とびんさんの映画レビュー・感想・評価

とびん

とびん

映画(1139)
ドラマ(0)

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel Ⅲ.spring song(2020年製作の映画)

5.0

1章、2章と紡いできた3部作の最終章、いやFate/stay nightシリーズの集大成とも言える作品。
ワクワクしてLV付きのチケットを購入したら、コロナによって延期になり、4月の公開も延期になった
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.9

とても良かった!
青春映画の新たな傑作だと思う。
学生時代、決してまんなかの人間ではなく、クラスのはしでまんなかにいる人達を小馬鹿にしていた自分にとってアルプススタンドのはしの方にいる4人がすごい刺さ
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

4.9

正直題材が発表された時は「また恐竜モノかよ!」と思いました。
しかし、予告が公開されると、予告の出来が素晴らしく、ミスチルの主題歌も相まって徐々に楽しみな気持ちが増し、今か今かと公開を楽しみにしていた
>>続きを読む

ぐらんぶる(2019年製作の映画)

3.0

原作大好き。
アニメ大好き。
そんな身からするとかなり実写化が難しい原作だと思ってました。
かなり振り切ったギャグが特徴だし、なんと言ってもあの作画がこの作品の味だと思います。
結果から言って、今回の
>>続きを読む

少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト 再生産総集編 ロンド・ロンド・ロンド(2020年製作の映画)

4.8

TVシリーズは途中で脱落してしまいました。
序盤の登場人物たちが何の為に競い合い、トップスタアを目指しているのかが分からず、観るのをやめてしまったのです。
ただ総集編と新作映画が公開されると聞き、観て
>>続きを読む

カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇(2019年製作の映画)

4.0

普段こういう作品観ないけどなんとなく観てみた。
観終わった後しばらく体調が変になった。
なんか生命力座れた感じでドッと疲れた。
もう全編狂気。
家族が色によって徐々に狂わされていく。
もう訳がわからな
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

4.3

思っていたよりは地味な映画。
でも観て良かった。
貧困層、主にホームレスについての映画。
大寒波の日に寒さを凌げる場所として図書館に篭城したホームレスとそれに巻き込まれた図書館員。
一晩限りの宿のつも
>>続きを読む

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

4.6

シンプルで面白いサメ映画。
前作の「海底47m」を観ていったけど、本当に全然関係無いね。
続編感は一切無いので今作からでも観れます。
姉妹が主人公なのとサメが出てくる以外は一切関連性がなかった。
前作
>>続きを読む

ブラック アンド ブルー(2019年製作の映画)

4.6

ちょっと気になったので鑑賞。
面白かった。
現代のアメリカの問題を全て詰め込んだような内容。
人種差別、偏見、貧富の差、肌の色、汚職警官、女性問題など全て詰め込まれていました。
最初よく分からなかった
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

2.8

ヒュージャックマンが悪役をしている作品は個人的に全然合わない。
チンピラ風ギャングも嫌いだし、オチもあまり納得できず。
劇場以来久し振りに観てもあまり合わなかった。

ディスタービア(2007年製作の映画)

3.8

設定は最近観た「サマーオブ84」とほぼ同じ。
隣人を監視していたらその隣人が連続殺人鬼ではないかと疑い、調査している話。
「サマーオブ84」と違うのは終わりがハッピーエンドな事だけかな。
結構軽め。

海底47m(2017年製作の映画)

3.8

適度に楽しいサメ映画。
オチも「なるほど、そういうことか」と思うくらい面白かった。

ウォーリー(2008年製作の映画)

5.0

久し振りに観てもやっぱり面白い!
ピクサー作品の中でもトップレベルの大傑作!

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.8

ドラマ版も映画1作目も面白かったので今作も勿論鑑賞。
面白かったです!
つくづくダー子、ボクちゃん、リチャード(あと五十嵐)のトリオが好きなんだなぁと実感しました。
ご都合主義的ではあるけど、色々な伏
>>続きを読む

スパイ in デンジャー(2019年製作の映画)

5.0

これめちゃくちゃ好きなやつ!
超絶面白かった!!!
ハトになったスーパースパイ、ランスと平和を愛するドジな発明家、ウォルターのコンビが最高!
ハトならではのアクションも良いし、ウォルターが作るヘンテコ
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

4.9

今まで避けてた韓国映画もそろそろ観てみようと思い、「新感染」で好きになったマ・ドンソクが主演という事で観ました。
めっちゃ面白かった!!!
いや〜やっぱりマ・ドンソク最高だー!
アクションもいちいち一
>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

