tkhyさんの映画レビュー・感想・評価

tkhy

tkhy

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

痛快、
メッセージあり、
全員集合(フジテレビぽい)、

まさに笑っていいともグランドフィナーレ。いい前フリ

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

構造がとても面白い怒涛&無理矢理繋げた感を感じ、感情はなかなか味わいきれず。。ただ、素敵な親子愛を感じた。

風が強く吹いている(2009年製作の映画)

3.9

好きな努力、成長物語。
過去を引きずりながら、今を全力で生きる葛藤が重すぎず軽すぎず。

部活だけ、ではない大学生部活の映画新鮮。

細かな設定は気にせず小説を楽しむ感覚で見るとよき。

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.7

演出のクセ!キャラが濃い。考察しだすと面白い。コミュニケーション、誰かと生きるということ。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ホーキング博士に興味をもって見始めたものの、内容は障害や名声を越えた愛。

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.1

設定面白い!でも流れはシンプルで、丁寧。ワクワク&ジーン。考えさせられる

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

絶滅動物のくだり、転調、心がかきむしられるようなエモさがさすが芥川賞受賞者。"憧れ"と"現実"、内界と外界。憧れの現実味を測るためにもがくことが大事だな、キャリアも一緒だ、と自分らしい学び。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.9

ナチスと戦争のバカバカしさを
コメディにするとかいう名監督
平和と愛を願う

ナチスを2度と生まないためにできたEU
その揺らぎ、自国第一主義、、
いつまでたっても民族と宗教を越えるものが恋しい

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

4.3

"考えすぎる"主人公に心から共感でき、最高の気づきと感動。

自分も幸せを探しに世界へと思っていたところ、、もう少し力を抜いて、感じ・表現できる旅行へ。

青空エール(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

チアダン、ビリギャルからの流れ^^;

ストーリーは出来すぎですが、
高校生らしいまっすぐな感情
土屋太鳳だからこそ?それをよく感じれた。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.6

コンビがおもしろかった。

あとは風刺的?なのは子供向けじゃないような。。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.1

純な人の人生。
社会に翻弄されながらも
先祖を尊び、仲間を助け、恋人を愛し、今を生きる
運命は自分で決める

ビリギャル(2015年製作の映画)

4.4

なんだか色々と違和感は感じながら素晴らしい話。"意思あるところに道は拓ける"まさにこれ。主人公、先生、母親それぞれの意思は困難にも負けずかっこいい。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.4

清い。元ネタが清すぎる。

演出は少し、、、なとこもあるけどそれを上回るストーリー。内容多めでちょっとダイジェスト版的。ドラマも見てみたいなと。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.1

字幕がおすすめ。。^^;

風景が素晴らしくきれい。
母親、写真家かっこいい。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.9

戦争の中に人の強さ、弱さ、愛を感じた。

日常生活にフォーカスした世界観から戦争を生き抜いた人が身近に感じた。
-辛いなか周りを穏やかにできるすず
-ときに家族と離れながら強い愛をもって支える周平
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

共感性の薄いスター人生。でもなぜか心動かされた。曲の背景など知るとジワジワと感動。

>|