ふぃるまさんの映画レビュー・感想・評価

ふぃるま

ふぃるま

映画(148)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.5

ようやく観れました。
原作途中まで既読。

この映画は自殺願望、イジメ、障害、不登校、ディスコミュニケーションなどのデリケートなテーマを扱っているが、軽く扱わないよう重く描かないよう配慮されている。
>>続きを読む

ドカベン(1977年製作の映画)

-

おそらく、人生で初めて観た全然おもんなかった映画(笑)。



確か『恐竜怪鳥の島』とかいう映画と二本立てだったような……。

というか、これほどまでに原作者がポスターでアピールしている作品があっただ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.0

うーん、よくなかったです。

エピソードを盛り込み過ぎてまとまりがない。
構成がまずくラストも盛り上がりがない。
なので、物語としては全然アカンかった。

笑いどころなども多く楽しい映画になっているん
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

SWの世界観にハマれた。
期待せずに観ると、なかなかに面白い。
というか、期待……うーん、私にとってSWは映画みたいなものになっており、格別好きでもないのに観ないといけない何かになっている。
そのため
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.0

前作に何かしらの要素が加わってるか期待したが、展開的にも趣向的にも大きなものは無かった。

リメイクなのだからもう少し…とも思ったが、ある意味原作通りなのかも。
(原作未読)

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.0

原作未見。

画が綺麗。ロケがよい。

俳優は頑張っているのだが、それ以前に物語がダメ。
口で言ってる割に動かない主人公はまだしも、その主人公に見せ場を与えていないのはいかがなものか。

なんだかんだ
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

全く期待してなかったからか、なかなかによかった。
以前までに比べ、破壊し過ぎる場面が減ったこと、人助けの場面が多かったことも好印象の要因かも。

ちなみに『アベンジャーズ』はどれも未見です。
別にDC
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.0

肩の力を抜いて観られる犯罪映画。
見せ方がうまい。
見せ場が沢山用意されており、深みのある映画になっている。

リンキング・ラブ(2017年製作の映画)

3.0

タイムスリップSFコメディ。
もしかしたら男の子より女の子の方が楽しめるかも。

AKB関係のアイドル映画かと思ったが、出演者のほとんどが関係無いと知り、おそらくやったであろう練習量に好感が持てた。
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

2.0

「アメリカを騙した男」のコピーに騙された私(笑)。
主人公が大して努力もせずピンチもなく大金持ちになるので、真面目に働くのが馬鹿らしくなる……かも?

この時にこの場所で飛行機持ってたからラッキー! 
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

2.5

作りこみが凄い。
未来世界のリアリティがある。
俳優もよし。
ただ、物語の先が読めてしまったので、展開がじれったかった。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.5

アクションがよい。
後半に連れて盛り上がる構成もよい。

ただ、危機感が薄れる構成、流れが停止する場面があった。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.0

ハッピーな映画。
犬が好きな人はもちろん、猫が好きな人も楽しめ……る……んじゃないかなあ。

犬の気持ちをナレーションが代弁しているのだが、犬の演技を殺している部分もあった。
素材がいいだけに惜しい。
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

2.5

うーん、今回はよくなかったです。
たけしらしくない映画だと感じました。
演技も今一つだったかなあ。
癖のある俳優たちを揃えているけど生きていない感じがしました。
ラストのワンカットが唯一、この映画を救
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

2.5

見せ場たっぷりのアクション映画。

しかし、主人公の動機が描けていない。
あと、亜人を退治するにはどうするのか? という根本的なルールが、はっきりしていないので、物語に入り込めなかった。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

2.8

よくまとまった善良な作品。俳優もよい。
しかしストーリーが様々な年代に飛び、各々で見せ場がある分、全体を牽引する芯となる物語に弱さを感じた。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

深い。
帰り道でいろいろ考えてしまった。
しかしそれは作者の意図する「真実と向き合う」ことではなく、私の場合、動機はなんだったのか? であった。

この映画にしろガリレオにしろ、福山雅治ってなんか損し
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

大作。
視点を三つに分けた分、歴史上の出来事を立体的に表現できた。
しかしその分、私は登場人物への感情移入ができず映画にのめりこめなかった。
空中撮影が凝っている。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

