みこしばさんの映画レビュー・感想・評価

みこしば

みこしば

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.9

ヤベー奴が出所してくる

ソシオパスでいいならヤクザじゃなくて殺人鬼でも成り立つじゃん…しかしこの辺りが時代との折衷点なのか…

酔いどれ天使(1948年製作の映画)

4.5

命を大切にする貧乏医者の所に、肺を患ったヤクザの若者がやってくる。

口が悪い医者ってカッコいいよな………尖ってるけど根が優しいヤクザも鉄板でイカす。
三船敏郎は孤独なまま殺したい奴も殺せずに犬死に。
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.9

既婚者の従姉妹の元彼が隣の家の大富豪

あらすじ知ってても映像が派手派手でいい感じ。でも「映像がいい」って言う時ってあんま言う事ない時だわ
主人公が傍観者すぎてイライラしたかも

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.8

後がない記者の元に、財閥一家の家族史執筆の依頼が舞い込む。

もう一回観たら面白いのか…?
何もピンとこないけど観れる…

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

5.0

運命の人に出会ってからの500日

どこを取ってもベタじゃなくて工夫がある。楽しくて可愛くてメッセージはしっかりしてるけど最後は滑稽っていう恋愛映画の粋を集めたかのよう。恋愛強者な姪っ子?みたいなやつ
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

4.7

上層階から食事が降りてくる無機質な部屋。

建て付けがシンプルなのに超絶いい。黒人と降り始めてからめっちゃ面白かった。ただ最後ボカして結論出さないの最低、主人公が上がらない理由も不明

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.1

ポンコツ麻薬捜査班が張り込みの為にチキン屋を買い取る。

皆の経歴すごいの雑でいい。全体的に雑で楽しかった

鉄道員(ぽっぽや)(1999年製作の映画)

4.2

娘と妻を亡くした鉄道員が、退職間近に少女と出会う。

広末と飯食ってる時の顔が本当に楽しそうだった。
話の筋は予想できちゃう

ゼイリブ(1988年製作の映画)

4.0

肉体労働者が、エイリアンを見分けるメガネを手にする。

アイデアに映像が追いついてないけど面白い。
喧嘩なげ〜

私は貝になりたい(1959年製作の映画)

4.8

上官に捕虜殺害を強要された一般兵が、戦争裁判で死刑になる。

理不尽に胸が締め付けられて目が離せないんごねぇ

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.7

それぞれの視点での振り返りがサビな感じで思ったより盛り上がらなかったな

エヴァはヒロイン3人全員苦手だからハマれない

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

3.8

親をそれぞれ亡くした13歳4人が火葬場で出会う。

ロバートツルッパゲが言ってたから観た。
「エモいとか古っ」

映像は鮮やかでとってもよかった。こういう思春期の子供の精神状態を一人称の語りで見せて「
>>続きを読む

網走番外地(1965年製作の映画)

3.9

網走に収監されたヤクザが、危篤の母に会うために脱獄を思案する

仮釈放がすでに決まってて母ちゃんが手術受けられて無事だったっていうネタバラシ早すぎるかと思ったけど、電車で手錠切るとこすげー面白かった。
>>続きを読む

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

4.4

みんな仁義ない

ヴァイオレンスはなかなか良かったし演技が全員怖いから観てられる。でもみんな裏切るから落ち着かない。
任侠物の方がスカッとしていいなぁ

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.6

80年代広島、新米刑事が豪快なマル暴の刑事とコンビを組まされる。

ビックリドッキリクリトリス!豚の糞!
松坂桃李ってデカい権力に翻弄されてばっかりじゃね

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

4.0

つえぇ奴の気配感じて倒しに行ったり、人に仇なすメカ倒すために共闘したり、とにかく男の子。

期待させておいて地下空洞の奥行きゼロ!

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.1

兄に暴力を振るわれている少年がスケーター集団の仲間入りをしようとする。

思春期の少年を愛でる。だけ。
先行きも不安だし貧困層の話だけど必要以上に暗くならないのがよかった。

寝ずの番(2006年製作の映画)

3.8

落ちこぼれの落語一門、師匠が臨終する

師匠になんとかソソ見せようと頑張る話で終わるかと思ったら3連続…
葬式コメディやっぱりおもろい

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

4.0

もうちょい人数多かったらクローズくらい楽しかったか

このドラケンもアリ!

