tjZeroさんの映画レビュー・感想・評価

tjZero

tjZero

ボンドマニアであり、ヤクルトスワローズのファンでもあります(♪あ~東京砂漠♪)。
オールタイムベストは、①ストレンジャー・ザン・パラダイス、②ダイ・ハード、③カイロの紫のバラ、④ミッドナイト・ラン、⑤麦秋、⑥ブレードランナー、⑦アパートの鍵貸します、⑧ストップ・メイキング・センス、⑨ルパン三世/カリオストロの城、⑩007/ロシアより愛をこめて…でえす。

映画(1007)
ドラマ(0)

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.7

1930年代のパリ。
モンパルナス駅のバックヤードで暮らす孤児のヒューゴは、亡き父が残した機械仕掛けの人形を修理していく内に、幻の映画監督の秘密と向き合うこととなる…。

ファンタジー映画のパイオニア
>>続きを読む

ミニヴァー夫人(1942年製作の映画)

4.3

1939年。
中流家庭のミニヴァ―家が暮らす英国郊外の平穏な村にも、ドイツ軍による空襲が迫る…。

冒頭から快調。
ロンドンでの買い物を抱え込んだミニヴァ―夫人が、地元の駅に到着して帰宅するまでの十数
>>続きを読む

太秦ライムライト(2013年製作の映画)

2.6

京都の老舗撮影所。
斬られ役専門の役者として長年時代劇を支えてきた香美山に、寄る年波と時代の趨勢により、刀を置く時期が迫ってくる…。

”しんどい”の二刀流。

まずは、主人公の境遇。
時代劇の製作減
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.3

”レジェンド”と呼ばれた、米軍の狙撃手、クリス・カイルの半生を描く。

もう冒頭の回想場面で、「あ~イーストウッドの映画観てるんだな~」ってしみじみと実感しちゃう。

『ジャージー・ボーイズ』でも『ハ
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.7

けっこう充実したフィルモグラフィを持っているのに、いまいち知名度が低いというか、報われてない感が濃い監督がいます。

この映画のジョン・バダムも、そんなひとりかも。

本作、『ブルーサンダー』、『ウォ
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.8

ブルックリンで40年暮らす老夫婦。
快適な老後のために、現在の不便な住まいの売却を決意。
内覧会を開き、新居を探し始めるのだが…。

夫のアレックス役にモーガン・フリーマン。
どんな職業人を演じても、
>>続きを読む

バルタザールどこへ行く(1964年製作の映画)

4.1

一頭のロバが産まれる。

洗礼名はバルタザール。
このロバの持ち主が、教師の一家→不良少年→世捨て人→サーカス団…と替わっていく。
そんなバルタザールの周囲にうごめく人間たちの愚行を、冷徹な視線で見つ
>>続きを読む

シェーン(1953年製作の映画)

4.6

画面、ピカピカしてますよ。

今回、デジタルリマスター版で再見したんですが、色彩もコントラストもあざやか。雄大な風景が魅力の本作の輝きが増していました。
冒頭からもう、わが家の貧弱なモニターでも荒野を
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

トシがバレちゃうんですけどねっ。

1980年代に十代を、90年代に二十代を送った者としては、スピルバーグ監督に140分間の接待を受けているような気分でした。

思えばスピ作の大半には、”体験型テーマ
>>続きを読む

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.3

老境に入った、幼なじみ4人組。
最後の独身貴族(マイケル・ダグラス)の婚前パーティーに仲間の3人(ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クライン)が招かれ、ヴェガスに繰り出す…。

>>続きを読む

クリスティーン(1983年製作の映画)

4.0

いじめられっ子の高校生アーニーは、廃車寸前のヴィンテージ・カー”クリスティーン”を手に入れるのだが、関係者が次々に事故死する呪われたクルマだった…。

スティーヴン・キング原作と聞いて「映画化にはいい
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.7

近未来。
エイリアンの襲来により、欧州は壊滅寸前。
渡英した米軍少佐のケイジも、最前線に派遣されることとなる…。

トップスターのトム・クルーズが主役を演じているにもかかわらず、このケイジ少佐が最初は
>>続きを読む

ワイルド・マン・ブルース(1997年製作の映画)

3.9

フィルマのレビューって、通常はその映画単体についてのモノですが、たまに監督や俳優のいろんな作品について書きたくなる場合があります。

そんな時に自分がやってしまうのが、観てない作品のスペースを借りて、
>>続きを読む

新婚道中記(1936年製作の映画)

4.3

誤解による浮気の疑いから、別れを決意したルーシー(アイリーン・ダン)とジェリー(ケイリー・グラント)のウォリナー夫妻。
州法により、法廷による離婚認定から成立まで90日間の猶予期間がある。
その間のふ
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.0

大気圏外で船外活動中のNASAのクルー達に、破壊されたロシアの人工衛星の破片が襲いかかる。
独り残されたライアン(サンドラ・ブロック)は地球に帰還できるのか…。

難病の映画を観て、健康のありがたさを
>>続きを読む

プレイス・イン・ザ・ハート(1984年製作の映画)

4.2

1930年代のテキサス。
保安官の夫を殉職で失ったエドナは、幼児ふたりと売却の危機の家を守るため、綿畑を作り、一家を立て直していく…。

視覚の情報って、無意識でも外界から勝手に入って来るので、音を聴
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

冷戦下のアメリカ、ボルティモアの軍研究所。
清掃の仕事に就いているイライザは、南米から運びこまれた謎の水棲生物と心を通わせるようになる…。

本作を観たいと思ったのは、デル・トロやアカデミーというより
>>続きを読む

ペギー・スーの結婚(1986年製作の映画)

