ところてんさんの映画レビュー・感想・評価

ところてん

ところてん

映画(504)
ドラマ(25)

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

-

傑作、、、純、、、、、優、、、、、、、愛、、、、、楽、、かわ、、、希、、、、傑作、、、、好、、、、、、

四月の永い夢(2017年製作の映画)

-

好き、そうゆう考えが好き。

失うことすら優しさに変えてしまう中川龍太郎が好き。


観終わっても自分の見方がわからなかったたのだけど、隣のあなたが号泣したことに意味があって、僕もその人にとっての志熊
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

-

普通に面白かった、普通に。

中村さんちの倫也くんと桃李くんがすごく良かったですの。

単純に江口洋介かっこよすぎるな。


赤ペン先生久々にみた。

市民ケーン(1941年製作の映画)

-

ローズバッドを掴んだ哀れなアメリカンドリーマー。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

-

デフォーおじさんとプリンスちゃんにカラフルハッピー。アイスと反抗。突飛なラストは嫌いではなかった。

中指クソくらえ。

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

-

大好き。

東京のネオンはもったいないほど素敵で今の気分も色々あるけど大好き。


オールタイムベスツゥ。

裏窓(1954年製作の映画)

-

面白い。

フラッシュ浴びせは笑う。

とりあえずカーテンは閉めよう。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

君が好きだということと同義にこの映画が好き。

君が僕で、僕が君です。存在が君へ介入、君が存在に。

アプリコットとハエ。

成長と無視してはいけない感情。永遠でもいい。

静かな情熱としたたかな感動
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

最高すぎる大好きすぎる。

とりあえず第2の試練に関してははちゃめちゃに笑った、面白すぎるやろ。

んで号泣したわ。

ワンハンドザエデンな虚構に逃げ切る行為を悪とする自信はないけど、あれだけ切に逃げ
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

-

めっちゃ面白いはずなのに、ダサくなってるぅ。それいるか?ってのが多すぎいい。面白いんだけどもな。良かったけども、ね。

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

-

アーキテクトの会話は良かった。ちょっとん、ってなるとこ多め。

恋人たち(2015年製作の映画)

-



こんな全てがぶっ壊れた世界でも、絶望にまみれた誰かが作った弁当を食べていて。







よし。

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

-

永い夏の終わりの夜、地続きスリープオーバー。

絶妙に最高だ〜。ギュッとなるの塊好きすぎ。

プールサイドで踊ろう。

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

-

最高の青春と鬱屈とエロ。

最盛終われど続いていく。

ひとつ忘れずに爆発を歩みたい。

オープニングと三浦透子はワクワクでできている。


劇場に安藤サクラと佑と赤ちゃん来てた、佑に子供預けて夫の映
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

-

うおいめちゃおもろいやん。

胸アツディストピア。

たらしめるものはなんやねん。

太陽と短針の間が南。

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

-

without meなシーンは良いなと思った。

なんでこんな邦題にしたんでしょう、だいたいん?ってなるし。

娼年(2018年製作の映画)

-

セックス版グレイテストショーマンはしっくり。桃李くんの桃は良い。

オンリー・ゴッド(2013年製作の映画)

-

カラオケ警部とマザコン脱出。

荒ぶった後歌う神のせいで頭がパヤパヤ。

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

-

ビートで始まる討論会とゲリラパートが好きだったけど、いかんせんパーソナルな部分が全く共感できず。

ショーンはバカイケメン。

>|