ハロハイハイさんの映画レビュー・感想・評価

ハロハイハイ

ハロハイハイ

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

3.8

まさかのロックンロール×ミュージカル。内容はないけどおもろい。

エッシャー通りの赤いポスト(2020年製作の映画)

3.7

今回は園ワールド特有の狂った映像を見るのが途中で気持ち良くなったりして結構面白かった。観客の気分をおかしくさせる程の狂気を映像で見せれるってすごい。

ただ青臭いメッセージ性が垂れ流されるだけなのと個
>>続きを読む

ロリータ(1962年製作の映画)

3.8

子供に恋するおっさんのコメディだった。おっさんがいい感じにきもくて面白かったり、チャップリン的な分かりやすいお笑いなのにびっくりした。

関係ないけどロリコンの語源とかハンバートハンバートのバンド名の
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.8

グエムルのいる漢江にゴミ投げつけるとこが印象的。こういう見せ方上手すぎやん。

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

3.8

すげぇ生々しいのに軽快に進むから余計不気味だしどこにも救いがない。だけど鬱って感じにはならないのが謎。登場人物の性格とか背景の設定が面白いし上手く話に活かされてて好き。

サスペリア(1977年製作の映画)

4.3

なんだよこの神映画、もっと早く見ておけば良かった。内容がつまらないというホラーの弱点を圧倒的映像美で埋め合わせて、肝心のホラー描写は音楽とグロで100%魅せてくれる。今までで見たホラーの中で1番好きか>>続きを読む

偶然と想像(2021年製作の映画)

4.5

まさかの自分にとって今年ベスト級の映画になってしまった。

東京03のコントみたいで、テンポは静かだけど個人的にはかなりダイナミックに展開が変わる感じがして見応えがあった。普段なら思考を止めてしまうよ
>>続きを読む

ただ悪より救いたまえ(2019年製作の映画)

3.8

アクション好き。展開が分かりやすくて追いやすいのも好き。今年は結構アクション熱かったな。

悪なき殺人(2019年製作の映画)

3.8

思った以上に緻密に練られてて良い。

悪なき殺人とも見えるし愛なき殺人って感じもした。

レイジング・ファイア(2021年製作の映画)

3.9

かなり上質なアクションで笑う。香港アクションってすげー。

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

5.0

これはマトリックス漬けの俺からプラグを抜くための映画だったのか…

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

3.8

全体的には満足。

アクションはやっぱり好きだった。要所要所にちょこちょこ挟みながら最後はド派手に持ってく。いつもの形式が守られてて安心した。

ただ内容に関してはポリティカルな面で色々と煮え切らない
>>続きを読む

ダーク・アンド・ウィケッド(2020年製作の映画)

3.8

孤独、対話、信仰、家族みたいなテーマが丁寧に描かれてる。介護する方もされる方も孤独なんだろうなぁとか、死ぬ前に一度でもいいからちゃんとお互い話し合うべきだなぁとか、信仰に逃げる気持ちも分かるわぁとか、>>続きを読む

ナチス・バスターズ(2020年製作の映画)

3.5

正統派なおバカ映画で笑えるとこもあって好きだった。

ただ中だるみと意外性の無さが致命的かも。

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.2

つまらない。

ジェイソンボーンのキャラクターはめっちゃ好き。まず頭良いし体も強くてスキルが高い。真面目だけど色気があってくそかっこいい。

でもアクションが短いし見づらいで全く楽しめないし、興味のな
>>続きを読む

モーリタニアン 黒塗りの記録(2021年製作の映画)

3.8

アメリカから不当に15年も拘束されてボブディランを好きになれるって凄いな。俺ならCD叩き割って唾吐いて燃やすくらいには許せないと思う。人格者すぎる。

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.3

見終わった直後はなんか強くなった気がする系の映画。世界観のカッコ良さに浸りつつ久々見ると意外とコメディだった事に気付く。

驚いたのはフィンチャーって今なお成長し続けてるんだなっていう。ファイトクラブ
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

3.8

古典的なホラー×新しいアクション。最後ナルトが九尾を封印するみたいになっててわろた。

空白(2021年製作の映画)

4.5

最近個人的に退屈な映画ばっか見てたからこれに救われた。シンプルにおもろい。目が離せないというか引き込まれる。音楽がほとんど使われてないのもすごい。だから元々良い音楽が要所要所でめっちゃ印象に残る。>>続きを読む

NO SMOKING(2019年製作の映画)

3.7

細野晴臣さん、とんでもない巨匠なのに音楽やってる時はちょいお洒落なおっさんみたいに見えるのが不思議。思ってたよりお茶目だし。こんなすごい人でもただ音楽を楽しんでるのも見るとなんか良いなってなる。

砂の惑星(1984年製作の映画)

3.2

タランティーノみたいな顔した悪役しか覚えてない。

>|