ezuさんの映画レビュー・感想・評価

ezu

ezu

  • List view
  • Grid view

Manto(英題)(2018年製作の映画)

4.2

英語字幕版で見たのでせっかくのマントーの美しい言葉のニュアンスをおそらく全く理解できてないのだと思うと悔しい。
タイトルロゴが表す分断が招く様々な別れのつらさ、豪華キャストによるマントーの小説の世界の
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.9

見ている間先日観た『ライトハウス』を思い出したけどあっちよりは仲が良い。
ここからさらに展開があるのか?と思ったものの中盤からの畳み掛けとラストは好き。
美味しそうな料理はたくさん出てくるけどびっくり
>>続きを読む

ライオット・クラブ(2014年製作の映画)

3.4

こういうイギリスの全く売れ筋じゃなさそうな映画がちゃんと日本語字幕で見られるのはありがたい。
正直顔が良いではとても中和できないくらい不快度が高かったけどこんな世界があるんだろうなと思うと見られて良か
>>続きを読む

ダルバール 復讐人(2020年製作の映画)

4.5

来るぞ来るぞ…という登場からの日本刀振り回してスーパーアクション、ところどころあれっ?大丈夫かな?みたいなところもなくはないんだけどとにかく初っ端の勢いのままガンガン進んでいきその勢いが最高潮のまま潔>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.8

サマーウォーズ、時をかける少女のセルフオマージュや美女と野獣のオマージュが良かった。
全体的に話が少しとっ散らかっている感じもしたけれど、最近の自伝的な作風に比べるとちょっと意外な展開だったしすごく懐
>>続きを読む

カダラムの征服者(2019年製作の映画)

4.1

マレーシア・クアラルンプールのすごい高いビル群と割れる窓ガラスを見た瞬間脳裏をよぎる「これは正統派かっこいいアクション大作映画だ…!」という予感を全く裏切らない正統派楽しいかっこいいハラハラ(半裸に)>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.0

あらすじや予告からしてすでに楽しいのに本編はもっと楽しくて、こんな楽しい韓国映画ある?ってくらいもうずっと楽しい。

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

もう話もキャラクターもみんな良くて、エレーナは最高だしナターシャの掘り下げも良かったのだけど、だからこそ、エンドゲームであの結末をナターシャに用意したことに納得がいかないというか恨みがましくなってしま>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

4.0

公開時どうしても観たくて海外に行きたかったけど私の英語力ではおそらくほぼ理解できなかったであろううたうような台詞回しや難解な各要素が多く日本で待ってて良かったと思いました。
到底理解できてないのですが
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.8

こういう設定の話だと思ってなかったので最初びっくりしたけど、ファンボーイの情熱と青春とマーク・ハミルの最後の語りにああ〜って呻きながら泣いてしまうやつでした。
作り手の真相を知った時の主人公の叫びとか
>>続きを読む

ペトルーニャに祝福を(2019年製作の映画)

3.8

かつて旅の途中で北マケドニアの首都スコピエへ行った時のことを思い出した。
バスを降りてすぐに群がるタクシーの呼び込み、ホームレスらしき人が多くなんとなく薄暗いバスターミナル、社会主義の空気を肌で感じる
>>続きを読む

美に魅せられて(2021年製作の映画)

3.9

かわいい馴れ初めから一転してゆくゾッとするほどの愛ゆえの狂気、狂気のような愛、めくるめく展開はサスペンスなんだけども主軸になってるラブロマンスがそこはかとなく素敵で、ここまで誰かを好きになれるのなら愛>>続きを読む

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(2020年製作の映画)

3.8

1作目よりおとなしかった気がしたけど単に1作目がやばかっただけかもしれない。
相変わらず怒られてそうなネタが盛り沢山。間に挟まれるイギリス家庭あるあるが地味に面白くて笑ってしまった。
みんな大好きマク
>>続きを読む

最後の願い(2021年製作の映画)

4.0

ドジっ子というにはヤバすぎる甘ったれな孫と、まさかの理由でパキスタン出禁になってる破天荒なおばあちゃんがかわいくてコミカルながら心温まる映画でした。
そこはもうちょっと詰めよう!みたいなツッコミどころ
>>続きを読む

アルターフ -復讐の名のもとに-(2000年製作の映画)

4.0

「だが俺はお前を殺さない、親友だからではなく、俺たちは人を助ける側だからだ。人を助け、そしてカシミールを救うんだ」
名前もない一市民の言葉がずっと胸に残ってる。
カシミール問題、家族愛、宗教、いろんな
>>続きを読む

ラーンジャナー(2013年製作の映画)

4.2

どいつもこいつもみーんな自分勝手。
愛する彼女のために生きる主人公も主人公の愛した彼女もその恋人も、主人公に想いをよせる幼馴染も。でも主人公の親友はあまりにも良い奴すぎてかわいそう。
主人公に想いをよ
>>続きを読む

囚人ディリ(2019年製作の映画)