3.7

夫(ニコラス・ケイジ)と別居中のペギー(キャスリーン・ターナ―)は、高校の同窓会に出席。
その場で気を失った彼女は、25年前にタイム・スリップしてしまう…。

あの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(
>>続きを読む

ダーティハリー2(1973年製作の映画)

3.7

かつては花形だったのに衰退してしまった映画といえば、まずは西部劇が挙げられそうですが、実はそれ以上に絶滅の危機にありそうなのが、”刑事アクション”というジャンル。

クリント・イーストウッド、ジーン・
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.8

休業中の銭湯で長女とふたりで暮らす双葉(宮沢りえ)は、末期ガンの宣告を受ける。

ここからの彼女の行動力というか、パワーが半端ない。

・失踪していた夫を呼び戻し、銭湯を再開する。

・夫の腹違いの娘
>>続きを読む

フィラデルフィア(1993年製作の映画)

4.2

HIVの症状が進行中の弁護士アンディ(トム・ハンクス)は、病への偏見で解雇されたと元の法律事務所を訴える。
彼に手を差し伸べたのは、著名な黒人弁護士ジョー(デンゼル・ワシントン)だった…。

クローズ
>>続きを読む

ナチュラル(1984年製作の映画)

3.6

ロバート・レッドフォードって俳優は、ルックスは正統派の二枚目なんだけど、役柄としてはクセがあるというか、一風変わった人物を演じている印象が強い。

だから、『華麗なるギャツビー』とか『大いなる勇者』、
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

2017年末は、SFというか、映画ファン待望の続編が相次いで公開されたことで、永く記憶に残るはず。

言うまでも無く、『ブレードランナー2049』と『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』であります。
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

花粉症、ではないんですよ。

なのになぜか、上映中、眼から”はなみず”がジュワッとにじむ瞬間が何度も。

不満も結構あります。
年末年始に飽きるほど見せられた予告編通りの(それ以上でも以下でもない)予
>>続きを読む

ザ・ウォーカー(2010年製作の映画)

3.4

戦争により文明が崩壊した近未来。
世界に1冊だけ残った聖書を携え、アメリカ大陸を西へ旅するイーライ(デンゼル・ワシントン)。
独裁者のカーネギー(ゲイリー・オールドマン)は、バイブルの力を借りて人民へ
>>続きを読む

旅情(1955年製作の映画)

4.0

『ヴェニスの休日』とでも名付けたくなる作品。

アメリカ女性ジェーンが、自分へのごほうびのイタリア旅行で、現地の骨董店主と恋に落ちるお話。

監督は、デヴィッド・リーン。
『アラビアのロレンス』、『戦
>>続きを読む

クール・ランニング(1993年製作の映画)

4.3

フジサワ「平昌への機内で観たやつ、覚えてる?」

ヨシダ姉「う~ん、あのボブスレーのだっけ。あっ、まだイチゴあるよ」

スズキ「ありがと。あれって、やっぱりマイナーな競技だったし、なまら共感した」
>>続きを読む

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

3.7

や~、意外と低いですねえ、平均点☆。

原作読んでから観るのと、いきなり映画から入るのとでは、評価が分かれるのかもしれません。

原作では、映画だとちょっとしか映らないようなキャラクター、たとえば告発
>>続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年製作の映画)

3.7

聖夜の中学校で起きた、男子生徒転落事件。
当初は自殺と思われたが、他殺を告発する文書が各所に届き、学校、保護者、マスコミをも巻き込んだ大騒動に発展。
大人たちの隠ぺい体質に納得できない生徒たちは、自分
>>続きを読む

地下室のメロディー(1963年製作の映画)

3.5

出所したばかりのシャルル(ジャン・ギャバン)は、若きならず者フランシス(アラン・ドロン)と手を組み、南仏のカジノの売上金を強奪する計画を実行に移す…。

カラーじゃなくて白黒で良かった~、ってしみじみ
>>続きを読む

さらば冬のかもめ(1973年製作の映画)

3.7

アメリカ東部、ノーフォークの海軍。
バダスキー(ジャック・ニコルソン)とミュール(オーティス・ヤング)のふたりの水兵が、窃盗の罪で服役する新兵メドウズ(ランディ・クエイド)の護送を命じられる。

ワシ
>>続きを読む

スキャナー・ダークリー(2006年製作の映画)

3.8

BF(朝食)といえば、TKG(卵かけゴハン)。
SFといえば、PKD(フィリップ・K・ディック)。

『~2049』を観た昨年末から『ブレラン』ブームが再燃しており、原作者であるPKDの未読作を読破す
>>続きを読む

ヘル・レイザー(1987年製作の映画)

2.2

再婚した夫婦が、夫のかつて暮らしていた古い家に越してくる。
その2階に、行方をくらませていた彼の兄フランクが、地獄から蘇る。
かつて義兄と関係を持っていた妻は、血を求めるフランクのために殺人をくり返す
>>続きを読む

ミッドナイトクロス(1981年製作の映画)

3.9

映画の音響効果マンのジャック(ジョン・トラヴォルタ)は、野外で素材を録音中に大統領候補である州知事の交通事故死を目撃する。
再生したテープから銃撃音を耳にしたジャックは、事故が暗殺を偽装したものだと確
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

《同世代として》
前作はダイア―・ストレイツ、そして本作ではオープニングにプリンスのヒット曲が流れる。
青春期によく聴いた身としては、まさにハートを撃ち抜かれる思い。
オギノメちゃんの”ダンシング・ヒ
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.6

『千と千尋の神隠し』が宮崎駿監督作の集大成的作品だったように、本作は製作の川村元気氏が語っているように「新海誠監督のベスト盤」的作品。

『星を追う子ども』や『雲のむこう、約束の場所』のパラレルワール
>>続きを読む

>|