KAZUKIさんの映画レビュー・感想・評価

KAZUKI

KAZUKI

映画(1745)
ドラマ(13)

モンスター上司(2011年製作の映画)

3.0

くだらない悪ノリだがそこそこおもろかった。ジェニファーアニストンにセクハラされるのはアリだがな。バカハラのハゲ上司がコリンファレルってのには気づかんかったわ…。笑 

ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜(1999年製作の映画)

3.0

久々にルパン三世観た。これ、劇場版ではなくテレビスペシャルかな?
不二子は記憶なくした時のしおらしい態度のがいいな。普段の不二子の話し方ってなんかオバさんくさいし。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.0

小松菜奈目当てで。
何がしたいのかよく分からん映画だった…。

リーサル・ウェポン3(1992年製作の映画)

3.0

前作に引き続きジョーペシも参加しレネルッソも今作から参戦して豪華な顔ぶれに。メンツが増えた反動なのかバディでいる時間が短かったような…。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.5

とりあえず小松菜奈目当てで、あらすじも何も知らずに鑑賞したら、予想外なSFファンタジーだった。丁度こないだ観たテネットが思い浮かんだ。テネットよりは理解しやすい作りになってるため頭の弱い自分にも易しい>>続きを読む

リーサル・ウェポン2 炎の約束(1989年製作の映画)

3.0

1のが面白かったかな。
リッグスの自殺願望がすっかりなくなってて安心したよ。
ジョーペシが良かった。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.8

原作はアニメで5部まで観てるけど、いきなり4部からの実写化で正直ファン向けムービーだろうな。仗助を演じた山崎賢人の立ち振る舞いや話し方はなんとなくそれっぽいから個人的に案外ハマってたと思う。肝心のスタ>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.0

小松菜奈目当てで。
17歳の女子高生がバイト先の45歳バツイチのファミレス店長に恋をする一歩踏み間違えれば危なっかしいラブコメかと思ったら、挫折を味わった人が再び立ち上がるという王道プロットだった。

クロノス(1992年製作の映画)

2.5

デルトロ監督のデビュー作だとか。
レトロな雰囲気は良かったけど、低予算なのか造形がチープかな。

沈黙のジェラシー(1998年製作の映画)

3.0

姑が息子を盲愛するあまりに花嫁に嫉妬するサイコサスペンス。
ずっとやられっぱなしで最後スカッと成敗してくれるから気持ちいい。
ツッコミどころの多いB級ストーリーながらグウィネスパルトローが出演してるか
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

3.0

頻繁にタイムトラベルが起こりまくるから頭で考えてたら追いつかないから、考えるのではなく感じろ!タイプの映画かな。笑
自分の意思とは無関係にタイムトラベルしてしまう男とただひたすら待ち続けるしかない女の
>>続きを読む

ディープ・ブルー2(2018年製作の映画)

2.0

B級として割り切ったらそれなりに。ただ、前作が優秀すぎた為に滅多刺しだろうな…。

リーサル・ウェポン(1987年製作の映画)

3.8

人生2度目の鑑賞。
これ、こんなに面白かったけ?
バディムービーのお手本みたいな作りでストーリー構成からキャラクター性から良かったわ。これを機にシリーズ制覇するか。

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.0

劇場スルーしてレンタルにして鑑賞。酷評みたいだったけど、個人的にはダメってほどではなかった。確かにスミスとジョーンズコンビと比べてしまうとかなり見劣りするが。

ファイナル・スコア(2018年製作の映画)

3.5

B級臭漂うジャケットだが、これは結構面白い。他のユーザーさんも書いてる通りスタジアム版ダイハードだった。ダイハード好きはきっとハマるかと。

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

2.5

エディマーフィーの出世作みたいだけど、特に面白くはなかったかな。

サイン(2002年製作の映画)

2.0

ずっと敬遠してたやつ。
いや〜、面白くなかった…。

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

予備知識なしで観たから全然分かんなかった!レンタルして理解度を深めたいと思う。

マイ・ライフ、マイ・ファミリー(2007年製作の映画)

3.0

幼き頃に父から虐待を受けた兄妹がアルツハイマーになった父を介護する話で、題材は面白いのだが映画としては面白くはなかった。2人の回想シーンなんかも交えた方がより感情移入できた気がする。とりあえずホフマン>>続きを読む

キンダガートン・コップ(1990年製作の映画)

3.5

結構面白かった。
潜入捜査の傍ら幼稚園の先生として赴任して子供たちと打ち解けいく関係が理想的で出来過ぎかもしれんが、この手の映画にはそれくらいがいい。こんな先生いたら最高やな!この年代のシュワちゃんは
>>続きを読む

夕陽のガンマン(1965年製作の映画)

4.0

久々に観た。
痺れるカッコ良さが堪んなく良い。
帽子を撃ちあってジャレ合うシーンはカッコいいを通り越して可愛いけどな。笑
時々観たくなるそんな一作です。

コブラ(1986年製作の映画)

3.0

ハードボイルドvsサイコパス。
ストーリーに疾走感あって悪くなかった。

ヴァンパイア/最期の聖戦(1998年製作の映画)

3.0

ブックオフで見つけて購入して観たが、やはり幼少期に洋画劇場かなんかで観たことあるやつだったから興奮したわ。B級ホラーの部類だとなかなか面白いかと。カーペンター好きは観るべし。

パール・ハーバー(2001年製作の映画)

2.0

無駄なシーンばかりの長尺映画でマジでこれこそマイケルベイの真骨頂や。
色々とツッコミところしかないが、これだけは言わせてくれ、親友の女に手を出すな。

ビバリーヒルズ・コップ3(1994年製作の映画)

2.5

2までは面白かったけど、今作は退屈だった。キャストが変わるだけで雰囲気がこうも変わるとは…。

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.0

そつのない作りで悪く言えば普通すぎる。
内容すぐに忘れそう。スタートレックのネタを絡めてくるシーンも特に面白さを感じなかったのが痛い。もうちょっと味のあるロードムービーを期待してました。ペットのピート
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

2.5

前作より下品。
下品なコメディ嫌いじゃないけどなんかやりすぎな気がした。

セブン・サイコパス(2012年製作の映画)

2.5

スリービルボードのマーティンマクドナーの過去作ということで。
センスは感じるけど、どうも支離滅裂でなかなかのれない残念なやつだった。
脚本の為のネタ話で笑いを取りにしてるのだろうが、どれもつまんなくて
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.5

ネトフリでやけに話題だったやつ。
不死身の肉体を持つ特殊部隊vs彼らの能力を私利私欲の為使おうとするマッドサイエンティストというこの手のストーリーにありがちな設定。だが、不死身でもちゃんと痛みを感じる
>>続きを読む

>|