4.8

145分ずっと、とにかく画が良いし映像が良い。
麻薬犯罪組織と警察組織の抗争と最強の巻き込まれ型主人公で元囚人のディリの物語を中心に進む群像劇で、初めは暗いし人がいっぱい出てくるのでわかるかな…という
>>続きを読む

コントラ KONTORA(2019年製作の映画)

3.8

虚勢、傲慢、身勝手、鬱屈とした身に覚えのある田舎の空気感には普段避けている邦画のそれを思い出して合わないかもしれない、と思ったものの、監督の撮りたかったのだろうものや画はとても美しかった。
どちらかと
>>続きを読む

ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語(2021年製作の映画)

3.6

映像はきれいだし説明的すぎる部分についてはまあお伽話や絵解きを見ているという気持ちで見ればいけるのですが、あんまりにも展開が10年くらい前の日本アニメの展開なのでサウジアラビアのアニメ(東映と合作です>>続きを読む

Kick(原題)(2014年製作の映画)

3.9

もう1人の主人公ランディープフーダーの好演が光るダークヒーロー映画。
サルマンカーンがナワーズッディーンシッディーキーの手を取り腰を取り踊るサービスシーンあり。

Mukkabaaz(原題)(2017年製作の映画)

4.0

ボクシング映画とは思えないくらい場外乱闘と社会の闇が印象的な、さすがはアヌラーグカシャップ監督のスポ根(?)映画。
思わず口元がニヤついてしまうラストもカメオ出演のナワーズッディーンさんもこのために鍛
>>続きを読む

Mr.ハンサム(2004年製作の映画)

3.9

最初は笑いのぽいんととかレトロなノリとか合わないかも…と思ってたんですが、まさかそういう展開になるとは思いませんでした。というかスーリヤさんがあんまりにも地獄展開の似合うハンサムホラーガイすぎる。
3
>>続きを読む

3(2012年製作の映画)

3.8

ダヌシュさんの演技はめちゃくちゃ良かったし親友は良い奴だったしこういう地獄映画でしか味わえないホラー味はあるんですができればもう一回は見たくないかなあ…
あとストーリーには関係ないけど、冒頭で出てきた
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

良い映画だったけども、宿泊客の恐怖、従業員の献身、テロリストの事情、あれもこれもと詰めた分少し散漫な印象。
従業員だけにスポットをあてた群像劇にしてインドの社会事情や宗教的背景についてももっと掘り下げ
>>続きを読む

NGK(2019年製作の映画)

3.9

前半は「楽しい映画じゃん!!」とワクワクしていたのに一転して鑑賞後は誰も信じられない…地獄では??みたいな感想しか出てこなかった。
こっちの方がスーリヤさん本人に近い役柄なのかな?と思うけど24の後だ
>>続きを読む

ゲームオーバー(2019年製作の映画)

4.0

タイトルロゴがかわいいホラー映画だという情報しか知らなかったんですが予想以上に面白かった!
メインテーマは重くしんどいけれど、インターミッションの文字が出た時には、まだ半分あるの!?って思う展開のジェ
>>続きを読む

復讐の町(2015年製作の映画)

4.1

ハードでバイオレンス、映像もストーリーも見どころが多い。
殺人犯役のナワーズッディーンさんの名演を見るつもりが、主演のヴァルン・ダワンさんの善良な青年から復讐鬼への変貌があまりにもすごくてゾッとしてし
>>続きを読む

Asuran(原題)(2019年製作の映画)

4.0

タミル大阪国際映画祭にて。
息を呑むようなつらいシーンもたくさんあるけども、しっかりエンタメとして昇華させているあたり上手いなあと思う。
テーマソングの「奴が来る」感がかっこいい。

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

3.9

開幕から景気よく爆発するのでテンションが上がるし、紛れもなく含みもなくザックスナイダーのゾンビ映画。
こういう映画は映画館で観たかった。

最終ラウンド/ファイナル・ラウンド(2016年製作の映画)

4.5

最終ラウンドでテンションが上がりすぎて5回くらい立ち上がりそうになったし、エンディングは完全にスタンディングオベーションの心持ちでした。
これでマーダヴァンに落ちるなという方が無理です。

RBG 最強の85才(2018年製作の映画)

3.9

ジェンダー差別に関しては本当に過去のアメリカの出来事すら他人事ではないので、こういう方のことはもっと、特に人の上に立つ方に知ってほしいですね。

インパクト・クラッシュ(2017年製作の映画)

3.9

バーフバリのバラーラデーヴァ役ラーナー・ダッグバーティにフライング・ジャットで悪役のケイ・ケイ・メノンという豪華さ、結構深刻な軍事問題を扱っているので真面目な映画でもあるのですが、潜水艦映画で見たいシ>>続きを読む

ニューヨーク(原題)(2009年製作の映画)

3.9

英語字幕版にて。
さすがカビール・カーン監督だけあってメッセージ性の強いしっとりしっかりしたストーリーでした。出番は多くはないけどあっという間に惹きつけられるナワーズッディーンさんの演技と役どころが良
>>続きを読む

>|