カンパッチーさんの映画レビュー・感想・評価

カンパッチー

カンパッチー

ブラッド&ボーン 真拳闘魂(2009年製作の映画)

3.6

亡くなった友との約束を守るため、親友の妻を助けるためにストリートファイトでのし上がっていくマイケル・ジェイ・ホワイト、ストーリーなんて二の次でマイケルのアクションを楽しむためだけに全力を注いでいる作品>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.6

こんなん絶対泣くやん!ってぐらい家族愛に満ち満ちた作品。
前半はお母さんの勝手さにルビーと同じ視点で観てイライラしてしまうけど、中盤以降はお兄ちゃんのセリフ一つ一つが泣ける、そしてV先生!もう本当に素
>>続きを読む

アクシデント・マン(2018年製作の映画)

3.5

事故に見せかけて暗殺する必殺仕事人的暗殺者なアドキンスの魅力大爆発な最高の殺し屋アクションでした。
殺し屋たちも個性的だったのでこれ一作で終わるなんて勿体ない!

個人的ハイライトはマイケル・ジェイ・
>>続きを読む

ネバー・バックダウン2(2010年製作の映画)

3.2

前作よりアクションはパワーアップしたけど、残念ながらストーリーはスケールダウンしちゃったなぁ‎…若者4人がクローズアップされているためかそれぞれの物語が中途半端で特にいじめられっ子で強くなった子は修行>>続きを読む

デス・レース2000年(1975年製作の映画)

3.8

リメイク元のは観たことあったけど、こっちのがタイムと人をどれだけ轢き殺すのでポイントを競い合う悪趣味さで情け容赦なく一般人も老人も轢き殺してくので好きです。なによりスタローンがボッコボコにされるわ、あ>>続きを読む

トロメオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.8

最初から最後までエログロ一直線なのに観終わってみると恋愛映画でロミジュリだったなと思ってしまう不思議な作品。

とにかく変人しかいないし、脳みそは飛び出るし、本編ほぼセックスだし、飛んできた生首で子供
>>続きを読む

クレイジー・ドライブ(2014年製作の映画)

3.0

ジョー・カーナハン監督だしと期待して観てみれば、無駄にキャストが豪華なだけの山場のないコメディでした。

いや、決してつまらなくないんですよ?ただ盛り上がりが全くないんです!クリス・パインの変態ぶりや
>>続きを読む

ジャッジ・ドレッド(1995年製作の映画)

3.4

スタローンがピースメイカーの如く半キャップのメットを被っているのだけでも面白いけど、かなり序盤で外してしまうのが残念!完全にB級SFですが、人喰いカルト犯罪一家やレトロすぎるメカなど個性豊かな面々でな>>続きを読む

追撃者(2000年製作の映画)

2.6

スタローンがとにかく渋い!!
ミッキー・ロークとスタローンのW共演だけど、そこまでミッキー・ロークは目立たず勿体ない作品でした。なんとも脚本と演出、選曲が微妙過ぎるんですよねー…。

まぁこの頃ミッキ
>>続きを読む

クリフハンガー(1993年製作の映画)

3.5

ツッコミどころは沢山あるけど、一番はなぜわざわざスタローンを雪山で半袖にする!?というところですよね、寒い寒い!

ヒロインも可愛いけど、最後まで約立たずだし、ハルも山の素人の彼女をデートであんな危険
>>続きを読む

ネバー・バックダウン(2008年製作の映画)

4.0

思った以上にスポ根、青春、家族愛、恋愛、格闘技ものとして面白いです。アンバー‎・ハードもとにかくエロ可愛く、そこも加点ポイントのひとつ。

試合の攻防も緊張感があり、ロッキー、ベストキッド好きなら絶対
>>続きを読む

暗殺者(1995年製作の映画)

2.9

暗殺者だけど、心が優しいというか猫に好かれる今作はちょっと知的なスタローン。
バンデラスはおしゃべりクソ野郎なスタローンを狙う暗殺者だけど、いまいち魅力が生かされてないというかガンアクションも今作では
>>続きを読む

モキシー ~私たちのムーブメント~(2021年製作の映画)

3.8

女性が今までどういう扱いを受けてきたかというより、自分たち女性がこの映画を見て下を向かずに生きていこう!という活力をもらえる映画でした。

校内革命+青春ドラマでモキシーを固める登場人物たちも、同性愛
>>続きを読む

ドリーム ホーム 99%を操る男たち(2014年製作の映画)

3.6

ソーシャルネットワークやわたしを離さないでのときのアンドリュー・ガーフィールドの頼りないなぁ…という演技こそが彼は燦然と輝くと個人的には思っているので、このドリームホームの演技は二重丸!いや、三重丸な>>続きを読む

ファミリー・ウィークエンド(2013年製作の映画)

5.0

え、こんなん満点以外ないだろって思うぐらいの良作じゃないですか!平均3.4とか評価低すぎじゃないですか、皆!!
まずいちばんHSMで個人的にだいすきだったピアノの子ことケルシーのオレーシャ‎・ルーリン
>>続きを読む

プライド&グローリー(2008年製作の映画)

3.5

警察一家の妹の旦那でもある義理の弟コリン・ファレル。やんちゃで悪徳な汚職刑事が彼は本当によく似合います。

警察一家のためか、知らず知らずにお父さんもファレルの上司である兄も悪に加担していた形になって
>>続きを読む

tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!(2021年製作の映画)

4.0

映画館でウエストサイドストーリーの予告を観てるとミュージカルが観たくなりますよね。しかも、できればアンドリュー・ガーフィールドの作品で!と考え、そうだ、話題のチック、チックまだ観てないじゃんと!

