たらぴーさんの映画レビュー・感想・評価

たらぴー

たらぴー

ヒーローが好き。かっこいいから。特にDC。

映画(34)
ドラマ(1)

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.5

最速試写会にて視聴。

結構ビクビクしちゃった、最後まで気を抜けなかった。
ワニも怖かったけど、父と娘の絆物語。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.4

映像だけでいうと長い「ダーウィンが来た」だった。でも綺麗。
音楽は言わずもがな素晴らしい。

結局ディズニーってすごいなあって。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.3

前作から急に話が大きくなった。SF。B級。わかりやすくて見やすい。
こんなに早く続編が見られると楽でいい。

途中パラモアの曲使ったのはとても良かった。

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

アニメーションなのに現実感がある。よく知ってる場所が、ほとんどまんま背景として描かれていてどうしたって気分が上がる。

物語も変に複雑じゃなくて分かりやすくてシンプルに感動しちゃった。小説も読んでみよ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

予告見てなかったから思ってたのと全然違ったけど、面白かった。音楽も良かった。
ほぼオールユーニードイズキル。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.2

何故か全てに新鮮さを感じた。
ヴィランとの戦いというより恋愛中心な気がした。良かったけど。
自作も楽しみ。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

かっこよすぎて震えた。
全員めちゃくちゃかっこいい。語彙力がなくなってしまうほど、ただただかっこいい。
3時間が短く感じた。IMAXでも見てみたい。
熱いシーンが数え切れないくらいあって、名言もバカほ
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.4

The洋ホラーという感じ。
ビビらせてくるところは予測できたから耐えれた。

後、水には全然近づいていい。

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

4.8

映画としての完成度が高くて、見応えあった。
もっといろんな映画館でやれば良いのに。

見ている間ずっと、綺麗な映像、景色、音楽の中に常に奇妙な何かが潜んでる感覚があった。
なかなかに予想を裏切られもし
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.5

おふざけ多くて結構笑ってた、面白かった。
それでいてしっかりかっこいい。
コスチュームはダサいけどそれがヒーロー。強いんだから良い。
エンドロール前の最後のシーンが激アツだった。

MARVELも好き
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.4

アニメーションの映画を観るのは久々だったけどとにかく最高。

戦闘シーンは異種格闘すぎてスマブラを見てるみたいだった。
時々アニメーションか実写か忘れてしまうくらい綺麗な映像。
構成も凝ってて見応えあ
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

笑える箇所が多かったけどそれだけじゃなく、テーマである人種差別も濃く描かれていた。

中立の人間も多い中で、自分の種が至高だという考えを捨てない人間は永遠にいなくならないんだろうなと感じた。人種じゃな
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.2

いつも通りところどころふざけてたけど、マーベルにしてはシリアスな方。
キャプテンマーベルがバグかよってくらい強くてめちゃくちゃ良い。
強さイかれてるヒーローはかっこいい。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

こういう映画が好きだし、改めて音楽って良いなあと感じた。
実話に基づいてるんだから、世の中捨てたもんじゃない。

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

DCファンとして見逃せない作品。
DCの映画はMARVELより重い雰囲気のイメージがあるけど、最近のDC映画は少し柔らかくなったような気もするしアクアマンもそんな感じだった。
ストーリーはMARVEL
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

なんかよくわかんないけど癖になっちゃう何かがある。
狂ってるけど真実って感じ。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.4

シリーズモノをリアルタイムで観ていると、次の作品への期待にワクワクが収まらないこの感じが好き。

前作よりも増して現代のCG技術に感動した。魔法がCGのおかげで映えまくってる。
ハリーポッターシリーズ
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

4.0

キャラクターや物語と陰鬱な感じの雰囲気が絶妙にマッチしてて凄い惹かれる映画。
自分はDCが好きで興味があったので見たが、原案がDCのダークヒーローだと知らなくても1つの映画として楽しめる。
ガブリエル
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.7

ディカプリオがめちゃイケメン。
映画を通してずっとどこかに哀しさを感じた。
ハンラティって発音が好き。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」を見るためにハリーポッターを前作見返し、これも見た。
初っ端から姿現し祭りで見ててめちゃくちゃ興奮した。CGで出来ることが増えていることを改めて実感
>>続きを読む

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(2010年製作の映画)

4.0

黒幕は読めたけど、しっかり楽しめた。
やっぱりこういうアクションがはちゃめちゃかっこよくて、ふざけるとこふざけてて笑える映画が好きだと再確認。

ジョンスミス大佐、ワイルドおじさん感が滲み出てて惚れた
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.5

もうちょい先まで見たいと感じてしまった。ちょっと物足りない感がある。
まあでもあれだけの歌唱力を映画館の爆音で聴けばそりゃ感動する。
改めてレディーガガに興味が湧いて楽曲を色々聴いてみたくなった。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

見終わった後で怖く悲しくなった。

怖さの起因は、現代の監視社会において今この時も自分がトゥルーマンと同じ状況である可能性を完全には否定できないから。
また悲しみは、ただ1人騙されてるトゥルーマンは孤
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.5

あるあるな結末。
演技が古くさい気はするけど味がある。
カイザーソゼの言い方を真似したくなる。

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.5

前日に何かしら映画見たいなと思ってなんとなくで選んだけど、当たりだった。

監督がこの映画を通して伝えたいことを難しく散りばめられてるのではなく、わかりやすくドーンと堂々と伝えてくれて、潔くて逆に良か
>>続きを読む

LOOP/ループ -時に囚われた男-(2016年製作の映画)

3.4

全体的に暗い雰囲気の映画。
伏線が多くて見てて面白かった。

人生での選択は自分との戦いだと教えてもらった気がする。

チャッピー(2015年製作の映画)

2.7

チャッピーになったAIが人間的過ぎるというか感情的過ぎるというかで、ん〜て感じ。
人間に左右されない最強の人工知能であって欲しかった。(自分の中の理想だけど)

人間が人間以上の物を作れるって怖い事だ
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.2

実話であるし人ごとではないから恐ろしい。政府の陰謀的な映画やドラマ好きには打って付けだと思う。

専門用語多くて何回も10秒戻しを使った。
一瞬エニグマも出てきて良かった。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

前評判ほど「めーちゃめちゃ良かった!」とはならなかったけど、なんかほっこりする良い映画だった。
若干の家族愛と、好きな事への想いを感じられる映画。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

物語の説明とか人物同士の会話が極端に少ない気がするから、話を掴むのに時間がかかった。
段々とわかってきて、成功の為には何かしらの犠牲が必要なんだなあと再確認できた。

あと、スピットファイアめーちゃめ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

何回も出し抜かれてしまった。
画面だけで終わらせるなんてすげえこと考えるなあと。
「一回ネットに上がった情報は一生消えない」っていうやつを改めて実感できた。

来る(2018年製作の映画)

3.9

予想より物語がしっかりしてた。
情報量が多かったような気もするが、飽きずに最後まで観れた。
ふざけすぎないおふざけも感じれた。
現代のSNSなど、他人の目を異常に気にするような風習を風刺しているような
>>続きを読む