mさんの映画レビュー・感想・評価

m

m

  • List view
  • Grid view

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ものすごく見応えがあった…!
続きが気になりすぎて、隙間時間で少しずつ観るつもりが一気見してしまった。

それぞれの人間性が、なんというか、浅くて深くて…それがなんとも人間らしくて。

多少の神経質さ
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!

ラストはまあ思ったよりありきたりというか意外性などもなく綺麗にまとめたな、って感じだったけれど、それはそれで良いのかな。

ロイが良かったな〜

そしてピザの浮き輪やらロイの娘が乗って
>>続きを読む

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


美しいものを見ることにはそれだけで価値がある。
改めてそう感じさせられた映画だったな〜。本当に、ただただ美しい。



そしてところどころ、やっぱりポーの一族を思い出してしまう!笑

ヴァンパイアに
>>続きを読む

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

すごく好きな映画だった〜!
枯れた色気を漂わせたイーサン・ホークがとにかくかっこよすぎます。

ラスト、素敵だけどここで終わりかー
…と思いきや。エンドロールでダンカンが紹介する最新アルバムの曲目から
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マティアスの表情が秀逸すぎる。

音楽もとてもよかったし、ラストも好き。

マティアスとマキシムの農場…に胸が締め付けられた。

マグダラのマリア(2018年製作の映画)

3.0

マリアの湖のような瞳が印象的。

ユダの解釈はわりと好きだった。

最高の花婿/ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

センシティブな内容なだけあってちょっとドキドキしてしまうようなやり取りも沢山あったけれど、とても好きな映画だった!

結婚式の両家父親のスピーチもすごく良くて。最後は踊って大団円!なんだかんだでこうい
>>続きを読む

GET SET GO(2020年製作の映画)

2.0

普段は見ないジャンルだけれど、惹き込まれて最後まで。

そそがれ(2020年製作の映画)

3.0

美しいアトリエ。
甘やかな声で子供達に語りかける優しい先生。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

サラーっと流し見してしまったけれど、最後のシーンがとても良かった!

来る気がしたよ
運命なのよ 仕方ないわ
皮膚科の医者は?
ハンサムで金持ちで聡明だけど、私は来たわ
キスの評価8の男に会いに?
>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

3.2

だらだら観るのに最適な映画だった!
ミュージカル感はあまり強くなかった!
そしていやな人が一人も出てこないのはやはり良いね。関係性は一見複雑な筈なのに、素敵な家族の姿にほっこり。

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

2.5

シャイニングに続いて鑑賞。

とりあえず世界観が全く別物過ぎてびっくり!笑
ホテルはいつ?いつ出てくるの!?とずーっと待ってました。笑

で、待ってましたの雪道を登っていくシーン。ここは例のBGMも相
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

2.9

言わずと知れた名作?遂に鑑賞。

思っていたよりグロ要素もホラー要素も少なめで、そのどちらも苦手な私でも目を覆うことなくしっかり観られた!

ジャック・ニコルソンの表情がとにかく怖い。怖い。そして不快
>>続きを読む

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

3.5

良かった〜!

よくあるお仕事×恋愛ストーリーではあるんだけど、登場人物がみんなとても魅力的で癒された!

最後のシーンでマンボが流れるのもとても良い笑

わがままなヴァカンス(2019年製作の映画)

3.1

ここでの評価はあまり良くないけれど、私は好きな映画だったな〜!
カンヌの風景がとにかく美しい。

少女の過渡期を穏やかに、淡々と描いているところが良かった。
とにかくフィリップが最後まで紳士で素敵。そ
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

恐ろしくて、辛くて、悲しくて、とにかく息をつく間もない2時間だった。
今も胸が苦しくて、言葉にならない。
そして今も何も解決していないことが何より辛い。

「祈るな、それが全ての元凶だ。」

クレイジー・グッド(2018年製作の映画)

1.5

あまり好きな映画ではなかった。
なんだかどの人物にも共感できず…

お母さんは唯一良い味出してたかな?
あとは主人公のダニカも、あんな妹でも始めから受け入れない(同居しない)という選択肢が無さそうだっ
>>続きを読む

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

3.7

すごくよかった…!
それなのに日本では劇場公開されていなかったなんて。勿体無い。。
養子縁組制度にまだまだ馴染みの薄い日本でこそ、公開してほしかった。

登場人物みんなが、ただの善人ではなく良い意味で
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.3

今更ながら初見!

