あかねさんの映画レビュー・感想・評価

あかね

あかね

映画(394)
ドラマ(18)

パプリカ(2006年製作の映画)

4.0

おもしろかったー!!!!!
何度も観たいと思う作品が増えた。

夢と妄想は紙一重でそれに飲まれてしまうとそれと現実だってどっちに生きているか分からない。
多分これは未来でもSFの話ではなくて、人間の意
>>続きを読む

ニュームーン トワイライト・サーガ(2009年製作の映画)

2.6

前回が結構ツボにハマっているから繋ぎ感が否めなかった。
ヴァンパイア目当てなので仕方ない。(出番少ないぜ)
続きものだから少し好みからズレてしまうのは仕方ないから早く続きを見なくては。

ビートルジュース(1988年製作の映画)

3.0

観終わった後に、彼の名前を3回唱えました。
そういった、こんな世界楽しそうって感じの映画を作れるティムバートンの脳内最高すぎる。
改めてティムバートン作品が好きになった。
とにかくいろんな意味ですごい
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.3

年始に録画したと思われるものを巣ごもりのお供に。

キムタク(木村拓哉さん)に対しての「ちょっと待てよ」のセリフ(おしいよ!少し違う!!ってなったけども)や、前田敦子さんの目の前に現れた男性の正体に笑
>>続きを読む

トワイライト〜初恋〜(2008年製作の映画)

3.5

人の持つヴァンパイアのイメージを詰め込んだってかんじ。
エドワードの妖美な微笑み方とか彼を見るベラの表情とかからヴァンパイアを感じさせられる。
それだけじゃなくて、画の色もヴァンパイアの冷たさを作り出
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.1

ドラン作品らしくてらしくないような感じがした。(全てを見てるわけでないからなんとも言えないけど。)
息子と押しつけたがりな母親の設定やらその母親像は、流石で今回も引き込まれた。
またかと始まった時は少
>>続きを読む

スーサイド・ショップ(2012年製作の映画)

3.3

ずっと観たかったものをやっと観れた!!

ブラックコメディ的なものかと思って最初観ていたけど、予想が外れて
観終わって振り返るとかなり深いお話だった。

字幕の「運命は魅力的で予期できない"回り道"」
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.3

半地下家族が金持ち家族に近づいて
生活に侵入していく前半、面白いくらい上手くいくからワクワクした。
中盤はそろそろ、、って予測できるであろうことに気づかない半地下家族をヒヤヒヤと観てた。
そしたら予測
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

2.1

とにかく長く感じた
わちゃわちゃしてる割にガツンとくる惹きつけられるものがなかった
薬、酒、金、女、音楽どれも最高な要素で
レオ様とウォール街好きな組み合わせなんだけど、何か足りない
もっと大きな悲劇
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

2.3

日本版は初めて見たけど福田組色出し過ぎな場面もチョコチョコ。。
特に家族
もうちょい抑えて本家の素敵パパ具合を感じさせて欲しかった。

福田監督作品として意識して観るとやっぱりムロさんやじろうさんは安
>>続きを読む

名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)(1998年製作の映画)

-

劇場版のコナン久々に見た。。楽しかった

あゆみちゃん含め少年探偵団たちこんな大人な感じなのね。
通信してるシーンなんか全く一年生に見えない。。

あと、ななさんの強引感が否めない。。

シェイクスピアの庭(2018年製作の映画)

3.1

作品はいくつか知っているし読んだ、戯曲も(アレンジされたものだけど)観たことがあった。
でも今まででシェイクスピアの書きたいことを理解できたことは一回もないから、もっと知識を深めたい。

この作品はそ
>>続きを読む

アダムス・ファミリー2(1993年製作の映画)

3.3

2で奇妙さ、ラブラブ度がアップ
前回よりも楽しくみれた気がするのでこっちの方が好みだった

フェスターの動き全てが可愛くて見続けられる

ちょいちょい見られる雑さも好き

ラストシーンってウェンズデー
>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

3.7

思春期の心と体の変化を分かりやすく
(そのため大袈裟に描いてるけど)、この変化は誰にでも起こることだから彼女の口から出た想いにかなり共感する。

ラストでミアが前に進むシーンは親離れなのかなと感じた。
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

