ちぇりにゃんさんの映画レビュー・感想・評価

ちぇりにゃん

ちぇりにゃん

好きなジャンルはヒューマン、シリアス、恋愛、ミステリー。
特に人生つらい系のどんよりした作品が好きです。

映画(293)
ドラマ(0)

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

3.9

今もどこかでこの映画と同じことが起きているかもしれない。
すごくグロくて恐ろしい内容だったけど、しっかり心に刻んでおきたい。

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.0

余命宣告された二人が、酔った勢いで海を見るために旅に出るのだが、ハプニング起きまくりでハチャメチャなことに。
超絶かっこいいアクションシーンもあれば、ちょいちょいクスッと笑えるコメディ要素も。
90分
>>続きを読む

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

4.0

聴覚障害を持つ子供に対する性的虐待の話で、実話が元になっている。
暴行シーンがリアルで目をふさぎたくなるほどだった。
そして何より権力の恐ろしさを思い知らされた。
この映画が公開されてから事件が再検証
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.4

何故か何度も観たくなる不思議な中毒性のある映画。
ティファニーのキャラがとても魅力的で可愛い。
同じ双極性障害として、あるある~と笑っちゃうシーンが結構あった。
ゴミ袋着て走りたくなる気持ちも良く分か
>>続きを読む

インポッシブル(2012年製作の映画)

3.4

津波の被害に遭った家族の実話。
映像も音もとてもリアルで、作った人達のこだわりを強く感じた。
津波のシーンで、水に飲まれる音、キーンという耳鳴り、意識が遠のくような音など
とてもよく出来ていて、こちら
>>続きを読む

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.2

子供目線でいろんな大人の喧嘩やら恋やらを眺める映画。
大人って自分勝手なんだなぁと思う。
とにかく子供がかわいそうで切なかった。

自殺サークル(2002年製作の映画)

2.5

B級なスプラッターミステリー。
終始意味不明だったけど突拍子のない展開が逆に面白かった。
グロ耐性のある私でもちょっとウワァってなるシーンが多かった。
意味深なメッセージや伏線が多々出てくるが、上手く
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

超王道エンターテインメントミュージカル。
ミュージカルでは、突然始まる歌に置いて行かれて感情移入が出来なくなったり、歌だけが良くてストーリーがイマイチということがよくあるが、この作品は歌とストーリーの
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.1

とても綺麗に描かれていてまとまりのある美しい映画だったが、設定を理解するのに一杯一杯で、そこまで感動できなかった。
設定に整合性を求めてしまってところどころ「なんで?」と思うシーンがあった。
結構突拍
>>続きを読む

怪しい彼女(2014年製作の映画)

4.0

素晴らしい映画に出会った!
おばあちゃんがいきなり20歳に若返ってしまう話。
性格や汚い言葉遣いがそのままで若返るのでかなり変な20歳なんだけど、若さとのギャップでとても魅力的に見える。
そこを上手く
>>続きを読む

ただ君だけ(2011年製作の映画)

3.2

ラブラブなシーンでニヤけてしまった。
他は見慣れた感じでそこまで感動しなかった。

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.4

音楽がすごく良い!!
こんな青春時代送りたかった。
昔の同級生に会いたくなった。
テンポ良く軽く、明るい気持ちになれる作品。

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.0

冤罪で刑務所に入った知的障害を持つ父とその娘の物語。
最近何を観ても泣けなかった私がボロボロ泣いた。
重たいテーマをコメディタッチに描いていて、踊りだしたくなるような迫力のある音楽とテンポの良い展開に
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

3.8

韓国版フォレストガンプ?

一人の男が大切なものを守るために命懸けで生きる物語。
時代は朝鮮戦争時代から現代まで。
舞台は韓国、ドイツ、そしてベトナムも。
スケールが大きく飽きさせない。
展開が読めず
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

3.6

毎朝起きると顔が変わるという絶対にありえない設定だけど特に違和感なくすんなり観れた。
ハン・ヒョジュがとても綺麗だしひとつひとつのシーンが丁寧に撮られていてとても綺麗な映画だった。

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.3

王道ラブストーリー。
口説き方や言い回しがいかにもアメリカ人で面白かった。
キスシーンの激しさにびっくりしたり笑えたり。
音楽も映像も素晴らしくてとても良い話だったけど展開が読めてしまったのがちょっと
>>続きを読む

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.5

なんとも切なくて美しい映画だった。

先週「私の頭の中の消しゴム」を観て若年性アルツハイマー病の怖さを知り、たまたまジャケットで選んだこの映画も同じテーマだったことに驚いた。
「私の頭の中の消しゴム」
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

2.5

カメラはブレブレだし、音楽も流れない。
とにかくリアルを追求した映画なのかもしれないけど、私には観ていて不快になるだけだった。そういう意味では「息もできない」映画。
「シバラマァ~」という汚い韓国語だ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.0

ずっと気になっていたので鑑賞。
最初からクライマックスのような大盛り上がりに全くついて行けず、入り込めないまま最後まで観てしまった。
ストーリーがとにかく薄っぺらく感じてしまって、期待していただけに非
>>続きを読む

アップルとわたしのカラフルな世界(2017年製作の映画)

1.0

馬が好きでジャケットを見て気になったので鑑賞。
最初からテンポが遅く我慢しながら大きな展開を期待していたが、そのような大きな展開にはならず、これ以上観ても何も起こらないだろうと判断し観るのをやめた。
>>続きを読む

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.8

重く、悲しく切ない物語。
序盤は穏やかに美しく二人の愛が描かれ、次第にこの先どうなるかと目が離せなくなる。
何度も涙し、いろんなことを考えさせられた。
観た後しばらくため息が止まらない。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.2

有名曲がたくさん詰め込まれたミュージカルエンターテインメント映画。
序盤から終盤まで物凄いテンポの良さで単純明快なストーリーが進んでいく。
動物たちの歌う音楽は迫力満点で思わず身体が動いてしまうくらい
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

4.6

意見が分かれる映画のようだが、私の場合終盤は感動して泣きっぱなしだった。
序盤の設定に少々疑問があったが、そんなことはどうでも良くなるくらい素晴らしい展開だった。
絵がとにかく美しくて、終始目を見開い
>>続きを読む

>|