ところてんさんの映画レビュー・感想・評価

ところてん

ところてん

映画(93)
ドラマ(20)

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

全体的に綺麗な作品だと思う。
青春を過ごす女子高生と、バイト先の店長との、2つの立場から物語を捉えることができる。
現実味があり、是非青春の初めに見ておきたい作品だ。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.5

脱輪事故から導かれる中小企業の闇を描いた作品。
隠蔽の恐ろしさを痛感させられる。
それでも真実を追求し続けることで正解にたどり着くことができる。
迫真の演技が見ものだ。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.4

明日が昨日、昨日が明日になる恵美との恋愛ストーリー。
とても不思議で、とても残酷だが、恋愛とはいつでも幸せなものだ。
小松菜奈が恵美の感情を絶妙に演じており、見ていて引き込まれる。
是非見てみて欲しい
>>続きを読む

コールド・バレット 凍てついた七月(2014年製作の映画)

3.3

ガンアクション。不気味な展開を醸し出すことに成功しているように見える。
また、子供殺すという苦渋の決断が組み込まれているところが風変わりだ。
サム・シェパードの演技力に惚れ惚れする。是非みてみて欲しい
>>続きを読む

フローズン・グラウンド(2013年製作の映画)

3.3

ジョン・キューザック演じるハンセンが過去に実際に起こした殺人・レイプ事件を追うサスペンス。
言葉が出ないような残虐な話であり、見るには覚悟がいる。
北の大地のリアルな実情を物語る作品だ。

インターセクション(2013年製作の映画)

3.5

砂漠で始まったサバイバルから、実は様々な関係性が導かれていく、超展開の作品。伏線の回収が非常に上手だ。
キャストの演技力も全体的にレベルが高く、引き込まれる。
内容的には少し汚いが、見てみて欲しい。

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

-

アニメ美貌。
設定が素晴らしい作品。
過去にもおそらく重複のない設定なので、是非みてみて欲しい。

ソルト(2010年製作の映画)

3.8

アンジェリーナジョリーの演技力が半端ない作品。アクション映画として是非見てみて欲しい。
ストーリーとしては逆スパイの裏切りに対する恋愛による報復という非常に複雑なお話だ。
少しグロいので注意が必要だが
>>続きを読む

新宿パンチ(2018年製作の映画)

3.3

地方から出てきたパンチパーマ、通称パンチ。パンチが惹かれた女性は水商売で働いていたが、暴力的な扱いを受けていた。パンチが女性を救うところから始まり、スカウトとして女性を幸せにするお話。
描きたいものが
>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.5

鬱病を克服する話を、現実に即してリアルにした話。
宮崎あおいの癒しが半端ない。
もし自分が鬱病になったら、この作品を見たいと思う。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.5

やはり綾野剛が出るべくして出てきたという感じの作品。
警察官がスパイとして麻薬取引を取り締まる。
女と関わりながら必死に生きるその生き様に引き込まれる。非日常的なやり取りも見どころだ。

告白(2010年製作の映画)

3.4

湊かなえさんの傑作。
原作とは異なり衝撃な展開の順序は異なるが、映画としての演出と盛り上げ方が素晴らしい。
松たか子の叫びにゾッとするくらい引き込まれる。
面白さが十分に伝わってくるがカットされている
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

堺雅人と高畑充希の織りなすラブストーリー。
独特な世界観が持ち味の作品。体と魂が分離して魂が黄泉の世界に持っていかれると助からない。
黄泉の世界へ魂を持っていかれた高畑充希を、堺雅人が取り戻しにいく。
>>続きを読む

大脱出(2013年製作の映画)

3.9

どんな牢獄からも脱出できる男と、その男を待ち受ける試練。実はそれは仕組まれていた。
シルヴェスター・スタローンにアーノルド・シュワルツェネッガーと、とても豪華なキャストが揃っている。
リアルすぎる脱出
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.6

飛行機テロ。20分ごとに1人死ぬ。最後は爆弾で犯人自ら死ぬ。
CIAの航空保安官が飛行機を救えるかどうかのフライトゲーム。
最後は劇的な展開を迎える、良作だ。

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.2

グリーン・インフェルノは、アフリカ国の一部の国の差別的扱いに対する若者のデモから始まり、若者のデモ隊が先住民族に囚われた後をリアルに描いた作品である。
グロいシーンが多いが、演出のリアルさが伝わってく
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.6

ジェシカ・ロースが誕生日に殺されるループから抜ける物語。記憶を引き継いで読み解いていくホラーサスペンス。
結末がとても身近で驚いたが、冒頭の伏線がしっかりと回収されていた。
設定も素晴らしいが、ジェシ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

