こん

こん

洋画メイン、アニメ、サントラ好きです。
怖いものはNGですがその他何でも観ます。

レビューは主にキャストや構成、音楽についてつらつらと。

好きっていいなよ。(2014年製作の映画)

1.0

学校一のモテ男、大和(福士蒼汰)がひょんなことから言葉遣いが荒く不器用なため、友達もいないめい(川口春奈)に興味を持ち、関わり、恋をしていく青春ラブストーリー。

ひとしきり見終わって共感出来るものも
>>続きを読む

美女と野獣(2014年製作の映画)

2.5

原作に寄せた作品。

衣装が色鮮やかで美しいのですが、その他が残念としかいいようがないです。
二時間にまとめるのは難しいにしても、ベルの性格に一貫性がない。ここが一番重要なのでは?と思うのに、中盤のセ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.4

うーん、この作品の緩さといったら他作品では中々ない味。デッドプールほどやる気ない感じでもなく、かといって、アイアンマンやスーパーマンに比べると頼りなさすぎ。可もなく不可もなく。

そんな絶妙な役柄のス
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

4.0

静野孔文監督の作品になってからのコナンは推理よりもアクション重視だったので期待はなかったものの、観てみたら面白かった。

推理要素が散りばめられていて、注意深く観ていれば、犯人が解けそうな内容。

>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

4.0

初、シャマラン監督作品を鑑賞。
(以下、ホラー系完全NGなタイプの感想です。)

スリラーと銘打っていただけに、とにかくドキドキ感が最初から最後まで。本当に心臓バクバクする。
ホラーやスリラー系に良く
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.5

シリーズ8作品目。
当初のカーアクション映画からはだいぶ変わってしまったけども、アクション映画としてはシリーズ追うごとに最高にブッ飛んでる。

冒頭でドム(ヴィン・ディーゼル)が車走らせるテクニック、
>>続きを読む

ミュータント・タートルズ(2014年製作の映画)

3.8

子供の頃観ていたヒーローアニメが実写化。
リーダー、レオナルド(青)
気性が荒い、ラファエロ(赤)
お調子者、ミケランジェロ(黄)
頭脳担当、ドナテロ(紫)
4人がニューヨークに潜む悪と陰で戦い守って
>>続きを読む

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

3.5

前作が良かったので観てみたものの、ちょっと残念…。

何が残念かと言えば、題名がmazeいわゆる「迷路」なのにその要素が少ない。(ストーリーの謎=メイズと言えばまあ、主題についても違和感ないかなと無理
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

5.0

文句なしに満点だと思います。

ディズニー映画の実写化は、多くの人がアニメーションへの思い入れが強く、それを実際の俳優、女優をキャストするとなれば賛否両論、相当難しいはず。
だけども、実際観たら納得せ
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.7

ポップなのに奇妙で不気味な演出は流石ティム・バートン監督と思わずにはいられない。

1943年のとある島で繰り広げられる物語。出てくる子供達のキャラが個性溢れて不気味でもあるけど面白い。
主人公は「ヒ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.0

日本らしい映画だったなと言うのが率直な感想。
どう化け物(ゴジラ)を倒すのか、作戦会議が映画のメインでゴジラの破壊シーンは二の次な感じ。

ゴジラの形態が何回かに分けて進化するけど、CGは細部までリア
>>続きを読む

オズ はじまりの戦い(2013年製作の映画)

3.5

ホラー、サスペンスばかりのこの監督の作品は人を驚かせるのがとにかく上手い。
いかにもな静寂で数秒後に来るのが分かっているにも関わらずワッと驚いてしまう。映画館の音響なら殊更そうだろうな。

童話「オズ
>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.0

連られ鑑賞。

覆面(というか、顔だししてない)アーティストの「Greeeen」が結成されて歩んできた道を描いた映画。
若手俳優さん(菅田 将暉さん、横浜流星さん、成田凌さん、杉野遥亮さん)がGree
>>続きを読む

アサシン クリード(2016年製作の映画)

2.0

ゲーム未プレイ、事前情報なしで鑑賞。

冒頭30秒ほどで世界観の説明があるが、正直ついていけなかった。主人公の血筋がアサシンだってのは分かる、敵と数百年だか数千年だかとある物を巡って戦ってきたのも分か
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.0

MARVEL作品といえばヒーロー映画!
その作品でまさかまさかの主演、ベネディクト・カンバーバッチ。
彼の作品と言われれば知的で落ち着いた役柄が多いイメージなので「カンバーバッチ=ヒーロー」と言われる
>>続きを読む

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

4.0

アニメでハマったラノベ作品。
近年のラノベ作品のクオリティは高いと思わせる作品のひとつだと思う。

アニメではフルダイブ機能を使用したゲームの話で、映画ではVR機能の上位互換になるであろうAR型機能(
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

冒頭からのミュージカル。
60年代、70年代のファッション(かな?)をモダンにしかつ洗礼されたデザイン服。
ジャズとポップ、これまた現代版にアレンジされている曲の数々。

とにかく映像全てが 素 敵
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.0

予告で表の顔と裏の顔を持つ男、みたいなフレーズがアクション・サスペンス好きとしては観なければ、と思いやっとこさレビュー。


生まれ持ったものをどう活かすか、どう過ごすか、内的外的要因は人生を大きく左
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.5

ただ駄弁るだけの物語「セトウツミ」。今まで観たことないジャンルでした。

ショートコントの様な短編が4、5本纏められた構成で何というか、大爆笑にならずとも笑えます。

YouTube予告の「スタンディ
>>続きを読む

バトルフロント(2013年製作の映画)

3.0

私が知る限りのジェイソン・ステイサム唯一の長髪姿を観たくなったので再度観賞。

潜入捜査官をしていた主人公フィル(ジェイソン・ステイサム)が潜入先で人を殺めてしまったことをきっかけに仕事を引退、一人娘
>>続きを読む

ダイバージェント(2013年製作の映画)

3.5

5つの派閥に分けられた世界観が生かしきれていないのが残念な点でしたが、SFぽく謎ありの作品でした。

適性を受ける検査で決められると言われているのに、何故最終的に自分で所属したい派閥を決めることが出来
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.5

まずは一言、最高でした。

ハリーポッターファンはもちろん、今まで観ていなかった人でも十分楽しめる作品です。

知っている魔法の呪文が出てくるのでポッターファンとしては嬉しい。その一方で、ファンタステ
>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

4.0

ロマンス映画だけは観ないと思っていたけれど友人に勧められて観賞。

自由奔放で明るいデクスター、真面目で直向きなエマの23年間綴られる物語。

観る前は「出逢って何か困難に直面するも最後はハッピーエン
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

新海監督の作品の中でも一番希望的観測が強い作品だと思います思います。

作中流れるRADの曲自体とても好きですが、「映画 & PV(イメージ)」と個々の作品(音と画)が主張しあってるのでどうにも「映画
>>続きを読む

グレート デイズ! 夢に挑んだ父と子(2014年製作の映画)

4.0

家族の絆をトライアスロンを通じて取り戻す物語。

物語もさながら曲が良く合って綺麗な作品でした!

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.0

(だいぶ)軽快なテンポで進んでいく冒険の物語。

忘れっぽいドリーが唯一思い出した記憶を頼りに広大な海を渡り「家族」を探しに行く。

>|