tjZeroさんの映画レビュー・感想・評価

tjZero

tjZero

映画(1334)
ドラマ(0)

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.8

1960年代終わりから70年代半ばにかけてサンフランシスコ周辺で犯行を重ねた連続殺人犯は、マスコミや警察に送り付けた犯行声明で自らを”ZODIAC”と名乗る…。

『ダーティハリー』が大変好き(レビュ
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.9

キューバからの移民で、マイアミの麻薬王にのし上がったトニー・モンタナの半生を描く…。

演じるアル・パチーノ鬼気迫る姿に釘付け。
眼ヂカラは彼のフィルモグラフィーの中でも最強クラスであり、アップだろう
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

みなさんは、配信📺とどんな風に付き合っていますか❔

自分は主にNet📺Flixなんですけど、常時接続(契約)ではなく、気が向いた時にコンビニでプリペイドカードを買ってきて利用しています。

① 20
>>続きを読む

地上最大のショウ(1952年製作の映画)

3.7

超巨大なサーカス団の巡業の模様を描く。

そのスケールは破格で、団員が1400名、🐘が2~30頭はいたし、🦁や🐯や🦍や🐴もウジャウジャ。

まるで、動物園を引き連れているかのような陣容を連結する貨物列
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.9

サーフィンの穴場である、メキシコのシークレット・ビーチを単身訪れたナンシー(ブレイク・ライヴリー)は、座礁したクジラを食らいに来たサメに襲われ、浅瀬(=原題”THE SHALLOWS”)にとり残される>>続きを読む

愛情物語(1956年製作の映画)

3.7

原題は”EDDY DUCHIN STORY”。
ピアニスト🎹エディ・デューチンの伝記映画。

前半は、ボストンからニューヨークに出て来たエディ(タイロン・パワー)が、妻となるマージョリー(キム・ノヴァ
>>続きを読む

キング・コング(2005年製作の映画)

3.8

長い映画が苦手な方なので、本作の上映時間を見て、若干ひるみました。

だって、188分ですよ😲。

オリジナルの1933年版は100分ですから、ほぼ倍。

なんでこんなに長くなっちゃったんでしょう❔
>>続きを読む

大脱獄(1970年製作の映画)

3.0

まず、主演のふたりのキャスティングに食いつかされた。

『OK牧場の決斗』でドク・ホリデイを演じたカーク・ダグラスと、『荒野の決闘』でワイアット・アープだったヘンリー・フォンダの共演。

ドクとワイア
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

4.0

最初にお断りしておきますが、この映画については、まったく書くつもりはありません_(._.)_。

本作にも出演していた、Mr.007…ショーン・コネリー氏が亡くなりました。90歳でした。

これまでに
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.9

ドン・シーゲル監督&クリント・イーストウッド主演『白い肌の異常な夜』(’71年)のリメイク。

『白肌』は、片脚に重傷を負って南部の女子寄宿学校に逃げこんだ北軍兵士(イーストウッド)が、乙女たちに”お
>>続きを読む

レッド・サン(1971年製作の映画)

3.6

いろんな事があった2020年でしたが、三船敏郎の生誕100周年でもあったのですね。

”世界のミフネ”らしい、本作を選んでみました。

物語の舞台は19世紀後半のアメリカ西部…なんですけどロケ地はスペ
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.5

15年間監禁されていた男が、その謎を解こうと悪戦苦闘する5日間を描く…。

や~、観ている間は意味がつかみきれなくて、考察(=ネタバレ)サイトを見てやっと腑に落ちた。
特にあのアルバムのトコとか、自分
>>続きを読む

シェナンドー河(1965年製作の映画)

3.8

南北戦争3年目のヴァージニア州。
チャールズ・アンダーソン(ジェームズ・スチュワート)は早くに妻を亡くしたが、奴隷に頼らずに7人の子どもたちと共に農場を維持してきた。
戦争とは距離を置き、息子たちへの
>>続きを読む

ロミオとジュリエット(1968年製作の映画)

3.5

現代風にアレンジした『ロミオ&ジュリエット』に比べると、忠実に映画化した本作はゆったりと感じられる。140分弱もあるし。

ただ、シェイクスピアの原作自体は、相当”速い”お話。

だって、このふたりは
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

難解だ、という声が聞かれますが…。

むずかしくはないです…ボンドマニアにとっては。

クリストファー・ノーラン監督は、『インセプション』の雪山シーン(=『女王陛下の007』)でもわかる通り、熱烈なボ
>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.7

アニー・レーク(キャロル・リンレー)は、ロンドンの兄スティーヴン(キーア・デュリア)を頼ってアメリカから渡英するが、引越当日、保育園に預けた4歳の娘バニーが行方不明になってしまう…。

いきなり、タイ
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.8

17世紀の長崎。布教に訪れたフェレイラ神父(リーアム・ニーソン)が弾圧され、消息を絶つ。
弟子であるロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は師の後を追い、九州の地に潜
>>続きを読む

遠すぎた橋(1977年製作の映画)

3.6

戦争ものって長尺は珍しくはないけど、本作も175分もある。
観る前に若干ひるんだけど、オープニング・クレジットのキャストの羅列を目にして納得。

ショーン・コネリー、ジーン・ハックマン、アンソニー・ホ
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.5

テロにより婚約者を亡くしたミッチ(ディラン・オブライエン)は復讐を決意、CIAにリクルートされ、鬼教官のハーリー(マイケル・キートン)に鍛え上げられ、実戦に投入されていく…。