新しい視点から描かれた物語だと思った。
万引き家族は真の家族ではないが、真の家族同様に深い絆で繋がっている。
いけないことを良しとする慣行はここだけでしか許されないが、やはり現実に帰るといけないという
>>続きを読む

オオカミ少女と黒王子(2016年製作の映画)

3.0

とにかく山崎賢人くんがかっこいい笑
彼氏彼女のフリの関係から、一旦清算して、でもやっぱり好きになるという淡い青春物語。
エリカ演じる二階堂ふみの演技が上手で良い。

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.4

深い話。
生きる希望のない主人公に対し、もう1人の自分が世界から物を消していく。
元カノとの関わりと、不思議なもう1人の主人公の力が、主人公の心理を掻き乱し引き出す。
人間味のないことをしている作品な
>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.4

青山がブラック企業を辞めて自由になる話だが、その貢献者のヤマモトが現実味のないキャラでありながらすんなり読み手に入ってくるところが面白い。
ただ、辞めて自由になってそれが本当に幸せなのかは、個々人によ
>>続きを読む

ピーチガール(2017年製作の映画)

2.6

キャストが豪華。
恋愛のこじれを丁寧に描いているのだが、少し展開や設定がきつい部分がある。
とはいえこの作品が魅力的なのは、主人公の山下美月演じるももが、しっかりとけじめをつけた恋愛をしているという部
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.3

世界観が独特すぎる。
菅田将暉が小松菜奈から口を付けた飲み物を渡された際に、手で退けて唇についた液体を舐めてキスする部分が良い。

娼年(2018年製作の映画)

3.2

石田衣良の代表作。
原作を忠実に再現しているように感じるが、再現性の観点からは声ではなく目で理解せよという部分が強い印象。
松坂桃李くんがこの役回りなのは、素晴らしいが驚いた笑

何者(2016年製作の映画)

3.1

何者。
タイトルの意味は、主人公の…といった類で説明できるものではない。Twitterを利用した何者かわからない書き込みと、それを通じた人格形成。結局のところ、何者が自分を何者か語る途中で話は終わって
>>続きを読む

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.0

新宿スワンの続編。舞台を新宿から横浜に移した。
若干無理やり感あるストーリー展開だが、おもしろいことに変わりはない。
タツアキが横浜のコンテスト会場から横浜の倉庫に移動するシーン、移行の速度が早く感じ
>>続きを読む

新宿スワン(2015年製作の映画)

3.2

綾野剛演じるスカウトマンが、領土拡大しながら戦いを繰り広げるお話。ヤクザとの絡みがリアルに描写されるところがポイント。関係性を追っていくのに一苦労。
少なくとも1割は戦闘シーンから構成されるくらいには
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

ゾンビ映画をノーカットで撮るという映画が、ハプニングに見舞われ映画らしい映画となる。
撮影の裏側が2段階で描写されるので、観る側としても純粋に楽しい。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

非常に面白い作品。
追っても追っても先が見えない刑事ミステリー。
ここまで食い入るようにして見てしまう作品はなかなかない。
藤原竜也の素晴らしさが存分に出た、おすすめの一作品。

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

3.5

賭ケグルイ。
浜辺美波演じる蛇喰由美子、福原遥演じるアビリキが生徒会の元で織りなすギャンブルストーリー。ストーリー自体がギャンブルの如く仕組まれていることがポイント。
役者の感情移入が激しく、原作を読
>>続きを読む

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.3

北村匠海くんが本当にかっこいい。
大事なものを見つけた時、人は強くなれる。
感動というよりは、ひたすら北村匠海君にキュンとする話。

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.4

まさかのハッピーエンドではなかった…
感動などの感情は湧かないのに、なぜかじわっと訴えかけてくる作品。
青春を思い出す、是非見てほしい

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

私は、モトゥヌイの、モアナ(笑)
海賊王になる女だ(笑)

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

4.2

銃アクションなら間違いなくオススメできる作品。舞台はロサンゼルス。テロリスト、ニューヨーク警察、ロサンゼルス警察、FBIが出てくる2000年くらい?の作品。当時のテロリストの強さとFBIの強さが物語ら>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.6

隔離された広場に閉じ込められ、そこから出るには迷宮を通り抜けなければならず、その迷宮には怪物が潜んでいる。広場から迷宮には扉があり、朝と夕方に開く。実際には実験台として人々が閉じ込められていたという設>>続きを読む

>|