これ、格好いい!
音楽と映像がマッチしたカーアクションもの。
犯罪映画としてよくできている。

主演の男の子もいいし、女の子がこれまた可愛い。

スカッとしたやつ観たいなってときにはこれですぜ。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

見応えがある。
いい意味で二時間が長く感じるほど見せ場が連続する。
演出面では物足りない処がいくつかあった。
とはいえ、ロングでゾンビが後から後から追っかけてくるカットにはぞっとしましたよ。
俳優たち
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

2.5

物足りない。
ヒーロー(ヒロインだが)と戦争は相性が悪いと思う。
ヒーローは架空のものであるのに、戦争はとても現実だからだ。
そして戦争に正義などなく、どちらが良いと言えないことも我々は知っている。
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.5

原作とは違う映画になっている。
なのに原作を忠実になぞる部分もあり、妙な違和感があった。

この物語は夏休みの登校日という絶妙な背景設定の勝利であり、中学生(原作は小学生)というこれまた微妙な年頃の不
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

ヒーローを等身大の人物として描いており、その点に好感が持てた。

新しいシリーズの一作目なのに、スパイダーマンの誕生に触れていない点も潔い。
「みんな知ってるでしょ?」という割り切りか。

後半に主人
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.0

見せるべき所と省略すべき所が逆。
役者はイメージにあっていて良。
三池崇監督だからと思って観たんですが……。


この際コミックの実写映画化について話したい。
いろいろあるが、極論を言えば、実写に向い
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

女の子目当てで観に行ったら、男の子の方に惹かれた(笑)。
この男の子、いいよ。

この映画の良さってきっと、主演の二人の間に流れる空気感だと思われる。

ふつーに考えればこんな関係無いよなと思うが、も
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.0

うーん、いまいち。

ドラマの舞台を出たり入ったりするのでエモーションが途切れる。
主人公が喋りすぎ。もっと動きや表情で伝えられるはず。
杉咲花はとてもよい。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

2.5

シリーズの息切れを感じた。
やはり車を生き物として描く世界を連作するのは無理があるのではないか。
動きや舞台、物語にも目新しさが無い。
自然の背景CGはやはりすごい。

私、このシリーズそんなに好きじ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.0

緊張感がある。
導入から事件、クライマックスまで破綻なくよくできている。人物描写もそれなりによい。
この題材ではどうしても21世紀の『エイリアン』と言われることを見据えた上での意気込みが感じられた。

ドッグ・イート・ドッグ(2016年製作の映画)

2.0

見所の多い映画。
面白い見せ方をしているカットが沢山ある。
ただ、非道徳的なキャラには移入できず、カタルシスも得られない。

製作陣はこの映画を反面教師的な作品にしたかったのか……。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8

力作。
一人の無名の男の人生を、細かく描いている点に好感が持てる。

比べることではないのを重々承知で言わせてもらうなら、描写的に『プライベートライアン』を超えてはいないなと。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

まずアイディアがよい。
展開もスムーズで、緊張感もある。
オチが強引、と思ったらオリジナルに付け足した箇所らしい。
私にはもう一捻り欲しかった。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.5

この映画、身に詰まされる人多いんじゃないだろうか。

仕事は大事。それで収入を得てその上で今の生活が成り立っているのだから。
でもホントにそうかな? もっと大事なことがあるんじゃないの?
この映画が示
>>続きを読む

サクラダリセット 後篇(2017年製作の映画)

2.2

なんというか前篇のおまけというか蛇足な印象。
確かに前篇で解決していなかったことなどが明らかになったりはするのだが、前篇で結構満足できたからかなあ。
どうにかして一本にまとめられなかったか……。

>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

リアリティがある。
こういう映画こそ現実的な説得力が必要なのだ。
見せ方もうまい。丁寧な職人の仕事を観た。

スプリット(2017年製作の映画)

2.3

犯罪者の行動が手ぬるい。
続編ありきみたいな映画はもういいよ。
俳優の演技は見応えがあった。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.0

オスカーを取ったので鑑賞。

黒人問題が身近でない日本人には、いまいち伝わりづらい素材だと思う。
セリフで説明する場面が多いのも気になった。

一年ずれてたらオスカーじゃなかったかもというのは邪推かな
>>続きを読む