tjZeroさんの映画レビュー・感想・評価

tjZero

tjZero

ボンドマニアであり、ヤクルトスワローズのファンでもあります(♪あ~東京砂漠♪)。
オールタイムベストは、①ストレンジャー・ザン・パラダイス、②ダイ・ハード、③カイロの紫のバラ、④ミッドナイト・ラン、⑤麦秋、⑥ブレードランナー、⑦アパートの鍵貸します、⑧ストップ・メイキング・センス、⑨ルパン三世/カリオストロの城、⑩007/ロシアより愛をこめて…でえす。

映画(1029)
ドラマ(0)

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.5

「6本も観るのめんどくさい」とか「銀魂やマンマ・ミーアも気になるし」などとためらっているそこのアナタ、『M:i』シリーズの効用を改めてご紹介してみましょう。

今回のテーマは、”克服”だっ。

① 加
>>続きを読む

香港発活劇エクスプレス 大福星(1985年製作の映画)

3.7

《福を招いて暑気払い、納涼クイズ大会🎆》

これから、3問出題します。
分かったかたはコメント欄に、ネタバレ⚠仕様で(=答えを隠して)ご応募ください。

正解数に応じて、当方未読のあなたのレビューに”
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

3.3

スタンリー・キューブリック生前の企画を、スティーヴン・スピルバーグが映画化。

全体は大きく3つのパートに分けられる。

① 主人公の人造児童デイビッドが人間家庭に迎え入れられるが、誤解の積み重ねから
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

  【調査報告書】

米国情報部員の活動を記録した、コードネーム『M:i』という連作映像の存在が判明した。

諜報活動の遅れを指摘されるわが国としては、この連作を検証し、国際的水準に迫る一助としたいも
>>続きを読む

ひまわり(1970年製作の映画)

4.0

第二次大戦下のナポリ。
結婚したばかりのふたりだったが、夫アントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)は東方の戦線へ送られてしまう。
戦後、行方不明となった彼を探しに、妻ジョバンナ(ソフィア・ローレン)は
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

4.1

アルカイダの首謀者ビンラディンを追い詰める、CIA局員の奮闘を描く。

専門用語を駆使して、事実を淡々と記した、ぶ厚い報告書をめくる手が止まらない…そんな感じの鑑賞体験だった。

入念な取材を経たので
>>続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

4.0

『ローマの休日』のレビューにも書いたんですが、英語圏の人たちがあの映画を観ると「王女と新聞記者が”一夜を共にした”(=関係を持った)のは明白」らしいです。

そう思って観直すと、ラストのアン王女の晴れ
>>続きを読む

2010年(1984年製作の映画)

3.6

あの『~宇宙の旅』の続編。

前作でのプロジェクトの責任者であるフロイド博士(ロイ・シャイダ―)がソ連の宇宙船に同乗し、遭難したディスカバリー号と宇宙飛行士たちの謎を探る…。

全編が、博士が地球に残
>>続きを読む

大空港(1970年製作の映画)

4.0

4作も作られたエアポート・シリーズですが、自分はなぜか縁が無く、途中から観るのもな~、と搭乗をためらう内にいつの間にか21世紀(苦笑)。

長いエアポケットから抜け出し、ようやくこの、記念すべき第1作
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.9

雑誌『キネマ旬報』が創刊100周年企画として、1970年代の洋画ベストテンを発表しました。

10位…『地獄の黙示録』

7位(同点)…本作、『JAWS』、『ミツバチのささやき』

6位…『未知との遭
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

4.2

ドキュメンタリー出身だからって訳ではないかもしれないけど、是枝裕和監督のフラットというか、公平な目線にはいつも惚れ惚れさせられてしまう。

無私無欲な神サマが地上を観察しに降りて来て、キャメラを廻して
>>続きを読む

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

3.3

「ハクいスケ抱いて」「銃を頼りに」「マフィアと渡り合って」「大金めざして突っ走れ」…っていう、中2男子の妄想を具現化しちゃったようなクエンティン・タランティーノによる脚本。

そんな熱いホンを、常に高
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.5

テンポもリズムもいいし、メリハリのある展開であっという間に観終わっちゃったんで、この採点☆。

ただ支持、はあんまりしたくない。

スポ根的な、師と弟子の物語。

『ロッキー』とか『英国王のスピーチ』
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画、幕引きがドラマティックな訳でもないのに、意外なくらいに感動しちゃうんですよ。
あきれてしまう程に、さわやか。
十数回も観ていく内に、その理由がわかってきました…。

主人公はジャック・ウォル
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

3.8

割のいいバイトを探す給費大学生のチャールズは、感謝祭の週末、視覚障害の退役中佐スレードの面倒をみることになる。
中佐の最後の任務を果たすため、ボストンからニューヨークに旅するふたりだったが…。

『ミ
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

4.1

週末にフェスを控えた、フランス中西部の街ロシュフォール。
華やかなムードに合わせて、それぞれの恋も加速する♪

『シェルブールの雨傘』と同じく、ジャック・ドゥミ(監督)&ミシェル・ルグラン(音楽)&カ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

万引き、誘拐、虐待、家庭内殺人、年金搾取、死体遺棄…三面記事やワイドショーをにぎわす事件を目にした我々がとりがちなのは、「信じられない」とか「人間じゃない」といった紋切り型の反応。

そうした事件を己
>>続きを読む

ラビリンス/魔王の迷宮(1986年製作の映画)

