tinytotchanさんの映画レビュー・感想・評価

tinytotchan

tinytotchan

映画は映画館派。

映画(70)
ドラマ(0)

マーガレット・サッチャー 鉄の女の素顔(2011年製作の映画)

-

考え、ではなく、気持ち、を聞かれる辛さ。最後は優しい気持ちになる。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

いろんな観点からのオギーの受け止め方が描かれているのが印象的。本人、親、姉弟、友人、映画の世界観として全ての人が優しくて暖かかった。

友罪(2017年製作の映画)

3.0

瑛太の演技がすごい。
ラストの2人の振り返りの先、余韻の残る映画。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.0

好きな映画。いい意味で、タイトルとかジャケットに完全に裏切られてしまう。

永遠の0(2013年製作の映画)

4.0

原作の良さと、映画の良さが違うパターン。私はすき。

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

2.5

沢尻エリカの沢尻エリカによる沢尻エリカのための映画!

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.0

優しくて綺麗で、本当にスーッと涙が出るっていうのはこういうことか。世界観が素晴らしい映画。

テルマエ・ロマエ(2012年製作の映画)

3.3

ものすごく気楽に見られる。笑える!私も平たい顔族の一員!

渇き。(2013年製作の映画)

2.7

あんまり内容が深くないなと、個人的には。小松ななちゃんがめちゃくちゃ可愛い。

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.3

インド映画!初めて見たー!内容も国を現してるし、やはり最後のダンス!!

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.7

さすがの俳優陣。ほっこりする…こんな深い繋がり、素敵。

アバター(2009年製作の映画)

3.0

見た目が嫌だったけど、見たらストーリーはすき。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

幸せになれる映画。歌と映像の美しさ、ディズニーの醍醐味。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

想定外のラスト!
藤原竜也の演技、やっぱり独特だなぁ。全部持ってく。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.5

テンポよく見れた。
キャリアを積んでいる女性は気持ちがわかるとこあると思う。複雑な、恋愛心情。

羊の木(2018年製作の映画)

2.8

後味があまり良くないけど、人間の複雑見が滲み出てる。

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

3.5

現代っぽいアニー。でもやっぱり曲は好きになる。

バーレスク(2010年製作の映画)

4.0

サウンドトラック思わず買った記憶。かっこいい。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.0

近づいて離れて、この設定じゃなくても切ないし愛しいと思う。

>|