Tkcさんの映画レビュー・感想・評価

Tkc

Tkc

映画(258)
ドラマ(0)

マンディ 呪われた人形(2019年製作の映画)

1.5

出所してすぐの妹を窃盗に誘ってくる姉
渋々承諾し、手筈を聞くと

あれ?ザ・ボーイと同じじゃない?
前設定が違うだけで色々被る

と言っても比べ物にならない位、こちらの方が安っぽい
所謂B級

安心し
>>続きを読む

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

3.5

元彼から逃げて、住み込みでベビーシッターをする事になったが、その息子と言うのが・・・

なにやらmattっぽいお人形さんと老夫婦のお話

なんか見た事ある女優さんだなぁと思って調べたら
ウォーキングデ
>>続きを読む

ザ・メッセージ 地球侵略(2014年製作の映画)

3.0

黒い球と妹と胎児と旦那のお話
何の変哲もないB級映画
演者さんのクオリティ的にはZ級に近い

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.5

田舎に引っ越した母父娘息子
広大な土地の中にペットの墓地
隣家のおじいさんの言うウェンディゴとは・・・

じわじわと展開していくせいか、多少長く感じた
と言うか実際ちょっと長い
けどそれより少し長めに
>>続きを読む

サイレントヒル:リベレーション3D(2012年製作の映画)

3.5

1のお父さんとその養子の子のお話
・・・
だと思う

今作もゲームの内容に合わせた演出と音楽があって良かった
ただ、前作に比べるとちょっと薄いかな
導入部が長いと言うか、展開がもっと早くても良かったか
>>続きを読む

サイコ・ウォード 封鎖病棟〜絶体絶命〜(2007年製作の映画)

1.5

廃病院に取材に行ったらなんか襲われました
と言う映画

Z級から、Z級の良さを無くした感じ

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.5

初代エイリアン前日譚
エイリアンの元の生命体の誕生秘話は出ず

前日譚だけにバッドエンドなのは間違いない訳で
そこをどう上手く繋げてくるのか気になってたけど
アンドロイド関連でしっかり初代に繋げてくれ
>>続きを読む

ストレージ24(2012年製作の映画)

3.0

貸倉庫に閉じ込められた面々
墜落した飛行機から何かが?

怪物を応援したくなる系のキャラがいるのは良いのか悪いのか
こういう作品を見るといつもどうなんだろうと悩む

アース・トゥ・エコー(2014年製作の映画)

3.5

宇宙人と子供達のヒューマンドラマ
これをPOVでってのが良かった

『グーニーズ』と『ニューヨーク東8番街の奇跡』のオマージュかな

親子で見るのが良さそうな作品

EDテーマが『OneRepubli
>>続きを読む

アンフレンデッド:ダークウェブ(2018年製作の映画)

1.0

pcこっそり盗みました
悪い奴のでした
酷い目に会いました

前作との違ってただ胸糞なだけでした

リアルな犯罪描写って感想の人が多くて日本が心配になった
彼らにとってのリアルとは一体・・・

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.3

死霊館シリーズ
泣く女を先に見たけど特に支障なし
過度な期待をしてなかったのが良かったかも
ながら見する程度で丁度良い
オカルトとかSFのホラーは、シリーズ化するとどうしても大量回が出てくるのはやむを
>>続きを読む

ヴィジット 消された過去(2015年製作の映画)

3.0

※数秒間の性犯罪描写あり

事故で記憶喪失になった彼女の実家に連絡
車椅子生活だから実家で療養
ん?これホントに自分の家族?

何の疑いも持たせずに隠し通せればそれは真実になるけど、それはやっぱり難し
>>続きを読む

サイレントヒル(2006年製作の映画)

4.0

ゲームの映画化
あの世界感がしっかりと映像になってる
ヒント、アイテム、マップ
部分的にゲーム要素も入れてあって、ファンの心理をしっかりついてる

『盲信は死をもたらす』
『子供にとって母は神と同じ』
>>続きを読む

パッセージ 牙剥く森(2015年製作の映画)

2.5

※数秒間の性犯罪描写あり

旅行中に地元民と知り合い、車を高速で走らせると光が追いかけてくると言う心霊スポットへ
光が見えてテンションを上げる面々
しかし1人だけ光が見えない女性が・・・

スピード違
>>続きを読む

ザ・ヴィレッジ(2016年製作の映画)

2.5

何故かドキュメンタリー撮影クルーと共に故郷へ帰省
しかし「良く帰ってきたな^^」とはならず・・・

各サイトのあらすじに出る程、街中がカルト教団っぽい訳じゃない
演者さんの素人感が強め
演技と、細部を
>>続きを読む

オープン・グレイブ ー感染ー(2013年製作の映画)

3.5

記憶喪失状態で死体の山で目覚め、見知らぬ人に助けられ、同じく記憶を喪失している見知らぬ人達と云々

個人的にはかなり面白くなった
こういう設定だと登場人物が多めで、ややこしくなりがちだけど、これは少数
>>続きを読む

(2013年製作の映画)

3.0

ある家族と、失踪事件と、大雨、そして亡き母の病
弟はどう思っていたのか

ラストの解釈が複数ありそうな所が良かった



吹き替え

THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~(2012年製作の映画)

