とみたいさんの映画レビュー・感想・評価

とみたい

とみたい

映画(1041)
ドラマ(0)

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.2

ボヘミアン・ラプソディでも思ったけど、
なんで女の人って別れたあともカレシと"善き友人"でいたがるの?
男からしたらたまったもんじゃないと思うんですけど…

ビートルズに関しては、
門外漢とまではいか
>>続きを読む

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

青くて甘酸っぱくて青春って感じ。。
アラサーになりたての25歳には眩し過ぎるお話でした。

ただ、夢か現実かっていう側面で頭抱えてる現状にはビッチシハマる所もあって、そういう意味ではかなり響く内容にも
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

この映画はアカデミーで賞を獲って完成する
そんな気がする

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

4.0

アニメ本編を見てなくても楽しめるとの触れ込みを聞いていたので、
簡単な予習をして劇場へ足を運びました。

大丈夫かなぁと心配していましたが、
とにかく見られてよかった。
素晴らしい。名作ですね。
>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

2.8

わざわざCGを使った意味もわかるけど、
だとしてもせめて2時間観るに耐えるクオリティには仕上げて欲しかった。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.8

最・最・最の高・高・高
身体の熱が冷めやらぬまま、
愛用のスマホに即・ロス・ブラヴォーズの「BRING A LITTLE LOVIN'」をダウンロードして電車に乗り込んだら当たり前に乗り過ごしました。
>>続きを読む

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

2.8

可もなく不可もなく
矢口史靖監督作の中では相当イマイチな類

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

Filmarksオンライン試写にて
ほぼ、柄本佑と瀧内公美の会話とセックス「だけ」で物語が進んでくの、すごいっすよね。


冒頭の父親が妻が死んですぐ結婚した事を話すシーンや、
帰ってこない旦那を尻目
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.0

いくつになってもハクナ・マタタの精神は大切にしていきたいよね。

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

君の名は。は観てない勢。
でもめちゃくちゃ良かった。

正直、見始め30分くらいの
「みんなが想像するであろう『都会=怖い、汚い、人が冷たい』描写」が類型的すぎてちょっとうんざりしちゃったのは認めます
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

-

激☆アツ天元突破ッ!!!!
ノリとイキオイで突き破るッ!!!!

グレンラガン、キルラキルは24話構成ってこともありカロリー過多で途中でリタイアしちゃった勢なのですが、
今作に関しては2時間に纏まっ
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

開幕早々の過去編…
おもちゃというものがそれぞれ抱える価値観を示唆するアバンタイトル…
タイトルが表示されてからのアンディ→ボニーへのウッディ継承の儀…
流れるように美しいストーリーテリングに冒頭から
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

3.2

「キミに決めた」はホウオウ視点での台詞でもあったのね。

この歳になってもバタフリーとの別れのシーンはグッとくる。

新聞記者(2019年製作の映画)

4.2

観終わって少し経ち、新宿の街を歩いている。
どうもおかしい。動悸が定まらない。

新宿ピカデリーの最上階からフロアを一つずつ降りて行くごとに、別の映画の上映から解放された観客たちによって世俗的な喧騒が
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

2.8

「普通に面白くない」としか言いようがない。
ギャグも滑ってるし、木村文乃の芝居がワザとらしくて鼻に付く。
終盤の見せ場のアクションシーンも、映し方的にヤケクソで場当たり的に暴れてるようにしか見えない。
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

3.0

映画としてはまあ…うん…。
湯浅監督作品としては「どした?」。
そんな感じの作品。
最近の微妙になっちゃった世にも奇妙な物語の感動回みたいなお話だった。


まず、エグザイルトライブだかなんだかの曲の
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

4.8

予告編を見た時点で見惚れてしまうくらい綺麗な映像に心奪われ、
これに関してはきっと、内容がどうであれ高評価になってしまうだろうなぁと思いながら劇場に足を運びました。