4.6

最近TVドラマを一気見して面白かったので劇場版も観てきました。
面白かった!
TVドラマの延長戦な感じでシリーズのファンなら楽しめると思います。
いつものノリが満載。
ただTVドラマ観てなかったり、福
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

4.8

面白かった!
不死身だから銃弾食らっても気にしない闘い方は面白かった!
最後の悪役の倒し方も好き。
チーム物としても良い。
やっぱりシャーリーズ・セロンが良い!
続編もやりそうな終わり方なんで観たいな
>>続きを読む

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997年製作の映画)

4.6

記念すべき1作目。
コナン君がかなり無茶苦茶やってるのが面白い。
最後に「赤」がキーになるのも好き。

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

4.8

コナン映画で屈指の面白さ!
これが一番好きかも。
シャーロックホームズネタも絡めているのが良き。
あと今でこそSAOなどで一般になったVRゲームを用いたデスゲームを既にやっているのがスゴい。

名探偵コナン 11人目のストライカー(2012年製作の映画)

3.3

コナン映画の中で結構微妙な方。
久しぶりに観たらそこそこ楽しめましたけど。
サッカー選手の棒演技がキツい。

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)(2010年製作の映画)

4.5

中盤まではどうなるか分からない面白さがありましたが、肝心の犯人の動機がショボすぎてガックリきたのを思い出しました。
でも面白いです。

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.8

良い映画でした!
予告編では話の内容がよく分からなかったが、成程、家族の崩壊と再生の物語だったか。
本作は兄と妹のパートで半分に分かれており、兄パートは本当にヒドく心にきました。
兄の起こした悲惨な事
>>続きを読む

名探偵コナン 天国へのカウントダウン(2001年製作の映画)

4.6

灰原哀メイン回。
終盤の大スペクタル展開はその後のコナン映画に受け継がれていっているのかな。
歩美ちゃんの30秒ジャストとか人の命を米粒と同じにする元太とか面白い。

ダークナイト(2008年製作の映画)

5.0

久しぶりに観たけど、やっぱりめっちゃ面白いわ!
初めて劇場で観たけど、TVで観るのと劇場で観るのでは感じ方がまるで違う事を再確認。
劇場で観る事ができてホントに良かった!
フルサイズで映された美しいゴ
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

5.0

めっちゃ面白かった!
透明人間という使い古されたテーマを被害者側からの視点にする事で心霊系やパラノイア系のホラーに上手くアップデートしてた。
音の演出も良くてこれは映画館で観るべき作品!
本当にいるの
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

4.6

ダークナイトのIMAXを観るので久しぶりに鑑賞。
ビギンズなだけあってバットマン誕生譚を丁寧にやった感じ。
ただ終盤の盛り上がりは今ひとつか。

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.5

やっぱり死霊館シリーズは本流の方が面白くてスピンオフはそこまでかなぁ。
ラストは「なるほど、そこでシリーズに繋げるのねー」っておもった。

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)(2006年製作の映画)

4.6

映画館で初めて観たコナン映画なだけあって思い入れがよりある。
記念すべき10作目なだけあってオールスター映画感あり。
遊園地や最後の山場がジェットコースターなど第1話を思い起こされるシーンもあるのが良
>>続きを読む

名探偵コナン 紺碧の棺(2007年製作の映画)

3.5

かなり地味。
宝探しとか色々な要素を上手く使いきれなかった感がある。
蘭と園子の共闘みたいなシーンは結構肩透かし。

名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)(2008年製作の映画)

4.0

桑島法子ボイスもあってゲストキャラのレイコさんは好き。
物語としては結構地味。
終わり方もTVシリーズっぽいし。
元太のリコーダーが意味分からなくて好き。

名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)(2005年製作の映画)

4.6

結構好きな作品。
初めから犯人が分かってると思いきやな展開や毛利小五郎が活躍するのが好き。

名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)(2004年製作の映画)

4.6

推理パートは薄めで後半の航空パニックが楽しい。
今やお馴染みとなった新一に変装するキッド、コナンと新一の協力なども楽しい。

名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)(2009年製作の映画)

4.4

相変わらずバカな黒ずくめの組織(主にジン)、お馴染み他県の警部達の集合、ゼロ距離で弾丸を避ける蘭姉ちゃんなど要素てんこ盛り。

名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)(2011年製作の映画)

4.3

地下鉄爆破されたり、ダム崩壊したり、雪崩起こったり、景気がいいアクション多め。
言葉は一番の凶器になるは本当に大切なこと。

>|