わーたけさんの映画レビュー・感想・評価

わーたけ

わーたけ

映画(298)
ドラマ(0)

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

4.4

何度も見てるけどハーベイミルクの演説を引用したラストは最高

ヘルボーイ(2004年製作の映画)

4.2

異形なヘルボーイを見た目で判断せず愛する話はまさにシェイプオブウォーター

わたしは金正男を殺してない(2020年製作の映画)

4.3

マレーシアで真実を伝えようとする記者と不利な状況を打開しようとする弁護士と何も知らない当事者二人と…皆に共感する部分があったし、仕事するってこういうことなんだなと

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.0

終始笑いポイントが散りばめられてて、最後の菅原文太のゾンビっぷりと行くぞ…9番のセリフで吹き出してしまったんですが、テンポよくて景気の良さそうな日本を感じてれて楽しかったです。

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

4.3

ギャグ最高で素晴らしい作品です。
ラスト主人公の歌みたいなのを歌うのはジャッキー映画っぽい。
あの曲かかるのはやっぱりテンションあがりますね

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

4.0

親の行動に似てきちゃうというか親の気持ちを少しわかってしまうというか。
良かったんですがバッキーとピーターって印象強いですねやっぱり

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.9

よくわからん。
が、映像、音、格闘シーンなどは良かった!
最後青チームの動きがコントっぽく見えてしまった
逆行中空気は吸えないけど食べ物はどうするんだろう

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.7

最初から最後まで最高!
リベラルな土地柄で、差別が少ない?(比較的)というコミニティの上で楽しむみんなの姿が最高。
アコガレの最上級

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.9

アルプススタンドのはしの方をメインとした甲子園での群像劇?って感じなんですかね。
打ち込んできたものがうまく行かず、何かを諦めてきた人たちが会話の中で思いを動かされる話。
熱くなるいい話なのでおすすめ
>>続きを読む

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃ面白かった
パラサイトに通じる部分がかなりあるし、2000年でこのクオリティかと感動した。
犬が可愛そうなシーンが多くてすごく嫌な気持ちにさせられたがそれも含めて観てよかったなと

新しき世界(2013年製作の映画)

4.2

ファンジョンミンは本当に素晴らしい
とりわけベテランのファンジョンミンが一番好き

悪人伝(2018年製作の映画)

4.3

途中IWGPのGボーイズのような雰囲気にチームがなっていくところがとても気分が上がりました。
マブリーはもはや神クラス

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.3

映像美がすごくて、色を使って心情などを表現していて、体験としてすごい映画でした。
話も辛く切ないですが、救いのある内容で忘れがたい映画でした。

色彩感覚の強い人はかなり刺激強めかも

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.6

予想よりは嫌な気分にはならなかったですが、カメラワークすごいなと

はちどり(2018年製作の映画)

5.0

文句なしの満点
ハチドリはその場で羽ばたく鳥でウニちゃんのことを言ってるのかな?
丁寧で監督の思いが伝わる映画だと思いました。

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.3

ナウシカは悩みながらも決して人を見捨てず思いやりがあり、芯の強い人でしたので、アヴェンジャーズに入れるなと思いました。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.1

見直したわけですが、なぜAmazonレンタルは吹き替えしかないんですか!

>|