい場面でブチギレたらどうなるか。

アイデンティティー(2003年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

クローズドサークルもの。
『そして誰もいなくなった』とか『十角館の殺人』でもそうだけど、一人一人殺されていく状況、なぜ彼らが殺されることになったのか、誰が犯人なのか、こういうシチュエーションや謎は魅力
>>続きを読む

ドクトル・ジバゴ(1965年製作の映画)

5.0

こんな壮大な映画見てこんな感想しかつぶやけないのかよと自分が情けなくなるけど、ラーラよりトーニャの顔が好き。

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

5.0

タランティーノ本人がダイナマイトで吹っ飛ぶところが一番面白かった。

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

5.0

まじでタランティーノ映画にしか興味ないのか。第二次世界大戦を扱っても映画の話題で、しかも大胆に歴史改変。
映画館にスパイとして忍び込んだのがバレそうなシーンのブラピの顔が笑える。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

5.0

これも高校生のとき見たな。
働かなくては生きていかれないのです。働きましょう。ジブリの映画は「働け働け」言ってくるのでニートには厳しい。

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

5.0

うーん傑作。見ながらじゃりン子チエとか思い出した。これを子ども連れて観に行った親は子どもに「生理って何?」って聞かれたりしたろうか?ぼくはこれをはじめて見たのが高校生だったので親に聞かずにすんだ。
>>続きを読む

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

5.0

過去の出来事が現在にダイレクトにつながりすぎてる感じはあるけど面白かった。

グレムリン(1984年製作の映画)

5.0

懐かしいな。おもしろいとは思わんけど。ギズモは可愛い。

ゼイリブ(1988年製作の映画)

5.0

めっちゃおもしろい!この映画映研の先輩からも後輩からもおすすめされてて見なきゃなって思ってたんだけど見て良かったです。
あのクソ長い喧嘩シーン、黒人のおっちゃんがあまりにもサングラスを拒絶するから、白
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

5.0

設定とかおもしろいけど、なにか物足りなさを感じなくもない。しかし、間違いなくおもしろい。
謎の立方体に閉じ込められた数人。立方体の外にはさらに立方体があってどれだけあるのかもわからない。立方体の正体も
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

5.0

気が滅入る映画だ。ますます恋愛が怖くなる。
ある夫婦の出会いから結婚までと離婚に至る数日間を交互に描いた作品。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

5.0

最初はおもしろいと思ったけどだんだんうんざりしてきた。らんちき騒ぎもラリるれろもこんな延々見せられてもなという気分になる。主人公くらいの営業スキルは憧れますが。
たしかルソーは、マキャベリの悪名高い『
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

5.0

引用されてる映画とか音楽とか、イケアでのデートとかなんかちょっとあざとさを感じてしまうな。まあぼくはリンゴスターとかザスミスが何者とか、イケアのブランドイメージとかも知らないんですけど。
「恋愛怖いよ
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

なんやこれクソつまらんやんけって感じだったけど最後はおもしろかった。でもそれまでが退屈すぎる。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

わりにおもしろかった。
自分でも意外なほどストーリーがどう展開するか予測できて、もしかして俺もループしてんじゃね?ってほどだった。本当の犯人が誰かって展開と性悪な主人公が心を入れ替えても実は関係ないっ
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

5.0

うわあ。トゥルーマンショーに感動してる視聴者たちも不気味だけど、なぜか俺もちょっと感動してる。トゥルーマンがはじめて今までの世界の外側に出ていくとこなんかヒナの巣立ち感があるじゃん。それにジム・キャリ>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

5.0

もう2年以上まえだと思うけど、映画研究部の飲み会で他大の人におすすめされた。
僕も昔は幽体離脱にあこがれました

宇宙戦争(2005年製作の映画)

5.0

なんじゃこりゃまじでめちゃくちゃおもしろいじゃん。かつて怪獣ファンだった自分からすると、俺が見たかったのはこういう映像なんだよというシーン連発だった。
人類よりはるかに知的な生命体が、もっとも原始的な
>>続きを読む

>|