tjZeroさんの映画レビュー・感想・評価

tjZero

tjZero

ボンドマニアであり、ヤクルトスワローズのファンでもあります(♪あ~東京砂漠♪)。
オールタイムベストは、①ストレンジャー・ザン・パラダイス、②ダイ・ハード、③カイロの紫のバラ、④ミッドナイト・ラン、⑤麦秋、⑥ブレードランナー、⑦アパートの鍵貸します、⑧ストップ・メイキング・センス、⑨ルパン三世/カリオストロの城、⑩007/ロシアより愛をこめて…でえす。

映画(1123)
ドラマ(0)

ラスト・ショー(1971年製作の映画)

3.8

1950年代初めのテキサス。
小さな町の映画館が、最後の興行の夜を迎える…。

昔観た印象では、つぶれゆく映画館がメインの『ニュー・シネマ・パラダイス』みたいなノスタルジックな作品だと思ってたけど、数
>>続きを読む

インナースペース(1987年製作の映画)

3.7

映画を観てないのにレビューは書きたい気分の時、便利なのが”ベストテン”企画であります。
今回は、「好きな映画音楽作曲家ベスト5」でいってみまSHOW♪

⑤ ハンス・ジマー…『ドライビング・ミス・デイ
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.7

漁村で暮らす高校生のカイは、同級生に誘われ、無人島でバンドのレッスンに励む。その歌に誘われるように現れたのは、幼女の姿の人魚だった…。

湯浅政明監督の意気や良し!

だって、絶対に『崖の上のポニョ』
>>続きを読む

許されざる者(1992年製作の映画)

4.5

恥ずかしながら、クリント・イーストウッドのファンであるにもかかわらず、監督作には見逃しているのが数本あります(『愛のそよ風』とか『15時17分、パリ行き』など)。
ただ、主演作はたぶん、全部観てるので
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.0

アイオワの片田舎。
さびれる一方の地元から脱出したいギルバート(ジョニー・デップ)だったが、知的障がいのある弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)や引きこもりの母の存在が気にかかり、身動きがとれないで
>>続きを読む

ミルドレッド・ピアース(1945年製作の映画)

4.3

開巻してタイトルバックが終わると、いきなりの銃声。
倒れる男がつぶやく「ミルドレッド…」。
立ち去るミルドレッド・ピアース。
警察に出頭する彼女だったが、逮捕されたのは元夫だった…。

ふ~、ここまで
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

3.3

大女優のマデリン(メリル・ストリープ)は、親友へレン(ゴールディ・ホーン)の婚約者の整形外科医アーネスト(ブルース・ウィリス)を奪い、結婚してしまう。
失意から精神を病み、醜く太ったヘレンだったが、十
>>続きを読む

奇跡の丘(1964年製作の映画)

3.9

イエス・キリストの生誕から、弟子を引き連れての巡礼、処刑から復活までを描く。

説明的なショットは無く、出演者の顔のアップと抽象的なセリフをポンポンとつないで物語っていく。

ぶっきらぼうで不親切な語
>>続きを読む

泥棒成金(1954年製作の映画)

3.8

南仏リヴィエラ。セミ・リタイヤ中の怪盗ジョン・ロビー(ケーリー・グラント)は、かつての自分の手口そっくりの宝石泥棒のおかげで、周囲から疑いの目を向けられる。
潔白を証明するため、警察よりも先に真犯人を
>>続きを読む

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.6

言語学教授のアリスは、50歳の若さで若年性アルツハイマー症になってしまう…。

言葉の専門家が商売道具である言語をどんどん忘れていってしまうのだから、そのつらさは常人には計り知れない。

しかも進行性
>>続きを読む

ブンミおじさんの森(2010年製作の映画)

4.1

タイの山奥で暮らすブンミは、透析の治療を続けながら、森に囲まれた農園を切り盛りしている。
死期を悟った彼の元に、親戚や友人だけでなく、亡き妻や行方不明だった息子が訪れるようになる…。

ブンミおじさん
>>続きを読む

暗黒街のふたり(1973年製作の映画)

3.7

銀行強盗の首謀者として服役していたジノ(アラン・ドロン)は、保護司のカズヌーブ(ジャン・ギャバン)の尽力により出所し、地方の町で更生を図るのだが、かつての彼を知る警部に執拗に付きまとわれ、心身のバラン>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.9

レビューの冒頭には、大抵あらすじを書くようにしてるんだけど、この作品の場合、必要ない。むしろジャマ。

原作(森見登美彦)は先に読んでたんだけど、よくその世界観を再現できているなあ、と感心した。

>>続きを読む

逢びき(1945年製作の映画)

4.4

優しい夫とふたりの子どもに囲まれた幸せな家庭の主婦ローラ(シリア・ジョンスン)は、買い物帰りの駅のカフェで医師アレック(トレヴァー・ハワード)と知り合う。
既婚者同士なのに、ひかれ合ってしまうふたりだ
>>続きを読む

48時間(1982年製作の映画)

4.3

脱獄犯に同僚を殺されたケイツ刑事(ニック・ノルティ)は、情報通の服役犯ハモンド(エディ・マーフィー)の協力を仰ぐ。
仮釈放の期限は48時間。凸凹コンビの寝る間を惜しんだ捜査がスタートする…。

刑事ア
>>続きを読む

チェンジリング(2008年製作の映画)

4.2

1920年代のL.A.、シングルマザーのクリスティンの息子が行方不明になる。
5カ月後に戻ってきた彼は、別人だった…。

本作に限らず、クリント・イーストウッド監督・主演作の多くの女性キャラは酷い目に
>>続きを読む

かあちゃん(2001年製作の映画)

