しゃぼさんの映画レビュー・感想・評価

しゃぼ

しゃぼ

素敵な映画がすきです。

映画(93)
ドラマ(1)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

最高。
見たい人はなんの前情報も耳に入れずに観て欲しい。

最後までしっかり面白かったです。

ザ・B級映画。
こういうの大好きなんです。。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

安藤サクラがすごい。

腹の据わった安藤サクラに泣かされた。

無言で涙を流しながら言葉に表現出来ない表情をする安藤サクラに泣かされた。

みんなが住む家の間取りが昔のばあちゃんちとほぼ同じ作りで、い
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

4.5

再鑑賞。前見たのが9歳くらいだったので、もう一度と思い。

笑いと涙なしには見れないなぁ。

不器用で、とても素敵な人間達に泣かされました。

なんていい映画なんでしょう。

ビジランテ(2017年製作の映画)

2.9

「人の醜さ」でじわじわと心を蝕んでくる。

篠田麻里子のカーセックスはリアリティーがすごくておぉ、、、ってなった。

三兄弟の中で一郎(大森南朋)のパーソナルな部分の描写が1人だけ足りなくて少し消化不
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.4

白夜行くらいの話でしょ?っていうテンションで見たら、なかなかきつかったです。

人間の業というものの深さを、ただただ2時間見せられたなあという印象。

暗に人のためと思える行動はみんな自分のため。
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

2.7

典型的なだめんず好きのツチダ(臼田あさ美)。
口だけ一丁前だけど全部中途半端で不器用な男、せいいち(太賀)。
どうしようもないクズだけど女の子転がすのだけは一級品のハギオ(オダギリジョー)。

昔の男
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.0

フィンがライトセーバーを使えるというのは、彼はもしやジェダイの血を、、、
全体的に過去作ファンのことをちゃんと考えて作ってるなあという印象。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.5

ほんとにエピソードⅡは悲しくなる。。。
でも、人間模様とそれに揺れるアナキンの描写は、ヒューマンストーリーとしてSWシリーズで一番だと思う。
なかなか好きな回です。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

2.1

ジャージャービンクスウザすぎ。

クワイガンとオビワンが痺れる。

あとダースモール死ぬのはやすぎ。

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.6

「綺麗な姿だけ見て欲しかったんだよ。」

ジブリ作品で一番好きです。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.2

設定がエッジ効いててなかなかいい。

パンクロックにハマる少年が恋をした相手は、遠い惑星の地球外生命体。
48時間で地球からいなくなる女の子。

なんだかとてつもなく甘酸っぱかった。

カルト的思想を
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

いや、ルークが相変わらずメンヘラすぎ。

イライラするわぁ、、、笑

スターウォーズ三部作の2作目っていつも反乱軍滅多打ち状態。
案の定今回も。

マスターヨーダの登場シーンは普通に感動。「失敗を伝え
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

いやぁ、最高。

めちゃくちゃスリリング。
音楽とエンジン音で心拍数がガンガンに上げられる。

悪いことをしていると、守りたい人ができた時に人間は途端に無力になる。
そんなベイビーの葛藤がとてもとても
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

3.0

初鑑賞。

思春期特有の不器用さ。
「自分は何者なんだ?」って常に問いかけ続ける時期。

「人と違う生き方をすることは辛いことがたくさんあるぞ。何かあった時に誰のせいにもできない。それでもやりたいこと
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

2.8

原作未読。

関ヶ原の戦いを石田サイドのストーリーから描く。
石田サイドの話は目にするの初。

岡田准一が黒田官兵衛のイメージ強すぎて色々とややこしかった。

うーん。
三成が関ヶ原に勝ち、征夷大将軍
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

2.5

終始惰性感がすごくてとても残念だった。。

キタノブルーの情景からのスタートと、ラストのたけし美学は納得。

ほかの部分に面白さを見いだせなかったなぁ。

残念。

不夜城 SLEEPLESS TOWN(1998年製作の映画)

3.5

新宿歌舞伎町を舞台に、中国・台湾マフィアの勢力争いとそれぞれの思惑に巻き込まれていく若きアウトロー達の攻防が描かれている。

歌舞伎町。ガキの頃、自分が憧れた東京とはこの街のこと。今でも東京で一番好き
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.4

兄弟って距離が近いほどこういう瞬間の連続。
兄弟のことを本気で殺してしまうんじゃないか?ってほど頭にきたことってみんな何回もあると思う。
それは終始感じるお互いへの劣等感だったり周囲の視線だったり。
>>続きを読む

ブルーハーツが聴こえる(2016年製作の映画)

3.4

ラブレター、少年の歌、情熱の薔薇。
この3本はとてもよかった。
ラブレターの胸の締め付けられ方が。。
「あなたよあなたよしあわせになれ」

アリーキャット(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

窪塚洋介、降谷建志のダブル主演。
ヒロインは市川由衣。

池袋ウエストゲートパークに阿呆みたいに影響を受け、H2で恋を知り、Dragon Ashを聴き狂った、そんな10代を過ごした自分にとってはなんと
>>続きを読む

中学生円山(2013年製作の映画)

2.7

ギャグセンは最高で、終始面白いんだけどラストのグダグダ加減が、、、
その着地かぁ、、、って感じが否めなかった映画でした。

アイデン&ティティ(2003年製作の映画)

3.5

「この曲を、ロックをブームとして扱った馬鹿共に捧げる」

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

いやぁ、もう大好きだこの映画。
一目惚れした女の子の連絡先を聞き出すために適当についた嘘。
やがてその嘘は真実になって、その真実は二人を繋いで国境さえ超えていく。
ラブストーリーであり、青春ヒューマン
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

1.8

いろんな要素をセンスなくちゃんぽんしちゃった映画かなあ。
中身がなさすぎ。

タイヨウのうた(2006年製作の映画)

4.0

父になってからもう一度見ろと親父に言われた映画。

男たちの大和/YAMATO(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

大和最後の日の前夜、長嶋一茂が部下に語るセリフがとても心に突き刺さる。
そしてエンディングテーマの長渕で号泣。

>|