こんさんの映画レビュー・感想・評価

こん

こん

洋画/アニメメインで、サントラ構成、キャスト良く呟きます。レビューはノロノロ更新。

映画(120)
ドラマ(0)

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.7

作品観てて思ったのは、『必ず人質に取られるリーアム・ニーソン』だなと(笑)

毎日同じ時間、同じ電車に乗り、顔馴染みの通勤者達と他愛もない会話をし、10年間真面目に出勤していたマイケル・マーコニー(リ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.5

ステーブン・スピルバーグ監督の社会派映画。
ベトナム戦争に関して報告された国防総省の機密文書が新聞社にリークされ、国民からの信頼を無くさぬよう動く政府と真実を明るみに出すべきと強大な権力と真っ向から対
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

豪華絢爛!
アベンジャーズにスパイダーマン、アントマンこれを豪華と言わずになんという!

最強ともいえるスーパーヒーロ達の謂わば内輪もめが今作品のメインストーリーとなる。

強大な力を持つ人間が集い何
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

DCの作品はMARVELと違い人間味が強い印象で(人間じゃない比率高いけど)バッドマンの苦悩しつつも行動取る姿が好きだ!

スーパーマンがいなくなった地球に忍び寄る悪。
そこで集結するスーパーヒーロー
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

主人公が聾唖(ろうあ)者の役どころなのでその分作中に流れる曲の美しいこと。そしてこの作品、マイノリティな世界観に焦点当てているのが今時っぽい、だから良くも悪くも注目浴びるなと感じたな。
異種との恋愛だ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

生まれてから27回の手術を受けた主人公、愛称『マギー』
マギーを弟に持つお姉ちゃん『ヴィア』
マギーが入学する学校案内をした同級生『ジャック』そして『ジュリアン』
ヴィアの親友『ミランダ』

皆何かし
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

ファーストミッションとサブタイトルにあるようにアンジェリーナ・ジョリーの時のような華麗さがないまさに序章。

いい意味でも悪い意味でも主人公ララ(アリシア・ヴィキャンデル)の頼りなさが終始気になってし
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

ブロードウェイをみてるかのよう。
映画を観に行ったハズなのに場面の切り替えとミュージカル、これは舞台を見ている感じなのでは?と思った。

『LA LA LAND』で話題になったパセク&ポールが楽曲を手
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

トム・ヒドルストンと言えばMARVELの「マイティ・ソー」でイメージある人多いと思うが、この元軍人役格好良かったー!なにあれー!悪役が似合うので主役って柄じゃないかなあ…と期待してなかったけど、違和感>>続きを読む

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

3.5

孤児院で暮らすエヴァン(フレディ・ハイモア)の身体には生まれたときから聴こえる“音”があり、その先には両親がいると、いつか会えると信じて疑わない11歳の男の子。
ささいなきっかけから街に出て、そこでの
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

今年の映画館での初鑑賞!
そして、2Dではなくscreen x(270°スクリーン/3面)での鑑賞も初めて!

前作を裏切らず安定したグロさ見せてくれる。ブラックジョークが好きじゃない人には向かないと
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.0

アガサ・クリスティ作品の代表作である「Murder on the Orient Express」エルキュール・ポアロシリーズが原作となる本作品。

原作まだ読んでなかったので結末が同じであるかは分から
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

作中何度も台詞に出てくる「gifted」。作品見た後、これほどまでにピッタリな原題は他にないな、と納得。

あらすじは書いてあるので今回は省きます。

キャストが良かった。ほんと。
メアリー役のマケナ
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.5

今では当たり前のようになったネット社会。むしろ生活から切り離すことの出来ないツールであり、その危険性を物語として訴えた作品。

大手SNS企業に採用されたメイ(エマ・ワトソン)がとあるきっかけを機に、
>>続きを読む

ミッシング ID(2011年製作の映画)

3.5

普通の高校生活送るネイサン(テイラーロートナー)が、カレン(リリーコリンズ)と共同で宿題をすることに。調べものをしていた時に偶然、失踪者サイトに自分の顔が載ってることに気付き動揺するネイサン。そのサイ>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

キアヌ・リーブス完全無双 再 来 !と感動。
学生の頃に観たマットリックスで衝撃受けたあのアクションがまた観れるとは…。

「元」伝説の暗殺者として、一目置かれていたジョン・ウィック(キアヌリーブス)
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

最近では観なかった上映時間、2時間44分と中々に長い。
1982年に公開された「ブレードランナー」の続編として今作が公開される訳ですが、前知識はほんのり(どういった世界観か)としか知らない状態での感想
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.5

クリント・イーストウッドの息子、スコット・イーストウッド主演のカーアクション映画。

ワイスピ(車)好きなので観に行かねば、と行ってみたんですが、お洒落。なにこの映画お洒落。アントニオ・ネグレ監督の若
>>続きを読む

7つの贈り物(2008年製作の映画)

3.5

冒頭、ベン・トーマス(ウィル・スミス)が911(救急通報用番号)に電話を掛け、自身の自殺を通報するところから始まる。

なんともまあ、不穏な空気。
なんだこれ、と途中挟まれる謎のシーンに物語中盤まで不
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

