たかはしさんの映画レビュー・感想・評価

たかはし

たかはし

映画(184)
ドラマ(6)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.1

1から説明すれば誰もが理解できることを、組み替え編集して誰もが混乱するように見せることに関してノーランの右に出るものはいない

題名の出し方がエロすぎてそこは超好きやわ

MEMORIES(1995年製作の映画)

4.5

タオルかなにかをぎゅーーっと絞って、最後にふわっと開くのが短編の良さだってばっちゃんが言ってた

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.4

ネビュラとマンティスが増えて、ガモーラがちゃんといる今のガーディアンズでもっともっと旅をしてほしかったなあ

vol.6くらいまでみたかった

メメント(2000年製作の映画)

3.6

なんやろ

最後にすっきりしちゃう映画あんまり好きじゃないのかもしれん

もやもやしたまま終わる方がいい

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

4.0

やべーもん見ちった、、

高い塔に登っていく、からのあの空間はまじで鳥肌もん。

カットの切り返しで現実からパッと飛躍して絶対にありえないものを見せる。映画ならではだなー

各所のナンセンスギャグとパ
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.1

空港バトルのヨーイドンのところで、ワンダがひとりだけ何もないところに飛びかかってるのお茶目だな

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.7

ウチダくんめっちゃいい子。あのままでいてほしい。幸せな人生を歩んでほしい。

クロース(2019年製作の映画)

4.6

サンタクロース・ビギンズもしくはサンタクロース・オリジン

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.5

カットデニングスコンタクトになってて悲しい
でもムニョムニョ!が最高だったので満足です

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.9

あんま関係ないけど、全く知らない言語をなんも考えず聴くの独特の心地よさがある

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.5

歌姫のシーンだけ見ててどんなか気になってたんだけど
コメディやないかい

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.7

いかにもな自己犠牲特攻に右フックかましたのはめちゃいいと思う。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.1

父ちゃんに比べるとルークはまっすぐでいいこだ

ローグワンの後にみるとまたいい...

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

4.2

CGに慣れきってしまった目で見るとストップモーションとパペット新鮮だなあ、すばらしい

一番ロマンを感じた

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

アナキンは次回作あたりで闇落ちするんじゃないかという気がしてるんだ、おれ

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

3.8

銀河の彼方で巻き起こるアンガーマネジメントスペクタクル

どうしてこうなった

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.0

こんなにケモケモしてるとは知らなかった
モフモフふわふわのイウォーク達かわいい

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.4

世代的にはやっぱポッドレースですわ...アナキンかっけえ
そしてナブーの乗り物はなんであんな美しいんや

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.5

シリーズで一番好きかもしれん
最後の駆け上がり、素晴らしかった。。

父が娘のことを「星屑(スターダスト)」って呼ぶのも象徴的

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

舞台は潔く華々しく、頭をぶち抜いて「劇」的に終わるが、娯楽映画はなあなあでハッピーにみっともなく終わる。
皮肉っぽくていい。

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

4.5

あわせて読みたい
コムアイ東東京開拓ルポ
https://www.cinra.net/report/201803-komi

あわせて聴きたい
ハンバートハンバート がんばれ兄ちゃん
https://
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.6

でかい風景とでかい音、最高

アナステリンの記憶メイクツール惚れ惚れした。

>|