>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.5

感想を観ないように観ないように心掛け、できれば平日にと考えて苦節一週間‎…ついに観ました!

こんなん興奮&感動待ったナシじゃないですかー!並行世界っていいですよねぇ‎…もうヴィランズが出てきただけで
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

3.8

三者三様、それぞれの視点から真実を語るという羅生門スタイル。134分という長時間な映画ですが、脚本のおかげか全く飽きません。さすがリドリースコット監督!この人とスコセッシ監督ならMARVELの脚本をバ>>続きを読む

NARC ナーク(2002年製作の映画)

3.8

渋い…ノワールものとしても、サスペンスとしてもとても秀出した作品。

終始緊張感がすさまじく、ヒリヒリした雰囲気と、見終わった後の胸にズシンとくる骨太な脚本がたまらないです。
レイ・リオッタの粗暴だけ
>>続きを読む

クライムチアーズ(2001年製作の映画)

4.3

これ、めちゃくちゃ好きですわ!いや、B級だろうと馬鹿にしてました、正直。

もうチアの子たちみんなバカ可愛い!やってることはめちゃめちゃなのに憎めないという、フットボールの彼氏も含めて間抜けで可愛すぎ
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.2

これは、ぜひ彼氏や旦那と見に行って相手の感想を聞いてその反応でこれからも付き合い続けるかをリトマス紙反応のように見極めるべき作品ですよ。
相手が「女性にも隙が~」とか「男を誘う格好が~」とか言ってきた
>>続きを読む

あなたとのキスまでの距離(2013年製作の映画)

2.6

交換留学生でフェリシティ・ジョーンズがホームステイで来てガイ・ピアースと惹かれ合うお話でしたが、2人の関係より娘の心の変化の方がよく描けていた気がします。

まぁガイ・ピアースの音楽人生が上手くいかず
>>続きを読む

彼女はパートタイムトラベラー(2012年製作の映画)

3.6

SFかと思っていたけど、社会からつまはじきにされている2人の交流というかロマンスコメディというかインディーらしいなんともほっこりする作品。

邦題に騙されたとはいえこの邦題じゃなければ観ていなかったと
>>続きを読む

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~(2020年製作の映画)

3.4

え、嘘…絶対ウルトラソウル流れるだろ、これ!と思ってたのに流れないの…!(絶句)歌詞も合ってるのになんでだよ!!くそ!せめて自分が歌おう!
夢じゃなーい、あれもこれもー!その手でドアを開けましょー!!
>>続きを読む

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

4.2

正義は勝つ!ではなく勝ったものこそが正しい!という1人も善人が出てこない映画。ロザムンド・パイクの言う通り善人なんて存在しないと思ってしまいますね。

観ながら前半はひたすら主人公やられろーやられろー
>>続きを読む

フライトナイト/恐怖の夜(2011年製作の映画)

3.5

NTR!NTR!NTR!
寝盗られ大好き属性さんたちにオススメできる本作、イモージェン・プーツがセクシーダイナマイツなバンパイアことコリン・ファレルに寝盗られます、彼氏のアントン・イェルチンの前で濃厚
>>続きを読む

ニード・フォー・スピード(2014年製作の映画)

3.6

タイトルといいワイルドスピードと比べられがちですが、こちらの方がCGを使ってないので限界ギリギリな迫力感がより強いかなとも思いますし、カーレースな映画ではなくゲームが原作のほぼカーアクションなので観て>>続きを読む

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

3.5

年内最後はアイドル映画か!とアニメと同じ伊藤沙莉の方が絶対良かったけど、齋藤飛鳥どうなんだろうと思いつつアニメも面白かったし、英勉監督だしと安心感を持ちつつ視聴。なんだよ、面白いじゃないか!まぁ正直浜>>続きを読む

ビーチ・バム まじめに不真面目(2019年製作の映画)

3.6

まじめに不真面目、かいけつゾロリかな?おならで最後は終わらせる感じかなと思いながら観てみましたが、概ね合ってましたね!火をつけて解決しちゃいました、めでたしめでたし。って解決してないな。

お金が入ら
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

3.4

鳥人間コンテストといえば名言(迷言)のオンパレードでしたよね、東北ウインドノーツの中村選手の名言はときたまYouTubeで流すぐらい大好きです。俺の人生は晴れ時々大荒れ…!いいね、いい人生だよ…!風を>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.0

狂言回しなヒュー・グラントがとにかく良いですね、登場人物は多いけどとりあえずマシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ヒュー・グラントの3人を覚えておけば問題なしです。複雑な人間模様もヒュー・グラント>>続きを読む

明日の食卓(2021年製作の映画)

3.7

えー!殺されたのはそっちのゆう君かい!という唐突感はありましたが、どの母親3人も世間にどこにでも居そうな3人で、子育ての歯車が狂うきっかけなど特にない日常の延長線の中で狂ってしまうのが、なんとも恐ろし>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.0

ひたすらいたたまれない気持ちになります。

モンスター父親の話かと思っていたけど、そういったお話ではなく、たった一つの事故で誰にでも降り掛かるかもしれない、善いも悪いもない、それぞれの空白について観客
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

3.8

これはこの映画の登場人物たちのように流し見しながら彗星衝突を他人事のように観るのが正しい形なんじゃないかってぐらいかつてないぐらいに配信作品であることが正しい映画ですね!

いやぁ、アルマゲドンでSN
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

3.8

LGBTのカミングアウトな青春映画ですが、ひたすらファンタジーのように優しい世界。まぁせいぜいサイモンの友達と仲を取り持ってほしいためにサイモンを脅すマーティンがちょい嫌な奴ぐらいかな。つかちょい嫌な>>続きを読む

>|