tjZeroさんの映画レビュー・感想・評価

tjZero

tjZero

ボンドマニアであり、ヤクルトスワローズのファンでもあります(♪あ~東京砂漠♪)。
オールタイムベストは、①ストレンジャー・ザン・パラダイス、②ダイ・ハード、③カイロの紫のバラ、④ミッドナイト・ラン、⑤麦秋、⑥ブレードランナー、⑦アパートの鍵貸します、⑧ストップ・メイキング・センス、⑨ルパン三世/カリオストロの城、⑩007/ロシアより愛をこめて…でえす。

映画(1059)
ドラマ(0)

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.0

1944年のスペイン、山あいの村。
少女オフェリアは再婚した母に連れられ、ゲリラと戦う大尉の屋敷へ。
屋敷の外れにある迷宮に迷いこんだオフェリアは、守護神パンから試練を与えられることになる…。

周囲
>>続きを読む

ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう(1972年製作の映画)

3.6

え~自分も歳を重ねてまいりまして、「人生50年」のサムライの時代だったらそろそろ亡くなってもおかしくない年代に入ってきました。

そうなると、「結局、自分の人生って~だったな」とか考えることが増えてき
>>続きを読む

ワン・フロム・ザ・ハート(1982年製作の映画)

4.3

同棲中だが倦怠期のフラニー(テリー・ガー)とハンク(フレデリック・フォレスト)は大ゲンカ。
新しいパートナーを求めて、夜をさまよう…。

…そんな二人がさすらうのは、浮世離れしたラス・ヴェガスの街中。
>>続きを読む

華麗なるヒコーキ野郎(1975年製作の映画)

4.2

コレまず、邦題がいいですよね。
カタカナで”ヒコーキ”と表記したのがポイント。
主人公のウォルド・ペッパー(ロバート・レッドフォード)が乗り回す、プロペラ型の複葉機の軽やかに舞う感じがよく出ています。
>>続きを読む

木と市長と文化会館/または七つの偶然(1992年製作の映画)

4.0

フランス北部の小さな村。
若き市長による文化会館建設計画を巡り、地元の校長、パリのジャーナリスト、小説家、村人に子どもたちまで、賛成・反対の立場から意見をぶつけ合う…。

…という粗筋は小難しそうだけ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.7

太平洋戦争時の沖縄。
75名もの負傷兵の命を救った、実在の衛生兵の奮闘を描く。

戦場に出るまでの、少年・青年・練兵場のパートが長いかなあ、と最初は感じていた。
ただ、その前半で主人公デスモンドの”信
>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

4.2

ユーウツな月曜の朝とか「反対のホームに行けば、海に行けるのに…」なんて思ったこと、ありません?

自分は神奈川に長年暮らしてるので、「下りの電車に乗れば、鎌倉か湘南に着くんだよな~」などとしょっちゅう
>>続きを読む

2001年宇宙の旅 新世紀特別版(1968年製作の映画)

4.7

何回も観直すたびに、新たな発見や解釈が浮かんでくる作品ですねえ。
今回は、【A】本作単体、と、【B】スタンリー・キューブリック作全般、について、新たに思いついたことを書いてみます。


【A】『200
>>続きを読む

男たちの挽歌(1986年製作の映画)

4.2

”昔の君はスゴかった”四天王、を監督で選ぶとすれば…ジェームズ・キャメロン、ティム・バートン、リュック・ベッソン、そして本作のジョン・ウーってことになるかもしれません。

久々にコレ観ましたが、やっぱ
>>続きを読む

プリティ・リーグ(1992年製作の映画)

3.6

昨日書いたレビューの中の”スポーツ映画総選挙”に関連して、いろんな競技を思い返している内に、「野球だったら10本以上観てるな」と気がつきました。

なので今回は、”個人的野球映画ベストテン”であります
>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