つまらなくはない。どち
>>続きを読む

ボーダー(1981年製作の映画)

3.9

ロスの警官だったチャーリー(ジャック・ニコルソン)は、故郷にマイホームを持ちたいという妻の願いを聞き入れ、テキサスに赴任。国境警備隊に入隊する。

念願のマイホームに舞い上がった妻はローンも気にせず、
>>続きを読む

日本沈没(1973年製作の映画)

3.2

小笠原沖で小さな島が海没。原因を調査する内に、日本海溝に巨大な亀裂が発見される。
続いて起こった大地震は、その後の大災害の序章に過ぎなかった…。

半世紀近く前の作品だから、当時の観客のように特撮に驚
>>続きを読む

おかしなおかしな大追跡(1972年製作の映画)

3.8

ありふれた、赤いチェックの旅行👜カバン。

その、同じ種類の4つの👜が、サンフランシスコのホテルに集結。

①…政府のエージェントが極秘書類を詰めた👜

②…音楽教授のハワード(ライアン・オニール)が
>>続きを読む

遥かなる大地へ(1992年製作の映画)

3.3

19世紀末の北アイルランド。
土地を求める貧農のジョセフ(トム・クルーズ)と、自由を求める箱入りの令嬢シャノン(ニコール・キッドマン)が手を組み、開拓時代の新大陸・アメリカへと旅立っていく…。

まだ
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.8

交通事故で両親を亡くした小学生の織子は、伊豆で温泉宿を営む祖母の旅館に引きとられる…。

小学生版の”旅館あるある”みたいなお話かと思っていたので、幽霊とか、鬼の妖精だとか、占星術師の泊り客とかが登場
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

第2次大戦時、ナチスの暗号機”エニグマ”を解読したアラン・チューニング(ベネディクト・カンバーバッチ)の半生を描く。


この映画を観ていて、大きくふたつのことを考えました。


① 戦争は”必要”な
>>続きを読む

めぐり逢い(1957年製作の映画)

3.6

大西洋を横断し、N.Y.へ向かう豪華客船内。
互いに婚約者がいながら、恋におちてしまったニッキー👨(ケイリー・グラント)とテリー👩(デボラ・カー)は、半年後にエンパイア・ステート・ビルの屋上で再会する
>>続きを読む

モンスターズ/地球外生命体(2010年製作の映画)

3.4

宇宙から持ち帰ろうとした地球外生命体のサンプルがメキシコに落下、繁殖してしまう。
現地取材中の新聞社カメラマンのアンドリューは、社長の娘サムを連れて合衆国への脱出を試みる…。

肝心のモンスターは、オ
>>続きを読む

舞踏会の手帖(1937年製作の映画)

4.5

若くして未亡人となり、人生の意味を失ったクリスティーヌ(マリー・ベル)は、社交界にデビューした際の手帖を見つけ、アドレスを頼りに20年前のダンス・パートナーたちを訪ねる旅に出る…。

彼女が7人の男た
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

成績優秀だが貧しい家庭のリンとバンクは、裕福な劣等生たちから高額の報酬と引き換えにカンニングを持ちかけられ、次第に深みにはまっていく…。

昨今、どの国にも格差を扱った映画が目立つけど、タイ産の本作に
>>続きを読む

ニノチカ(1939年製作の映画)

4.5

ロシアの旧貴族から没収された宝石類が、パリで売りに出される。
元の持ち主である大公女と、外貨を稼ぎたいソ連邦とが法廷で所有権を争う。
公女のパトロンである伯爵のレオン(メルヴィン・ダグラス)と、ソ連側
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

1.5

21歳になったティム(ドーナル・グリーソン)は、父から一族(男子のみ)にまつわる秘密を伝授される。
それは、過去へ何度でも、自由にタイム・トラヴェルできる能力…。

物語も、演技も、演出も、みんなイイ
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.9

ミステリ小説・映画のお伴には、カフェイン強めの飲料が似合います。

アガサ・クリスティー原作の”ミス・マープルもの”みたいなクラシックな推理小説には紅茶ですが、ハードボイルドとか本作のようなボリス・ノ
>>続きを読む

チャップリンの殺人狂時代(1947年製作の映画)

3.5

保険金詐欺&重婚&殺人をくり返す犯罪者を描く…。

善良なヒューマニストの役柄ばかりだったチャールズ・チャップリンにしては、異色な主人公。

長年にわたって強固なキャラクターを作り上げてきたアーティス
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.8

ブッシュ政権をイラク侵攻に導いてしまった、悪名高いディック・チェイニー副大統領を描く…。

タイトルがまず、意味深ですよねえ。
”vice”は副大統領の”副”つまり、①代理、の意味があります。
ただ他
>>続きを読む

レッド・スコルピオン(1988年製作の映画)

3.3

最新作(最終作⁈)が公開されたこともあり、『ランボー』シリーズのレビューが目立ちますねえ。

1作目から順を追って丹念にレビューし直しているかたもいて、頭が下がる思いです🙇。

自分は1作目を、公開時
>>続きを読む

情婦(1957年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

エンド・クレジットで、
”まだご覧になって無いかたには、結末を明かさないでください”
ってお願いされちゃうくらいだから、本作のレビューはネタバレ⚠仕様にせざるを得ないでしょう。

『今日も映画日和』と
>>続きを読む

>|