ゆん汰さんの映画レビュー・感想・評価

ゆん汰

ゆん汰

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.6

韓国、日本と続々とリメイクされているので気になってオリジナル版を鑑賞。

スマホを置いて連絡が来るたびにみんなに教え合うというプロットは、現代的で面白いし、連絡一つを見せてしまうことで人生が全て変わる
>>続きを読む

ディープ・ブルー3(2020年製作の映画)

2.8

2ほどつまらなくはなかったが、3は人間模様描写が多すぎて肝心なサメのシーンが少なめ。
アサイラム系のコテコテCGのサメよりは迫力があるものの、それを全く活かせなかったのは実に残念。
ただあの島は適度に
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦(1999年製作の映画)

3.7

3番は長嶋監督。鍵を持って帰っちゃダメでしょう。

この頃の原恵一作品のネーミングセンスは良かった。温泉Gメン対悪組織YUZAME。メンバーも後生掛、指宿、草津という温泉地のキャラクター名。
ボスがド
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦(2011年製作の映画)

3.3

映画パロディを色々と用いてくれて、子供ならず大人もニンマリ。
ヒロインのレモンも近年しんちゃんにありがちなほぼ同年代のキャラクターという設定。

次作の同監督が手かげた宇宙のプリンセスが面白くないので
>>続きを読む

スクリーム(1996年製作の映画)

3.6

記念すべき一作目。
本作を皮切りに90年代スラッシャーがまた流行りだし、ティーンホラーの再燃やパロディ化し大ヒットするなどホラー界に多大な影響を与えた本作。

なにより今までの殺人鬼よりもよりスタイリ
>>続きを読む

岳 -ガク-(2010年製作の映画)

3.3

長澤まさみと小栗旬のペア✖️山という展開はおっけー。

ただ漫画原作な事もあってか、ありえないシーンが続き、多分登山家や山の知識多い方ならありえないと思う事もあると思う。

実際ググってみたら岳 映画
>>続きを読む

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.3

通称ドンブリ2。
1の前日譚なのでどちらから見ても楽しめるのは良き。 
前作の1はハワイの映画館で知らん外人たちも交えて見た思い出の映画でもある。
あちらではR18指定だったかな。パスポートを見せろ言
>>続きを読む

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

3.9

パッチアダムスと呼ばれた医者の実話を描いた感動作。

子供の頃見た時は実話だなんて全く思わなかったな、多少脚色はしてるにしても、
それくらいすごい。
笑いで患者を勇気付けるという姿勢は本当に素晴らしい
>>続きを読む

新宿スワン(2015年製作の映画)

3.7

綾野剛の原作に近い感は凄い。

ただ原作同様歌舞伎町の裏と言うか、自分たちの知らない世界の話なので非日常な物語が続くのでそこはついていけるかどうか。
園子温監督なので淡い期待はしたが、もちろん面白かっ
>>続きを読む

劇場版 生徒会役員共(2017年製作の映画)

3.4

良くも悪くもアニメと変わらない安定した劇場版。正直劇場版に意味があるのかは謎だが、銀魂のような流れるボケとツッコミの嵐。
下ネタも変わらないクオリティで満足。

ただ前述したように映画作品の割にはスト
>>続きを読む

殺人ホテル(2020年製作の映画)

3.0

雰囲気は良き。時代背景も現代や過去ではなくフィクションである世界観なので、途中まではすごいワクワク。

尺が短いのでサラッと見終わるが、途中までの面白い展開とは一転し後半の種明かしになってくるとどうも
>>続きを読む

ラストベガス(2013年製作の映画)

3.7

豪華な俳優陣がベガスで遊び呆けるコメディドラマ。
やはり俳優というのは大切なもので、彼らが演じることによって老人が全員素敵な紳士に見えてしまう。男の友情って年取っても変わらないものなのね。

デニーロ
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.4

ジェームズ・ワン製作作品なのでホラーのテイストはワン臭のする良き雰囲気。

監督自身の製作した短編が自分で長編として作れるって夢物語だなあ。
でも監督自身もどこかジェームズ・ワンの影響を受けている感じ
>>続きを読む

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.6

豪華メンバーによるクライムアクション。公開規模じゃないからか、どこかキャストに費用を使い過ぎているのか、予算の少なさを感じるような気はする。
内容自体はキャストの通り期待通りの出来で文句はなし。

>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

3.4

OV版も怖いんだけど、劇場版もやっぱ怖いんよね。ホラーとコメディは紙一重と言うけれど、完全に見る人の捉え方だよね。
私は純粋なホラーとして怖さは残る。

代表的な奥名恵のシャワーシーン含め伊東美咲のト
>>続きを読む

ウィリーズ・ワンダーランド(2021年製作の映画)

4.0

ウィリーズワンダーランドのTシャツ好きすぎてUS amazon で調べて買おうと思ったけど日本へ送ることが出来ない商品だった…

キワモノ多めの仕事選ばない系俳優ニコラスケイジの主演作はこれまた不可思
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

3.6

マブリーとアンジーの並びが尊い…
150分超とはいえ前半は10人のキャラの個性を引き出す為に時間を割いてしまい、尺の都合もあるのか過去のシーンはだいぶ駆け足でダイジェストを見ているかのような作りだし、
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

3.8

予想の遥か斜め上。
皆様感想がネタバレになるという事で自重されている方も多いので、同じく感想は遠回しにさせてもらいますが、たしかに面白かった。
ただ全体的にすべて面白いというわけではなく、前半までの流
>>続きを読む

ホーム・スイート・ホーム・アローン(2021年製作の映画)