3.9

スポーツの秋ですねえ。

野球の事はちょっと忘れたいので(苦笑)、競技全般について考えていたら、宇多丸さんのラジオでリスナー投票による”スポーツ映画総選挙”を開催していたので、YouTubeで聴いてみ
>>続きを読む

傷だらけの栄光(1956年製作の映画)

3.7

1940年代のニューヨーク、ダウンタウンに産まれたロッコは、酒びたりの元ボクサーの父に殴られどおしで、不良への道まっしぐら。
刑務所でも軍隊でも更生できなかったロッコは、唯一の特技であるケンカの腕を活
>>続きを読む

カリートの道(1993年製作の映画)

3.9

服役を終えたプエルトリコ系の伝説のギャング、カリート。
南国の島での引退生活を夢見て、水商売で資金を作ろうとするが、かつての稼業のしがらみが障害となって立ちはだかる…。

主演は名優、アル・パチーノ。
>>続きを読む

アンドロメダ…(1971年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ニューメキシコの小さな村の近くに、人工衛星が不時着。
宇宙生命体による感染で、ひとりの赤ちゃんと老人を残して村は全滅。
ネヴァダ砂漠の地下深くに設けられた研究所にて、科学者たちと地球を滅ぼしかねない生
>>続きを読む

アナザー・カントリー(1983年製作の映画)

3.6

1930年代の英国。
名門の全寮制男子校の優等生だったガイは、なぜロシアのスパイになってしまったのか…。

今やイギリスというより、世界的な名優であるコリン・ファースのデビュー作。
頬のラインはグッと
>>続きを読む

ブラジルから来た少年(1978年製作の映画)

4.4

ナチスの残党を追うウイーン在住の調査員リーベルマンの元に、南米パラグアイから、ネオナチ”第四帝国”がヒトラー復活の恐ろしい計画を策動中との報告が届く…。

グレゴリー・ペック(『ローマの休日』)、ロー
>>続きを読む

バリー・リンドン(1975年製作の映画)

4.1

文系・理系で映画監督を分けてみると?

その監督さんの専攻とか出身学部などは関係なく、作品の印象だけで分類してみようという試みです。

《文系》 ジョン・フォード、黒澤明、ビリー・ワイルダー、サム・ペ
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

3.5

あの怪物のイメージというか、デザインがどこから来たのか考えてみました…。

まず、密林で奇襲を仕掛けてくる戦闘パターンは、ヴェトコン(武装共産ゲリラ)のイメージですよね。
合衆国にとってはトラウマであ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.8

高校生の将也は、小学生の時、聴覚障害のある転校生をいじめてしまった過去を持つ。
その反動で、自身がいじめられるようになった彼は、孤立した学生生活を送っている。
自殺を何とか思いとどまった将也は、転落の
>>続きを読む

緑の光線(1985年製作の映画)

4.7

普段書いてるレビューからは意外かもしれませんが、エリック・ロメール監督作も好きなんです、かなりぃ。

その昔、六本木に”シネ・ヴィヴァン”というオサレなミニシアターがあって、背伸びして通ってました。
>>続きを読む

フューリー(2014年製作の映画)

4.2

ナチス占領下のドイツ。
独軍相手に立ち向かう1台の戦車”フューリー”と、乗り込む隊員たちの死闘を描く。

戦車対戦車戦の迫力にヤラれてしまう。

ぶ厚い装甲を突き破れない、戦車の鉄の塊としての存在感。
>>続きを読む

エド・ウッド(1994年製作の映画)

4.5

芸術家の気質を持った人って、2つのタイプに分けられる気がします。

① 自分が創ったものを他人に楽しんでもらいたい
小説家、画家、彫刻家、演出家、建築家、シェフ…本作の主人公エド・ウッドの職業、映画監
>>続きを読む

シティヒート(1984年製作の映画)

2.7

2大スターの共演作といえば、デ・ニーロ&パチーノの『ヒート』を思い出すかたが多そうですが、自分が学生の頃に話題になったのがこの作品でした。
ただし、『ヒート』に比べると『シティ~』はだいぶ落ちます(苦
>>続きを読む