純粋に音楽や島の美しい風景を楽しめるハッピーミュージカルだった♡
そして母娘モノにめっぽう弱い私、式の準備のシーンはありがちだけどやっぱりぐっときちゃった。

ドナ世代も、ソフィ世
>>続きを読む

幻の光(1995年製作の映画)

2.8

静かで、哀しくて、でも温かい映画。
イヤな人が一人も出てこないって、良いなあ。

そして尼崎での暮らしも能登での暮らしも、どの場面を切り取っても郷愁が感じられるのに、あれ?意外と最近?いやいや昭和…?
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

3.7

とても好きな映画だった…!

どの場面も本当に美しくて、でもやはり所々邦画っぽい雰囲気もあって、、
そのアンバランスさが逆に癖になる感じ。
ちょっとした会話の掛け合いが、どれもすごく良かったな。

>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.0

The favorite

ラストはえっ!これで終わり!?と思ってしまったけれど、今になってその虚しさの妙をじわじわ噛み締めているところ。

とにかく映像が美しかった。

ヴィランズ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

逐一映像がオシャレ!
わりと短めだったのでサクッと観られました。
そしてもっとB級な感じかしらと思っていたけれど、ラストは意図せずとても切ない気持ちにさせられた。。3人でフロリダに行ってほしかったよ。
>>続きを読む

リトル・モンスターズ(2019年製作の映画)

2.7

初めてゾンビ映画というものを見た!
グロいのが苦手でずっと避けてきたけど、これは血やら何やら全てが作り物っぽい感じだったので意外と平気でした。

キャロライン先生素敵だな〜

何ということはないけれど
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

3.5

憎まれて育った子供たちが
大人になって牙を剥くのさ

胸が苦しい。
アメリカでの人種差別の現状を更に深く実感することができたから、本当に観てよかったと思うし出来るだけ多くの人に観てもらいたいけれど、た
>>続きを読む

ハート・オブ・マン(2019年製作の映画)

3.0

「私たちが学ばないといけないのは
 拳を下げることだ
 美しいものがあるのに
 顔の前に両手があったら何も見えない」

この台詞は自分自身耳が痛かった。
アリ程ではないにしても、私も会社であんな感じだ
>>続きを読む

ウェディング・シンガー(1998年製作の映画)

3.3

気負わず観られて、なおかつ幸せな気持ちになれる素敵な映画!

予定調和かもしれない、でもそれがいい♡

そしてこの年代のファッションもお家も、とんでもなく可愛いな〜

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

エモい、とはこういうことか!

映像と音楽がとにかくお洒落で、90'sのアメリカの雰囲気が堪らない。
ドライブインシアターも、花火も、カフェも、何もかもがカワイイ。

ストーリーとしては、ダニエルより
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

うーん…

周囲でとても好評だったので観てみたけれど、やはり邦画のコメディは自分には合わないものが多いな…
主要キャストのどの方の演技も嵌らず、実力派のはずの二階堂ふみちゃんの演技ですら薄ら寒く感じて
>>続きを読む

第三夫人と髪飾り(2018年製作の映画)

3.2

とにかく全ての情景が美しい映画。

第一夫人も第二夫人もそれぞれ全く異なった魅力があり、見応えがあった。
特に第二夫人の包み込むような母性とそこからくる色気や美しさが印象的で、メイが惹かれてしまうのも
>>続きを読む