3.9

天保末期。江戸の貧乏長屋に盗みに入った勇吉(原田龍二)は、五人の子どもたちから”かあちゃん”と慕われているおかつ(岸惠子)に諭され、一家の一員として生活を共にすることになる…。

なんとも不思議な味わ
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.7

ペルーの山奥で、叔父と叔母に育てられていた子グマが主人公。
大地震で家族と住み家を失くした彼は、亡き叔父の旧友である探検家を訪ねてロンドンへ。
郊外のブラウン一家に拾われた子グマは、”パディントン”と
>>続きを読む

スプラッシュ(1984年製作の映画)

3.8

『ターミナル』のレビューで、トム・ハンクス主演作の魅力は彼の”リアクション芸”にある、と書きました。

その趣旨を補足・発展させながら、本作のレビューにつなげていこうと思います。

フツーの映画の主演
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

4.2

アルフレッド・ヒッチコック、小津安二郎、ウェス・アンダーソン…などなど、個性的な監督さんの諸作に接していると、「あ~、またおなじみの世界に帰ってこれた」という安心感や満足感にひたることが出来ます。>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.7

土曜日の早朝、”問題のある”5人の生徒たちが、高校の図書室に呼び出される…。

まずこの、タイトルが秀逸。
”春の補習授業”を”ブレックファスト・クラブ”と言い換えるセンスがすてき。
味気ない補講が、
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.5

渡米寸前に内乱で故国が消滅したビクターは、パスポートが失効して無国籍になり、入国も帰国も許されず、JFK空港内で”生活”することになる…。

主演のトム・ハンクスは、コメディアンの出身。
タイプとして
>>続きを読む

おしゃれ泥棒(1966年製作の映画)

3.6

今年(2019年)、生誕90周年(つまり、あのイーストウッドと学年がひとつ違うだけ)のオードリー・ヘップバーン主演作。

それにしても、この邦題はなんかフワフワしたタイトルですねえ。
①おしゃれ(を盗
>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

4.0

弁護士のドノヴァン(トム・ハンクス)はN.Y.で拘束されたソ連のスパイ・アベル(マーク・ライランス)の訴訟に臨み、最高裁で死刑から懲役刑への減刑を勝ちとる。
その功績を認められ、CIAから極秘の任務を
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

3.8

ペンギンやアザラシすら生きられない、南極深部の基地で暮らす観測隊員たちの日常を、料理人の視点から描いた作品。

エイリアンの出てこない『遊星からの物体X』というべきか。
「そんなのどこが面白いの?」っ
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973年製作の映画)

3.8

『運び屋』を試写で観た山田洋次監督のコメントが適確で、鋭いな~と思いました。

山田監督「これは、寅さんだ」。

クリント・イーストウッドが演じたアール・ストーンと、渥美清さんの車寅次郎。
外見は全く
>>続きを読む

恋におちて(1984年製作の映画)

4.0

アカデミー賞最常連のロバート・デ・ニーロとメリル・ストリープ共演の不倫モノ…どんだけ重くシリアスになるんだろ、と思ってたら、春のそよ風のようにさわやかな作品でありました。

興味深いというか、ちょっと
>>続きを読む

ダーティファイター(1978年製作の映画)

3.5

『運び屋』を観た時、製作・主演のクリント・イーストウッド(CE)の役柄がユリの園芸家だったので、「今までとイメージが違うなあ」と最初は思いました。

ただ、次第に「ああ、やっぱりいつものCEだ」と安心
>>続きを読む

太陽はひとりぼっち(1962年製作の映画)

4.1

ミケランジェロ・アントニオーニという監督さんは著名であるし、評価も高いので気になってはいたんですが、なんとなく敷居が高そうで敬遠していました。

それというのも、彼の作品を評した文章には必ずといってい
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.5

前編の方でキャラクターや本筋の紹介は済まされているので、この後編は心穏やかに、落ちついて観ていられる感じ。

なので、「零くんの部屋は殺風景だったけど、やっとカーテン付けるようになったか」などと細部を
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.7

事故で家族を失い孤児となった桐山零は、棋士の家庭の養子となり成長する。
独立した零は、新人王戦を勝ち上がっていくのだが…。

序盤は、少なくない登場人物たちが次々と現われ、展開も回想をまじえながら結構
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.5

試写で観てきました。

公開前なので、”取扱い注意”でレビューをお届けしたいと思います。
そのため、配送エリアを2つに分けます。

第①エリアは、本作を絶対観ると決めていて、なるべく前情報を入れたくな
>>続きを読む

眺めのいい部屋(1986年製作の映画)

4.2

1907年のイギリス。ロンドン郊外に暮らす令嬢のルーシーは、旅先のフィレンツェで出逢った青年ジョージに思いを残しながらも、名家の紳士セシルと婚約を交わす。
そんな折、ジョージが近所に越して来たことから
>>続きを読む

ジョイ・ラック・クラブ(1993年製作の映画)

4.3

アメリカへ移住した4人の中国人女性たちが、互いを支えるために作った”ジョイ・ラック・クラブ”。
その内のひとりが亡くなり、彼女を偲ぶパーティが行なわれる。

この映画は、そのパーティ会場を主な舞台とし
>>続きを読む

マネー・ピット(1986年製作の映画)

3.5

結婚間近のウォルター(トム・ハンクス)とアンナ(シェリー・ロング)のカップルは、新居として郊外の由緒ある邸宅を格安で購入するのだが、いざ住んでみると欠陥だらけの”マネー・ピット”(金食い虫)ハウスだっ>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.1

ヴァイオリン奏者のソロモンは、仲買業者にだまされ、南部の農園に奴隷として売られてしまう。そこから始まる苦闘の年月…。

主人公が黒人の楽器奏者という事もあり、虐げられた者たちとショービジネスとの関係に
>>続きを読む

>|