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

4.2

死んだ妻が遺言通りに帰ってきた。

ただのB面かと思ったらココで種明かしか…!自分の死期を知りながら8年一緒にいたんだなぁと思うとグッとくる。
でも中村獅童に気づかないのは無理あるか

途中平凡過ぎた
>>続きを読む

ベスト・キッド(2010年製作の映画)

4.0

中国に移住した少年が、アパートの管理人にカンフーを教わっていじめっ子と戦う。

女の子と仲良くなってくの面白かった。影絵のキスもクサいがなかなか良し!
敵も悪くて容赦なし、ナイス!

これ系が尻すぼみ
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

4.0

引退宣言した組織のスナイパーが、自分のクローンに命を狙われる。

序盤面白かったけど、最後のバトルが盛り上がりきらず。
本人もクローンもなに考えてるのか途中わかんなくて見てて焦ったい

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

4.5

巨大ロボットに乗って怪獣を倒す

楽しぃ〜!!
ロボットの動き遅いのグッとくる。

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

3.5

麻薬強盗犯を追う凸凹コンビ刑事

なんか見てらんなかった…
女性キャラの使い方が古い…

さすがアクションはまぁまぁ

星の子(2020年製作の映画)

4.0

両親が新興宗教を盲信している。

芦田愛菜さんのおかげで暗くなりすぎなくてとてもいい。教えを信じているような、両親の愛を信じているような、その間のような顔でめっちゃスコだった。

マブのギャルもいい。
>>続きを読む

復讐するは我にあり(1979年製作の映画)

5.0

西口彰事件

殺人シーンが異常に生々しい。
とっくみあった後に腰が抜けちゃった演技とかが細かくて凄かった。たしかにソシオパスとして映るけど、肉体的な反応は別物として描いているのが好きだった。

「もし
>>続きを読む

第9地区(2009年製作の映画)

4.2

エイリアンの難民たちを立ち退かせる男が、感染してエイリアン化する。

主人公の目線がエイリアン側に変わってくのはB級のくせに真っ直ぐで熱い…!
ドキュメンタリー方式の見せ方、実は全く要らなかった気がす
>>続きを読む

教誨師(2018年製作の映画)

4.5

教誨師と6人の死刑囚

ずーーっと会話。
死ぬほど反省してるおじさんとインテリ若者のシーンは目が離せなかった。

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

4.2

元運転手の麻薬王と正義感の強い刑事

普通に面白いけど、普通すぎる。
メリハリがないならないでもっと短くないとダレてしまうわ

スナッチ(2000年製作の映画)

4.1

ポンコツ悪い奴ら。
楽しく観てたのにお母ちゃん死ぬくだりハード過ぎて残念、人多すぎて分かりにくいからロックストック〜の方が好き

トップガン(1986年製作の映画)

4.0

エリートパイロット養成期間

起きてることは面白いけど繋ぎが下手くそであまり熱くならない
最初にパニクった奴が伏線になっていそうでなっていないなど、不満

スティング(1973年製作の映画)

4.9

旧友を殺された詐欺師が、復讐のために伝説の詐欺師に会いに行く。

詐欺集団のチーム感めっっちゃ楽しい。
一瞬もつまんないところがないのヤバい、ストーリーこねなくても演出とテンポが良ければいいんだなー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年製作の映画)

4.3

陰鬱なストーリーだけど、るーみっくわーるどが観させやがる…。
デカい石像とかバクが夢を壊すところ、アニメがすごい!

男根主義的に描かれてるとは思わなかったけど、ラムちゃんの活躍がもっと観たいというの
>>続きを読む

凶気の桜(2002年製作の映画)

3.7

渋谷で不良狩りをする愛国結社の3人が、右翼団体に目をかけられるようになる。

色々と言いたいことはあったんだろうけど、最後に窪塚が負けるのどうしたってツマンナイよね

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

会話が固有名詞頼りであんまり坂元裕二感なかったかも。

どうしても自分の性別目線で追っちゃうから、たしかに彼女じゃなくてセフレと観るべきだ

>|