3.0

自分の死体を見たらどうなる?
ループなんだけどちょいちょい ん? って部分があって設定の細部が残念

マジェスティック12(2010年製作の映画)

2.0

彼女と一緒に祖父母の家へ
そこで開かずの倉庫に侵入すると、軍の備品らしきものの数々が・・・
なんだろう・・・展開が緩いと言うかなんと言うか・・・
やりようによっては面白くなったんだろうなと

一番の見
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.0

タイトル見て『ソウルハッカーズ』の鬼女ラ・ニョローナを思い出した人とはきっと仲良くなれそうな
死霊館シリーズ最新作
って事で見たけど
これだけ見ても特に問題なし
繋がりはあるけど、知らなくても支障無い
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

2.0

合法ロリババア
何がそんなに話題になったのか謎な映画
物語としてはそんな程度
少女が犯す犯罪が良かったのかなんなのか
単なるシリアルキラーの話でした

エイリアン・インパクト ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

2.5

エイリアンインパクト二部作の二作目
折角がんばって一作目を見たのだから、二作目も見ないと
と言う事で連続で視聴
一作目と違ってこちらはしっかり展開
二作目をもう少し詰め込んで、冒頭に一作目のダイジェス
>>続きを読む

エイリアン・インパクト ザ・ビギニング(2006年製作の映画)

2.5

な、長い・・・
エイリアン・インパクト二部作の一作目
何故二部にしたのか分からないが、頑張って視聴

冒頭は宇宙、次はなんか薄汚れた施設、そして考古学者先生の話
後々ちゃんと回収するフラグのようなもの
>>続きを読む

パニッシュメント 呪いの木(2015年製作の映画)

2.5

旦那が昏睡状態で、助かる見込みが無いから心機一転、引っ越して・・・
女性が自殺したと分かってる家に何故引っ越したのか
まぁとにかく色々詰め込んでるけど、点と点が線になってない
立ってないフラグの回収だ
>>続きを読む

BOX ボックス(2010年製作の映画)

-

※これは映画ではなく、ただの動画

POVをダメにする最たるもの
学生の方が良いものを作れる
と言うか本当に学生が作ったんじゃ・・・
いや、それは学生に失礼か・・・

まぁつまりそういうレベル
スコア
>>続きを読む

死霊のはらわた(1981年製作の映画)

3.5

往年の名作
山小屋に遊びに来た5人の男女
森が襲ってくるって言ってもそりゃ信じないよね・・・
けどそこからの展開が見事

地球、最後の男(2011年製作の映画)

3.5

自分が本当に一人になった時何を思う?
孤独を感じた事のない人には退屈でしかない映画だろうと思う

武器人間(2013年製作の映画)

2.5

好きな人は好き
という感じ
私にはイマイチだった
話題になる理由はよくわかる
私がこれを好きじゃないと言うと意外だと思われそう
まぁ何にせよイマイチはイマイチ

柔らかい殻(1990年製作の映画)

3.0

とあるサイトで視聴
ホラーになってたから終始ヴァンパイアは誰か考えてた
サイトのせいで残念な映画になってしまった

ドリームキャッチャー(2003年製作の映画)

3.5

要所要所で過去を思い出す流れ
進めば進むほど「なるほどねぇ」と、納得していく
ちょいちょい見かける手法だけど、これ上手くやらないと何がなんだかわからなくなる
でもこれはそんな事はなく、スっと入ってきた
>>続きを読む

エンドレス・フィアー(2013年製作の映画)

3.5

なんで主人公だけ棺桶inしないんだろうとは思ってたけど、まさかの展開
ただ、ホラーバカの私の望む展開じゃなかった
これジャンルを正しく表記しちゃうとネタバレになるね

ドローン 無人爆撃機(2013年製作の映画)

3.0

陰謀論、反政府、テロリスト、政治、社会情勢
悪しきを利用する悪も実際存在する
けど、それを見極めるのは困難

大事なのは、
自身の見解をしっかり持っておく事
他者の見解を鵜呑みにしない事
かと言って、
>>続きを読む

サイコパス 地下戦慄(2015年製作の映画)

3.0

婚約者の浮気を確かめる為に彼が借りてる、従業員の制服がピザ屋さんみたいな貸倉庫へ
磁気カードのセキュリティへの疑問を投げかけるところから話は進んでいく
なんというか、この手のってタイトルを忘れて見ない
>>続きを読む

REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇(2011年製作の映画)

3.0

RECとは
POVを捨てたと言うか
リメイクって聞いたけどどこが?
全然違う映画だったけど・・・

まぁ可もなく不可もなくな王道感染ホラー
押さえるところを押さえてるから悪くはないけどただそれだけ

28週後...(2007年製作の映画)

3.5

走るゾンビの続編
相変わらず全力疾走
元気そうでなにより

今作はポイントポイントで原因が子供達だったりする
坊や達が見たら子供達を責めそうな内容

前作と同じBGMがまた良い
恐怖より絶望と悲しみを
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.5

言わずと知れた走るゾンビ
この映画の設定の怖さは、
ゾンビが全速力
感染から発症が秒
食らいつくだけじゃなく殴ってきたりする(凶暴化)
けど、ウイルスの潜伏期間が無いのはある意味良いとも言える
ゾンビ
>>続きを読む

>|