2.8

雨の日に鑑賞。できれば夏の雨の日にすればよかった

羅生門懐かしいな。高校時代を思い出す。

店長のセリフが流石は物書きさんだけあって綺麗にまとめている言葉だと感じた。思わず先生と呼びそうになる。
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.5

OP音楽も良いし、画も可愛い。
所々出てくる発音いじりは自分もドキっとさせられたので勉強頑張ろう、、、
思っていた結末と違って展開にびっくりしてしまったのだけど、後半のそれぞれの温かい笑顔が素敵だった
>>続きを読む

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

3.7

鼓動に気付けなかった人たちが鼓動に耳を傾けはじめた。それが愛情に変わってみんなを変えていく。それぞれがお互いに影響していくからみんなが主人公で魅力的。
どんどんいい方向に向かってどんどんハッピーエンド
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.5

続編を見たいと思い前作のこの作品も観たけど、思った通りな映画で新鮮味がないかなと。
現代であり得る身近な問題でメッセージ性はある作品だった。
成田凌いいな。どんな役もしっくりくる。

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

3.8

ずっと観たかったものを鑑賞できたけど、予想通り良かった。
女の子の憧れが詰まった、選ばれた女の子たちの話。家自体も家具も洋服も玩具や小物全部が可愛い。観てて癒しの時間。

悪いこともいい方向に向かうく
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.8

宇宙ものはやっぱり夢が大量に詰まっていて、楽しいしハラハラして飽きずに
あっという間に終わってしまった!!!
CG技術に感動の声をあげまくり、テーマパーク気分。
リアーナ演じるキャラ(役名は伏せときた
>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

3.3

ホイットニーヒューストンの追悼記念として放送されてたため初鑑賞。
I will always love youがなんとも完璧なタイミングなんだろう。
観終わって満足感を得られた。

素敵だった、、とた
>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

3.0

何があっても味方でいてくれて、思ってくれる絶対的な存在って素敵だなと感じさせられた。

早く変化を見たい為に焦るっていうのはすごいわかるし伝わってきたけど、
そこから派生する行動ひとつひとつがよくわか
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.0

金ローで録画したのを観たけど普通に面白い。
日本語吹き替えによる流行り言葉の使い方が上手いなって感じた。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.6

美しくて魅力的だけど感情が読み取りづらいからこその恐怖を感じた。
でも、一見何考えてるか分からないけれど、その欠落を音楽と周りの人々のセリフが補ってる。
それによっていろんな見方ができるだろうから何回
>>続きを読む

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

2.3

とにかくラブコメが見たい気分で鑑賞したけど、思っていた以上に中身がしっかりしてた印象。

不自由がなく生活、仕事ができる人が良いに決まってるから、私はダメだ。って考える彼女に彼がかけられる言葉はもっと
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

ティーンズの全てが詰まってるなって感じた映画。
将来の展望や野望って大事だしそこに希望を持って生きたいけど、
本当に大切なものを大切にすることはすごく大事。
心の戻る所は生きてく上で絶対必要。常に忘れ
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

活弁士の時代を観てみたくて、公開が決まってから楽しみにしてた作品。
山岡先生の活動写真によって活動弁士は活かされてるっていうような言葉が心に残る。最後の立ち去るシーンでもその言葉がすごく心に刺さった。
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

4.0

小さい頃から心惹かれる存在だった人魚がなんで魅力的に感じるのか少し答えが出た気がする。
とてつもなくあの姉妹が魅力的だった
美しくて強くて弱くて儚い存在

音楽好きだったな

ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界(2012年製作の映画)

3.2

エルファニング目当てで作品鑑賞

なんとなく見終わった後にいや、見てる途中からずっと
もやもやと心に残る
思春期の心の動きって今の私が観ると
まだ偏った見方になるように感じてしまった。
時間を置いても
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

2.5

ゾンビランドが好きならって2、3年前に友達から勧められた作品。
やっと見た
まあコメディのゾンビもの
少し下品なネタもありつつ、
ボーイスカウトの彼らの青春感が楽しい。
経験は人間を強く魅力的にするの
>>続きを読む

>|