3.3

配信初日から低評価の嵐…
そりゃあそうだよね、テレビでも告知してたし皆様の期待だってそれはあるよ。
泥棒vs子供による勧善懲悪ムービーであるホームアローンシリーズだが、今回の作品は敵が悪役ではないとい
>>続きを読む

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

3.7

ディズ二ーの同名アトラクションをモチーフにしたアドベンチャームービー。
劇場に運ぶ時間がなかったので、
ディズニー+で早速配信して頂いたのはありがたい。
ジャウム・コレット=セラ監督作品ということが驚
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

3.8

アポロとの共闘、いやー痺れる。
1と2で宿敵だったロッキーとアポロ。
今作では新キャラクラバーがロッキーに立ち塞がる。
クラバーってロッキーシリーズの中では敵としての影は薄いんだけど、物語としては3は
>>続きを読む

ザ・レイド(2011年製作の映画)

3.8

ウワイス先輩、実は最近知った口の青二才なので初鑑賞。
この頃からギャレス・エヴァンスの才能ってすごかったのねー。

予告とストーリーの展開の違いさにびっくり。てっきり終始大部隊全員の中に紛れ込む主人公
>>続きを読む

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

3.3

夢にまで見た伝説の殺人鬼同士の共演!
夢VS現実の設定を活かすのは中々無理があったけど、お互いの血で血を争うバトルは好き。

各々のシリーズでは、シリーズ後半にかけて陽気な殺人鬼になるフレディに対し、
>>続きを読む

スーパーインテリジェンス(2020年製作の映画)

3.1

ベン・ファルコーン監督とメリッサ・マッカーシーのコンビ作。

ぱっと見のあらすじ見た時、超能力が〜って書いてあったのでサイキック系かと思ってて全然内容違うから調べ直したら超知能って書いてあってすごい騙
>>続きを読む

幸せへのキセキ(2011年製作の映画)

3.8

動物園付きの物件を購入し、動物園の立て直し。を図るファミリーを描いたハートフルドラマ。

プロットだけでも面白そうなのに、期待を裏切らない出来は流石キャメロン・クロウ監督といったところ。
実話を基にし
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2016年製作の映画)

3.6

最近のザック映画は下ネタが多め。今作も然りでせっかくデニーロとザックの親子役という晴れ舞台なのに下ネタがちょうどよく邪魔するので家族で見るには少し勇気がいる場面も。

でもデニーロのイケイケロードムー
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.4

良くも悪くもコメディアクション。
シナリオ自体は悪くないし、テンポも悪くない。次元を超えたアクションも良いんだけど、明らかに当たっていないパンチに倒れたり、エンケン率いるトムスン三銃士なんて自分でOL
>>続きを読む

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告(2020年製作の映画)

3.5

よれよれのデニーロを見ると切なくなるなあ…引っ越しで孫の部屋を借りる事になったデニーロ爺ちゃんと屋根裏に移らされ地獄の日々を送る孫のミニバトル合戦。

タイトルの通りにずっと闘うわけではないが、自宅内
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.4

アメリカに移住してきたら韓国人の物語。
コメディリリーフの立ち位置なのにアカデミー取れるおばあちゃんは流石や。

ほぼ在米韓国人のキャストで固められた本作はアカデミー向きでもあったね。

アメリカの田
>>続きを読む

アクアスラッシュ(2019年製作の映画)

3.1

ジャケ詐欺のない映画。
つまりウォータースライダーで割かれるビキニ姉ちゃんを映す為だけに作られたレベルで、ストーリーなど皆無。
この作品には起承転結など存在しない。

ウォータースライダー乗るまで耐え
>>続きを読む

女優霊(1995年製作の映画)

3.3

Jホラーの礎を築いたともいえる本作、陰湿なホラーとはまさに本作で、ジワリジワリと見せるやり方は当時の日本ならずホラー界では話題となったであろう。

怪現象もあったとかなかったとかホラーとしての宣伝も充
>>続きを読む

ヘル・フェスト/アトラクション(2018年製作の映画)

3.1

『パラノーマルアクティビティ5』のグレゴリー・プロットキン監督作品。
お化け屋敷に殺人鬼が紛れ込むというプロットは『ホーンテッド』に近い部分があるが、どうやら製作されたのはこっちが先っぽい。

見るま
>>続きを読む

さくら(2020年製作の映画)

3.3

小松菜奈目当てで鑑賞したので予備知識が全くなく、DVD特典の予告を見たらもろ後半のストーリーでびっくり。 これは予告見ない方がいいやつ。というかあらすじ見ないでいいやつ。あらすじを読むと、後半がテーマ>>続きを読む

カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇(2019年製作の映画)

3.2

ラヴクラフト原作のクリーチャーホラー。
何度か原作の映像化されているみたいだけど、見るのは初めて。

今作はパケ詐欺ニコラスじゃなくしっかりと主演張ってくれてるね。
近年はB級ニコラス作品がこれでもか
>>続きを読む

ルームメイト(1992年製作の映画)

3.5

ブリジット・フォンダとジェイソン・リーの闇の共同生活。
どんどんそっくりになっていくジェイソン・リーが怖い。
OV?TVM?で2もリリースされているが似たような内容の劣化リメイクといった感じで残念なの
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.5

LGBTが題材のドラマ。
草彅剛がトランスジェンダーを演じ話題にもなり日アカの作品賞も受賞。

もちろん作品的にも深く考えさせられる内容だったし、テーマ自体が現代の日本において重くのしかかるストーリー
>>続きを読む

>|