もう、とにかく自分の中に一本通っ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

ストーリーとしては平々凡々。
傑作とか名作といえるような作品ではない。

だけどそれで良いと思う。


この映画は本格的なサスペンスでもなければ、キャラムービーでも冒険活劇でもない。
「ポケモンがいる
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。
実録犯罪ものというテーマで描くべきことが全て詰まっている映画だと思う。


実際の人物が出たり、
ちょっとグラフィカルな表現だったり、
映画演出としてセンセーショナルな描き方をしている箇
>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

4.8

全世界を斜に構えて観てる。
ポップでシニカルで低温な園子温(愛のむきだしの頃くらいの)みたい。
マジメに見ちゃあ、この世界はちょっこし生きづらいでしょうと。
そんなカントクの感性がたまらなく好きだ。
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

「ははwwwくだらねぇwww」って感じの映画。
いや馬鹿にしてる訳でなく。

馬鹿を真面目にやりすぎてこうなったのか、真面目に馬鹿をやりすぎてこうなったのかは定かではないんだけど、
例えば子供の喧嘩に
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

予告を見るまでもなく、
「いやこんなん面白いに決まってるやん」と高を括っていたアカデミー作品賞。
なんなら「最強のふたりやん」とまで言わしめていたケド、いや正直舐めてました。

「どーせ黒人差別の意識
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.0

アナグマ女王、没落貴族、姑腐れ縁の大三角形による激レズ恋愛大戦争。
まあそこに愛なんてないんですが…。

こいつら誰も幸せになれねんだろーな〜

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

イーストウッドの監督主演兼任作である「グラン・トリノ」が10年以上前であることに驚愕を禁じ得ない状態で映画館に足を運んだけど、
その時から容姿がほとんど変化していないことの方が驚愕を禁じ得なかった。
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.5

観終わった後の脱力感がとんでもない。
やっぱ長回しって作る側はもちろん、観てる側も相当体力消費するよね。
特にこの内容じゃあね。

微妙に仲良くなりきれてないメンバーでキャンプに行った参加しちゃったせ
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

クソ最高。高等教育 年の功。
初っ端の字幕からラストの「スパイク・リーカット」までオール最高。


KKKをとっちめてやろうっていう新米黒人警官と同僚の協力による奮闘記。
そんな内容だから暗くなっちゃ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

画がすげぇ、画がすげぇと鑑賞済みの人から聴きまくっていて、どんなもんだよと観てみて一言。

「画がスゲェ。」

又聞きの受け売りだけど、
これほとんどのカットをアルフォンソ・キュアロンが撮ってるんだよ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.8

コロンビアピクチャーズのCIが流れるだけでここまでアガる映画が未だかつてあっただろうか。いや、ない。


ストーリー自体はよくあるヒーロー成長モノなんだけど、何はともあれ映像ですよね。

昔、CGを使
>>続きを読む

普通は走り出す(2018年製作の映画)

3.8

大学時代の同期に紹介されたシネフィルなおじ様に大田原愚豚舎のことを勧められて、
実はそれ以前に一回も見たこと無くて今回の見逃し上映で初めて拝聴したんだけど、スゲー好きだわ渡辺監督の映画。
というか大田
>>続きを読む

デッドバケーション(2018年製作の映画)

2.9

主演の女の子がめっちゃ可愛かったりとか、
同棲?してるオカマとか、
独特の間で繰り広げられるギャグのテンポとか、
ラストの缶がちゃんと「アレ」になってたりとか、
楽しいところも沢山あるんだけど、
あと
>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

4.5

Filmarks試写にて。

とてつもなく残酷な話の筈なのに、
ちゃんとコミカルに描いている。
そこに僕は敬意を表したい。


ぶっちゃけた話、
障碍者の妹に体売らせる兄キの話とか、
仮に現実にある問
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.2

Filmarks試写会にて。

面白い…
そしてめっっっちゃ緊張した…
観終わってから疲れがドッと出た
めちゃくちゃ良くできたサスペンスだと思いました。


まぁとにかく脚本が秀逸で、88分間全く飽き
>>続きを読む

>|