tksh0921さんの映画レビュー・感想・評価

tksh0921

tksh0921

映画(256)
ドラマ(9)

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

3.5

ザ、イギリス映画。キャスティングとスタイリングが絶妙。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.4

撮影と編集はもちろん、音響、音楽、美術も素晴らしかった。。。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.9

ほぼ全編にわたるハンディカムと環境音の録音・編集、脇役陣(特にAV界隈)が素晴らしい。

真白の幸福論に共感したのに、ふらりと立ち寄ったウェディングドレス屋さんでの立ち振る舞いはあの幸福論者のそれでは
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

ラストの回想描写と鳥の群れは要らなかった。。。それ以外はとても良い。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

2.5

蒼井優とオダギリジョーの目の演技がすごい。山下監督らしく、何かありそうで何も無い内容。
・松田翔太はモデルだけやってればいいのに、役者と呼べるのか?
・スタイリングが変。あの生活環境でAIGLEとかA
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

途中までほぼ完璧だったのに、ガーデンパーティー以降のまとめ方が勿体ない。。。
地下旦那の演技、撮影、編集は最高


・突然の帰宅時の靴はどうしてたの?散らかった豆と酒の残骸、匂いは?
・お兄ちゃんが生
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.5

カメラワークとフィルムの色味、主演2人の演技、スコアが秀逸
手紙をオチに持ってくるのはベタ過ぎてちょっと、、、

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.0

色々と詰め込んだのに、1番大事な哲学が無い。

SWの名を借りてアベンジャーズしないでくれ

続3部作通しての感想は、Fuck Disney, Fuck 拝金主義

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

2.0

良かったのは鎌滝えりの演技だけ
ストーリーもエログロも中途半端、題材と日南響子の無駄遣い

園子温は結婚してからどんどんつまらない映画ばっかりになってしまった、、、

これを観るくらいなら『消された一
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.6

エンディング以外はほぼ完璧
浅野忠信と筒井真理子は凄い役者

羊の木(2018年製作の映画)

2.0

コンセプトと6人の演技はとても良いのに、全体として残念感漂う監督の力量不足

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.8

柳楽優弥と菅田将暉がアッパレ。韓国映画並みの熱量と編集
それだけに、エンディングまでにまとめ切れない監督の手腕が残念

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

夫婦の怪演とカメラワーク

内容は、解説が必要でした。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.8

1989,2008のジョーカーは意志を感じたけど、今回は“ジョーカー”という存在に憧れる天然だからこそのリアルな悲劇。最高のカタルシス。

ホアンキン、音、カメラワーク(特に単焦点のアングルとハンディ
>>続きを読む

雪の華(2018年製作の映画)

1.5

中条あやみが可愛いだけ。あと高岡早紀も綺麗。

長いお別れ(2019年製作の映画)

2.4

山崎努と蒼井優はいい役者だなあ
内容はありがち

さよならくちびる(2019年製作の映画)

2.1

スタイリングと、マッシュ小松菜奈の喫煙姿だけはいい。肺まで吸ってないけど。

君の名は。(2016年製作の映画)

1.0

飛行機で観たのに時間が勿体無いと感じたほどに、意味不明でつまらない。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.0

製作に藤島ジュリーKの文字が出た瞬間がこの映画のクライマックス。
いつまで木村拓哉にキムタクを演じさせる事をエンターテイメントだと標榜出来るのか

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

1.0

福田監督とムロツヨシが嫌いだと確信。
全然仲良くない人の結婚式余興ムービーを見せられてる様な不快感。
長澤まさみの可愛さでも補えないつまらなさ。

唯一面白いポイントは、山田孝之の走り方がセカチューの
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

1.0

思春期にジャンプの漫画にハマれなかった理由は、友情、努力、勝利に魅力を感じられなかったからだと気付いた。

あと、佐藤健の演技は顔芸

永い言い訳(2016年製作の映画)

2.8

子役、設定、カメラ、編集、四季の描写、音楽が良いのに、脚本が弱くて入り込めない、、、と思ったら是枝監督の影が(納得)
あと、竹原ピストルは不器用な役と見せかけてただの大根

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.5

途中まで良さげだったのに、オチがポカーン。。。ミシェル・ウィリアムズも似合わない髪型・格好で無駄遣い感。

トム・ハーディはいい役者

来る(2018年製作の映画)

3.0

青木崇高が死ぬまではベストオブ中島監督。

外交的な人を見るとパフォーマーに見える僕の先入観を、全部 妻夫木聡にぶつけてくれた中島監督万歳。

“あれ”を他人からの羨望・嫉妬と読み替えたら説得力があっ
>>続きを読む

>|