Hirokoさんの映画レビュー・感想・評価

Hiroko

Hiroko

映画(145)
ドラマ(35)
  • List view
  • Grid view

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.6

分かってはいても目覚められない夢の中にいるような気分になった。
奇妙奇天烈でツッコミどころ満載なのに妙に後々まで印象に残るあの感じ。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

正義だと思って干渉してくる外野がひどく滑稽で残酷でリアル

デタッチメント 優しい無関心(2011年製作の映画)

3.8

死ぬなという言葉は死にたいという最後の本音の否定になる

‥ある人の言葉とリンクした。
でも苦しいよなあ

ディス・イズ・イングランド(2006年製作の映画)

3.5

ナショナリズムについて考えさせられる。誰しも独自のバックグラウンドがあり、思想があり、その善悪を決めるのは容易ではないなと。
あと母親の存在感が心地よかった。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

どこを切り取っても可愛くて、登場人物がとってもコミカル。まさにミステリー・コメディーって言葉がふさわしい。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.4

原作も読んだが、映像の方がより母親の狂気を感じる。
今は共感できないが、親になってからもう一度鑑賞した時に、何を思うのか。

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.9

人と犬の噛み合わなさが相変わらずユーモラス◎

CJに主軸を置きつつも、全体ではベイリーがイーサンと別れ、約束を果たしてまた戻ってくるという1人と1匹の構図が引き継がれていて、安心して見ることができた
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.8

私がディズニーで一番好きなあのオープニングが、蘇った、、、

トールキン 旅のはじまり(2019年製作の映画)

4.0

戦場でトールキンのもとから離れようとしないサムが本当にそのまま「サム」で、その他にも随所にThe Lord of the Ringsのエッセンスが散りばめられていて、英国の美しさと相まって涙が出そうだ>>続きを読む