とっきーさんの映画レビュー・感想・評価

とっきー

とっきー

Du 16 avril 2016. Plus de 1000 08/08/2017(基準点3.0)
評価は素直に簡潔。たまに辛口ですがお許しを。
ベストムービーは今年観た映画から。

誰かの素敵な映画に出会うきっかけになれれば幸いです。以下好きなダグ。
#ダークヒーロー#ミュージカル#実写化#アニメ #ジブリ#ディズニー#アメコミ#SF#タイムリープ#歴史#神話#実話#ヨーロッパ#猫

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.5

人魚と躍り明ける夜。
人間のエゴや父と子とガッチリしたテーマがポップにまとまってた。
湯浅監督のファンになりました。
夜は短し歩けよ乙女と合わせてポップに元気になれる映画。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.5

面白ギミックアクションに迫力満点のCG。シリーズの良さを取り戻したようでした。

バルボッサがカッコよい。
続編あるならスクリーンでみたいな。

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.0

イケメン富豪と純粋なアナの物語。前作よりライトで観やすかった。

理屈じゃなくどんな風にもなり得るから男と女は分かりませんね。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

未知の生物との対話。
静かに展開する物語に思わず息を呑む。

SFとゆうより人生、時間をテーマにした哲学的な作品だった。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

原作未読。独特な雰囲気で紡がれるラブコメ?でいいのかな。

意外としっくりきました。
展開ぶっとんでるのでそれを楽しめるかどうかは好み分かれそう。

ねこあつめの家(2016年製作の映画)

2.5

意外と主体が猫より売れない小説家の伊藤淳史だった。

もっと猫中心の物語みたかったな。

追憶(2017年製作の映画)

3.0

殺人事件をきっかけに自分達の過去と向き合う。

豪華キャストですがイイ意味でお昼過ぎの2時間サスペンス再放送の様。
一周回って新鮮にも感じられた。

無限の住人(2017年製作の映画)

3.0

バサバサ剣劇アクション。

豪華キャストだけど演出だったり演技だったりところどころ作りもの感が否めない。

planetarian 星の人(2016年製作の映画)

2.5

それでも健気に待つゆめみロボ。

この手のは何かズルいなー。

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

3.0

恥ずかしくってにやけるくらいに少女漫画だなぁー。。な映画でした。

プリティ・ヘレン(2004年製作の映画)

2.5

姉の子供3人を引き取るケイトハドソン。彼女の笑顔が素敵でした。

物語は淡々としててあんまり入ってこなかった。

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.0

スローモーションを駆使したソードアクションがゲームみたいで楽しい。
ですがほぼそれだけです。

シナリオもっと頑張ればスコア上がったかも。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.0

後編は将棋より川本家にスポットを当てた人間ドラマ。アニメも追い越したオリジナル展開。

すっきりまとまってなかなか良かった。
包み込む様な藤原さくらの春の歌も好きです。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.5

人生の明るい癒しと苦しい現実。
静かな将棋の世界にここまで引き込まれるとは。

最近の実写化の中ではかなり成功してたと思います。
猫の出番少ないのが唯一残念。

ピーチガール(2017年製作の映画)

2.0

これは。。

結局ももとカイリの演技の違和感しかなかった。

突然かかる懐メロ。どの辺の層がターゲットなんだろ。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.5

ローガン最後の逃避行。今までのシリーズと違って泥臭くてリアルだった。

思ってたより良かったけどローガンと少女とのやり取りもっとみたかったかな。

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

2.5

ザックとドウェインの筋肉と美女達のおっぱいとお尻。な映画。

CGから何から笑えるほど作りが荒い。

幸せの1ページ(2008年製作の映画)

3.0

無人島のアビゲイルとアシカとペリカンと時々トカゲ。

動物たちが表情豊かで楽しい。
物語はもうちょい続きが見たかったな。

キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー(2008年製作の映画)

3.0

記者を夢みるアビゲイルブレスリン。

少年探偵団にツリーハウス。
舞台は大恐慌のアメリカですが子どもとみられる優しい映画でした。

8月の家族たち(2013年製作の映画)

3.0

父の失踪に久しぶりに集まった家族。
会話劇中心ですがキャストが豪華なので楽しめました。

個性豊かなキャラクターと家族への秘密のぶつかり合いが凄かった。

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

3.0

誘拐された少女と911オペレーターの緊迫感。

思ったよりサイコスリラーだった。

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

3.5

人魚に黒ひげ、聖杯。

海賊っぽくはなくなったけどこれくらい落ち着いてみられる方が好きかも。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007年製作の映画)

3.0

何かごったごったで細かいとこよく分からんです。

みんな敵になったり味方になったり忙しいな。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年製作の映画)

3.0

クラーケンに水車アクション楽しい。

カギと宝箱を求めて恋愛、略奪、それぞれの思惑が交錯する物語にわくわく。。とはいかず。

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.5

今さらながら。

さすが初回は安定の面白さ。

アクションがギミック満載で楽しかった。

ラブ・ダイアリーズ(2008年製作の映画)

4.5

結婚の馴初めを娘に話す父。
聞き手は安定の可愛さアビゲイルブレスリン。

ひさびさ心に沁みました。
すれ違いに片思い。恋愛で色んな経験をしてきた人にこそ見てほしい。

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

3.0

南北戦争の頃のまだ多様な人種の縄張り争いが絶えないニューヨークが舞台。

男くさいけどとにかくカッコいい。
終盤狙い通りだろうけど何かモヤっと。

マルティナは海(2001年製作の映画)

3.0

全てを犠牲にする情熱的な愛。

オレンジすするマルティナきれい。

さすがスペイン映画でした。

イン・ハー・シューズ(2005年製作の映画)

3.0

正反対な姉と妹の素直になれない姉妹愛。

少しずつ成長していくキャメロン・ディアスの笑顔が良かった。

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

3.5

今度は料理人キャサリンゼタジョーンズの姪。
とにかくアビゲイルブレスリンが可愛い。

物語は割りとシンプルなので疲れた夜の癒しにどうぞ。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

ハドソン川へ着水して乗員を救ったサリー機長の実話。

イーストウッド監督の重厚な人間ドラマ。

彼の判断は本当に正しかったのか。

デイ・アフター・トゥモロー(2004年製作の映画)

2.5

氷河期突入。テレビで観ました。

若い頃のジェイク・ギレンホール観れたからそれだけで満足。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

出オチになりかねないオープニングだけどしっかりまとまってました。

ミスリードを楽しむ、とゆうより結果ありきで表情の変化、やり取りを楽しむ繊細な映画。
掻き立てるような音楽が良い。

あなたになら言える秘密のこと(2005年製作の映画)

3.0

メインは臨時看護師サラポーリーと火傷を負った患者との会話劇。

次第に見えてくる彼女の秘密。

想像以上に重かった。

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

多重人格サイコスリラー。

ジェームスマカヴォイの怪演が凄まじい。

閉じ込められちゃうヒロインのアーニャテイラージョイ可愛い。

キューティ・バニー(2008年製作の映画)

3.0

エマストーン美人なのに何故かイケてない役が似合う。笑

ほっこりガールズムービー。

>|