むらたさんの映画レビュー・感想・評価

むらた

むらた

映画(783)
ドラマ(0)

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.5

毎朝違う人になって目が覚める設定は『ビューティーインサイド』みたいでワクワクしたし、優しくて可愛らしいお話だった。意外な結末。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.5

ジェイクギレンホールはイカれた役が似合うねギョロ目。変だけど分解と破壊清々しい。

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

3.5

メンタル強めのときだけ見てください。

トムホランドくんはこういう役の方が好きかも、演技が映えるので。

リオ・ブラボー(1959年製作の映画)

4.5

名作だ。台詞のひとつひとつがカッコいい。日常で使いたくても使えないのが悔しい。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

5.0

深夜に1人で落ち着いて観る映画にちょうどよい、心地よい、最高な映画。
登場人物の今までと時代背景さらっと流してくれる形式面白い。本を読みたくなった。
幼馴染とか同居人との関係性が羨ましかった。わしもエ
>>続きを読む

I Am Easy To Find(原題)(2019年製作の映画)

5.0

ある女性の人生が淡々と流れていく26分。
生まれてから死ぬまでの全部をアリシアヴィキャンデルさんが演じるので、成長しても周りが老けても容姿が変わらないのが面白い。良い音楽。

We Margiela マルジェラと私たち(2017年製作の映画)

-

マルジェラ関係者へのインタビュー中心、身内ネタ。ミステリアスな存在なのは分かっているけど、もっと知りたいと思わないのは映像のせいか?
“一度入ったら抜け出せないセクトのような会社”という表現が出てきた
>>続きを読む

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

4.0

自宅ほぼ城。
見たことないような素材とか柄とか意外な組み合わせたくさん楽しい。
プライベートまで完璧主義むきだしで困った、これはなりたくてもなれない。
マリリンのショー良かった、招待状のキスマーク素敵
>>続きを読む

マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン(2014年製作の映画)

3.0

ニコラスウィンディングレフン監督の妻作ドキュメンタリー。ヒット作生み出した後のプレッシャーでなんかずっとしんどそうなおじさん。たまに険悪なムードになったり、これリアルな夫婦のプライベート映像じゃん…芸>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.5

すみませんすみませんごめんなさいごめんなさいヒィーーーーという気持ちで見た
共感性羞恥を痛いほど感じる映画しんどい

三つ数えろ(1946年製作の映画)

3.5

話についていくのに必死。
言ってみたくなる台詞多数。
急に出てくんな!お前誰や!

レベッカ(1940年製作の映画)

5.0

2020年10月21日にNetflixでリメイク版が配信されるらしいのでわくわくしています。

名前しか出てこない元妻をいろいろ想像して振り回されて楽しめました。夫人怖い、夫人怖い、うわー、えー、ひぇ
>>続きを読む

マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)(2017年製作の映画)

3.0

この居心地の悪さに無理矢理耐えました。
アダムドライバーどうしても見たかったので。

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

3.5

イギーポップこんにちは
ぎぇー全然仲良くなれないかもと思ってたら意外とまともな人
ジムジャームッシュありがとね

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!(2017年製作の映画)

5.0

マイケルケインが解説する60年代ロンドンの音楽ファッションアート全部詰め🇬🇧ありがとうございます最高です

階級の壁打ち破ったビートルズに始まり、若者たちが思う存分文化革命起こしまくる時代。わたしも目
>>続きを読む

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

-

自分には合わないのか観てて楽しいイェーイとはならない。音楽だけ好き。

One Night,One Love ワンナイト、ワンラブ(2011年製作の映画)

3.5

この映画を観たらフェス行きたい欲が爆発してしまうので困る。
手錠で繋がれた二人かわいいね。

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

何度目かの鑑賞。
🖐指を使うときにたまに思い出す。

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.0

トランスジェンダーのエルファニングのしぐさが完全に少年のそれだったのですごい。男女どちらにせよ美しいのねあなた。
レズビアンのおばあちゃんカップルが最高にクールだった。三世代全員が色んな悩み抱えすぎ。

A Lego Brickumentary(原題)(2015年製作の映画)

5.0

歴史もレゴで説明してくれるのかわいすぎ。色んな世界があるんだなあ。

踏んだときの足の裏の痛みを想像して悶絶した

シーモアさんと、大人のための人生入門(2014年製作の映画)

4.0

人生を豊かにする名言集。
優しい音楽。
シーモアさんの喋り方落ち着く。
藤井風のスピードと同じだ。
寝てまう。

>|