スピード2(1997年製作の映画)

3.0

昨日の台風による関西国際空港閉鎖の報道を目にして、思い出したのがこの映画でした。

今回のような天災ではなくても、テロリストが大型船を操ってあの連絡橋を狙ったら、簡単に”陸の孤島”にしてしまえるんだな
>>続きを読む

インサイダー(1999年製作の映画)

3.5

報道番組の制作者ローウェル(アル・パチーノ)は、大手タバコ会社を解雇された元副社長のワイガンド(ラッセル・クロウ)から証言を引き出し、巨大産業の不正を暴こうとするが、各方面から妨害が入り、苦境に立たさ>>続きを読む

キャリー(1976年製作の映画)

3.9

厳格な母親に育てられたキャリーは、クラスメイトからいじめられ、思春期の身体の変化にも心がついていかない。
精神の変調をきたした彼女は、超能力(テレキネシス)を操れるようになってしまう…。

アルフレッ
>>続きを読む

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.7

人気俳優のジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は妻子と別居中で気ままなホテル暮らし。
久しぶりに娘(エル・ファニング)を預かることになり、親子水入らずの生活を楽しむのだが…。

ため息が出ちゃう。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.6

自分はかつて、宮崎駿作品が好きで、監督作だけでなくスタッフとして関わっている初期作まで、借りたり、レーザーディスクを買ったりして観まくっていた時期がありました。

若き頃の作品には明朗な活劇が多く、何
>>続きを読む

ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ(1942年製作の映画)

4.3

「ブロードウェイの父」と呼ばれた、ジョージ・M・コーハンの伝記映画。

戯曲、作詞、作曲、演技に踊りまでこなしちゃうスーパー演劇人。

幼少の頃から、両親と妹との4人組で舞台に出ずっぱり。

『素晴ら
>>続きを読む

イル・ポスティーノ(1994年製作の映画)

4.1

1950年代のイタリア、ナポリ沖の小さな島。
郵便局に職を得たマリオは、チリから亡命してきた著名な詩人パブロの専属配達夫になる…。

テーマは”届けること”かなあ、と思った。

マリオはパブロの元に、
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

「よろしく、で~す♪」
って言われても、これほど魅力を伝えるのが難しい映画も珍しい。

物語よりも、語り口そのものが楽しい作品だから。

なので、予備知識はない方がいいんだけど、”あえて”頭に入れとく
>>続きを読む

テレフォン(1977年製作の映画)

4.0

アメリカ各地に潜入する50名超のソ連工作員。
電話で特定の詩の一節を耳にすると、体内に埋め込まれた指令が発動し、軍事施設を爆破に向かう。
そんな冷戦時代の遺物を掘り起こそうとする元高官の陰謀を阻止する
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.5

「6本も観るのめんどくさい」とか「銀魂やマンマ・ミーアも気になるし」などとためらっているそこのアナタ、『M:i』シリーズの効用を改めてご紹介してみましょう。

今回のテーマは、”克服”だっ。

① 加
>>続きを読む

香港発活劇エクスプレス 大福星(1985年製作の映画)

3.7

《福を招いて暑気払い、納涼クイズ大会🎆》

これから、3問出題します。
分かったかたはコメント欄に、ネタバレ⚠仕様で(=答えを隠して)ご応募ください。

正解数に応じて、当方未読のあなたのレビューに”
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

3.3

スタンリー・キューブリック生前の企画を、スティーヴン・スピルバーグが映画化。

全体は大きく3つのパートに分けられる。

① 主人公の人造児童デイビッドが人間家庭に迎え入れられるが、誤解の積み重ねから
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

  【調査報告書】

米国情報部員の活動を記録した、コードネーム『M:i』という連作映像の存在が判明した。

諜報活動の遅れを指摘されるわが国としては、この連作を検証し、国際的水準に迫る一助としたいも
>>続きを読む

>|