3.4

空想好きの少女サラは、不意に口にした禁断の呪文のせいで、幼い弟をゴブリンの魔王にさらわれてしまう。
彼を助け出すため、迷宮の冒険へ…。

監督は『セサミストリート』のジム・ヘンソン。
彼の創り出すマペ
>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

3.9

主婦の梨花は、パートから銀行の契約社員にキャリアアップ。
お金を管理・運用する仕事に就いている内に、自身がカネの魔力に絡めとられていく…。

梨花の横領が発覚した時、上司である次長がつぶやく。
「なん
>>続きを読む

影なき狙撃者(1962年製作の映画)

3.5

朝鮮戦争で捕虜となった米軍小隊。
戦場の英雄のはずだった軍曹は敵に洗脳され、帰国後に”北”の暗殺者となる…。

ジョンという名は、欧米男子のファースト・ネームとしては最もありふれたモノのひとつだと思い
>>続きを読む

蘇える金狼(1979年製作の映画)

3.3

昼間は平凡なサラリーマン。夜は大胆不敵な犯罪者…無鉄砲な若者の刹那的な生きざまを描く…。

ハードボイルド・エッグといえば、堅ゆで卵のことだけど、このハードボイルド映画の主人公・朝倉には黄身というか、
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.0

ノーベル賞受賞の天才数学者、ジョン・ナッシュの半生を描く。

引っかかる点がふたつ、あった。

① 主役のキャスティング
この数学者は人づきあいが下手で、神経質で、統合失調症を病んでしまう。
そんなキ
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.1

南極のアメリカ基地。
全滅したノルウェー隊から逃れてきた一匹の犬の体内には、地球外生物が宿っていた…。

ずっと避けてたんですよ、この映画。

なぜなら自分は、
① ホラーが苦手
なのに、
② ジョン
>>続きを読む

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.7

1930年代のパリ。
モンパルナス駅のバックヤードで暮らす孤児のヒューゴは、亡き父が残した機械仕掛けの人形を修理していく内に、幻の映画監督の秘密と向き合うこととなる…。

ファンタジー映画のパイオニア
>>続きを読む

ミニヴァー夫人(1942年製作の映画)

4.3

1939年。
中流家庭のミニヴァ―家が暮らす英国郊外の平穏な村にも、ドイツ軍による空襲が迫る…。

冒頭から快調。
ロンドンでの買い物を抱え込んだミニヴァ―夫人が、地元の駅に到着して帰宅するまでの十数
>>続きを読む

太秦ライムライト(2013年製作の映画)

2.6

京都の老舗撮影所。
斬られ役専門の役者として長年時代劇を支えてきた香美山に、寄る年波と時代の趨勢により、刀を置く時期が迫ってくる…。

”しんどい”の二刀流。

まずは、主人公の境遇。
時代劇の製作減
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.3

”レジェンド”と呼ばれた、米軍の狙撃手、クリス・カイルの半生を描く。

もう冒頭の回想場面で、「あ~イーストウッドの映画観てるんだな~」ってしみじみと実感しちゃう。

『ジャージー・ボーイズ』でも『ハ
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.7

けっこう充実したフィルモグラフィを持っているのに、いまいち知名度が低いというか、報われてない感が濃い監督がいます。

この映画のジョン・バダムも、そんなひとりかも。

本作、『ブルーサンダー』、『ウォ
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.8

ブルックリンで40年暮らす老夫婦。
快適な老後のために、現在の不便な住まいの売却を決意。
内覧会を開き、新居を探し始めるのだが…。

夫のアレックス役にモーガン・フリーマン。
どんな職業人を演じても、
>>続きを読む

バルタザールどこへ行く(1964年製作の映画)

4.1

一頭のロバが産まれる。

洗礼名はバルタザール。
このロバの持ち主が、教師の一家→不良少年→世捨て人→サーカス団…と替わっていく。
そんなバルタザールの周囲にうごめく人間たちの愚行を、冷徹な視線で見つ
>>続きを読む

シェーン(1953年製作の映画)

4.6

画面、ピカピカしてますよ。

今回、デジタルリマスター版で再見したんですが、色彩もコントラストもあざやか。雄大な風景が魅力の本作の輝きが増していました。
冒頭からもう、わが家の貧弱なモニターでも荒野を
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

トシがバレちゃうんですけどねっ。

1980年代に十代を、90年代に二十代を送った者としては、スピルバーグ監督に140分間の接待を受けているような気分でした。

思えばスピ作の大半には、”体験型テーマ
>>続きを読む

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.3

老境に入った、幼なじみ4人組。
最後の独身貴族(マイケル・ダグラス)の婚前パーティーに仲間の3人(ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クライン)が招かれ、ヴェガスに繰り出す…。

>>続きを読む

クリスティーン(1983年製作の映画)

4.0

いじめられっ子の高校生アーニーは、廃車寸前のヴィンテージ・カー”クリスティーン”を手に入れるのだが、関係者が次々に事故死する呪われたクルマだった…。

スティーヴン・キング原作と聞いて「映画化にはいい
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.7

近未来。
エイリアンの襲来により、欧州は壊滅寸前。
渡英した米軍少佐のケイジも、最前線に派遣されることとなる…。

トップスターのトム・クルーズが主役を演じているにもかかわらず、このケイジ少佐が最初は
>>続きを読む

ワイルド・マン・ブルース(1997年製作の映画)

3.9

フィルマのレビューって、通常はその映画単体についてのモノですが、たまに監督や俳優のいろんな作品について書きたくなる場合があります。

そんな時に自分がやってしまうのが、観てない作品のスペースを借りて、
>>続きを読む

>|