4.5

圧倒的ド迫力。スケールはんぱない。

「トランスフォーマー」シリーズ第5作目、正直言って最初の3部作が好きになれず(主人公サム(シャイア・ラブーフ)の情けなさが見ていられない)、そこまで期待してなかっ
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.7

「INDIANA JONES」「ナショナルトレジャー」とかと同じ冒険アクション映画だと思って観たら、そうじゃない。

まず驚いたのがトム・クルーズの(ニック)役どころ。
普段彼が演じるのはクール・知的
>>続きを読む

好きっていいなよ。(2014年製作の映画)

1.0

学校一のモテ男、大和(福士蒼汰)がひょんなことから言葉遣いが荒く不器用なため、友達もいないめい(川口春奈)に興味を持ち、関わり、恋をしていく青春ラブストーリー。

ひとしきり見終わって共感出来るものも
>>続きを読む

美女と野獣(2014年製作の映画)

2.5

原作に寄せた作品。

衣装が色鮮やかで美しいのですが、その他が残念としかいいようがないです。
二時間にまとめるのは難しいにしても、ベルの性格に一貫性がない。ここが一番重要なのでは?と思うのに、中盤のセ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.4

うーん、この作品の緩さといったら他作品では中々ない味。デッドプールほどやる気ない感じでもなく、かといって、アイアンマンやスーパーマンに比べると頼りなさすぎ。可もなく不可もなく。

そんな絶妙な役柄のス
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

4.0

静野孔文監督の作品になってからのコナンは推理よりもアクション重視だったので期待はなかったものの、観てみたら面白かった。

推理要素が散りばめられていて、注意深く観ていれば、犯人が解けそうな内容。

>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

4.0

初、シャマラン監督作品を鑑賞。
(以下、ホラー系完全NGなタイプの感想です。)

スリラーと銘打っていただけに、とにかくドキドキ感が最初から最後まで。本当に心臓バクバクする。
ホラーやスリラー系に良く
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.5

シリーズ8作品目。
当初のカーアクション映画からはだいぶ変わってしまったけども、アクション映画としてはシリーズ追うごとに最高にブッ飛んでる。

冒頭でドム(ヴィン・ディーゼル)が車走らせるテクニック、
>>続きを読む

ミュータント・タートルズ(2014年製作の映画)

3.8

子供の頃観ていたヒーローアニメが実写化。
リーダー、レオナルド(青)
気性が荒い、ラファエロ(赤)
お調子者、ミケランジェロ(黄)
頭脳担当、ドナテロ(紫)
4人がニューヨークに潜む悪と陰で戦い守って
>>続きを読む

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

3.5

前作が良かったので観てみたものの、ちょっと残念…。

何が残念かと言えば、題名がmazeいわゆる「迷路」なのにその要素が少ない。(ストーリーの謎=メイズと言えばまあ、主題についても違和感ないかなと無理
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

5.0

文句なしに満点だと思います。

ディズニー映画の実写化は、多くの人がアニメーションへの思い入れが強く、それを実際の俳優、女優をキャストするとなれば賛否両論、相当難しいはず。
だけども、実際観たら納得せ
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.7

ポップなのに奇妙で不気味な演出は流石ティム・バートン監督と思わずにはいられない。

1943年のとある島で繰り広げられる物語。出てくる子供達のキャラが個性溢れて不気味でもあるけど面白い。
主人公は「ヒ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.0

日本らしい映画だったなと言うのが率直な感想。
どう化け物(ゴジラ)を倒すのか、作戦会議が映画のメインでゴジラの破壊シーンは二の次な感じ。

ゴジラの形態が何回かに分けて進化するけど、CGは細部までリア
>>続きを読む

オズ はじまりの戦い(2013年製作の映画)

3.5

ホラー、サスペンスばかりのこの監督の作品は人を驚かせるのがとにかく上手い。
いかにもな静寂で数秒後に来るのが分かっているにも関わらずワッと驚いてしまう。映画館の音響なら殊更そうだろうな。

童話「オズ
>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.0

連られ鑑賞。

覆面(というか、顔だししてない)アーティストの「Greeeen」が結成されて歩んできた道を描いた映画。
若手俳優さん(菅田 将暉さん、横浜流星さん、成田凌さん、杉野遥亮さん)がGree
>>続きを読む

アサシン クリード(2016年製作の映画)

2.0

ゲーム未プレイ、事前情報なしで鑑賞。

冒頭30秒ほどで世界観の説明があるが、正直ついていけなかった。主人公の血筋がアサシンだってのは分かる、敵と数百年だか数千年だかとある物を巡って戦ってきたのも分か
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.0

MARVEL作品といえばヒーロー映画!
その作品でまさかまさかの主演、ベネディクト・カンバーバッチ。
彼の作品と言われれば知的で落ち着いた役柄が多いイメージなので「カンバーバッチ=ヒーロー」と言われる
>>続きを読む

>|