TOMOさんの映画レビュー・感想・評価

TOMO

TOMO

映画(50)
ドラマ(0)

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.9

思い出しながら書きます。→少し長かった覚えがあるのですが、兎に角何かこう、各場面場面がとても印象的で、今でもはっきり思い出せます。それだけインパクトが強かったのかな… と。


本作に影響を受けた作品
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

4.1

世界観を全く壊さずの、兎に角スカヨハ様がsexy♪ …&素敵です。

サイバーパンク大好物。笑 ^ ^

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.5

良い意味での"毒性"の塊。トムハ氏が兎に角良い。ですハイ。何故にこんなに何度も観たくなるのだろう。。

過去のMAD MAXに敬意を表しつつ、自分は本MAD MAXが好き。♪

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード(2003年製作の映画)

4.1

兎に角この"ロドリゲス感"と危い"メキシコ感"のビジュアルと爽快感がツボ。(^-^)b

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

2.4

他のジャッキー作品には類を見ないタイプの(まったく笑わない)ジャッキーのお芝居。今も尚新たなるステージへ挑戦する姿にエールです。^ ^


脚本は、「あれ?! どっかで観たような…」感は否めませんでし
>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

4.3

何か無性に本作が観たくなる衝動に駆られ、DVDを引っ張り出し、改めて観直した訳ですが…


まず、あれ?! こんなにバイオレンスだったっけ? こんなに哲学的だったっけ? こんなに面白かったっけ? とい
>>続きを読む

河童(1994年製作の映画)

4.5

受け継がれる"父親像"。と"約束"。

粗野で美しい古き茨城の風景。と相反する、E.T.を思わせる風なSFとのミスマッチの化学反応。

その瞬間の全てのものが、同時にひとつの音楽をつくりあげるかのよう
>>続きを読む

SP 革命篇(2011年製作の映画)

4.6

生涯の10本。

岡田さんはじめとするキャスト陣の結束力・本気度、熱量・アクションはもちろん(無論、製作陣然り)劇中の堤さんの長台詞が全てを語っている。


全てに合点がいった傑作。影響を受けたこと少
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.7

なるほど… ノーラン監督は脳内の"記憶"というものをこんな風に表現(実写化)するのか… 流石感服でしかない。。

ノーラン氏="映画監督"≦哲学者・科学者。と捉えています。


他言無用の傑作。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.1

まるで小説を読み進めているかの如く、ある種の期待感と共に、素直に面白かった。


もう少し長い間、あの世界観の中に居たかったなぁ…


岩ちゃん天晴れ。やっぱり"表現者"なのですね。^ ^ "天は二
>>続きを読む

香港国際警察/NEW POLICE STORY(2004年製作の映画)

4.3

ジャッキーの新たなる境地への挑戦の決意と、"無敵のヒーロー"であった今までの"ジャッキー路線"を大きく別つこととなった力作だと思います。

同時に、自分よりも、自分を超えていけるであろう未来性のある若
>>続きを読む

幸福の条件(1993年製作の映画)

4.2

鑑賞後、当時の(はじめての"彼女"とお付き合いが始まった)自分は、"恋愛"について深く考えさせられました。

突きつけられた題材が、当時の若かりし自分には本当にセンセーショナルでした。。


男女・年
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.3

官能的・芸術的エロティシズムで話題の韓国作品ではありますが、そのシュールリアリズムと演者さん方の魅力(…と挑戦)は勿論、
「なるほど〜〜、、、そういうことか!! …(の連続)」という、物語のからくりと
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.2

凄かった。。。何が凄かったかって全く説明は出来ないが…汗、兎に角得体の知れない"ヤバい感じ"がビンビン伝わってくる。。確実に何かがヤバイ。。…汗…

キリスト教が大きく関わっているという裏設定抜きにし
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.2

妻が原作を読んでおりましたので違いを色々と聞きながら… 正直終始ため息の連続でした…。。

"泣く"よりも考えました。とても。。この映画を作られた方々は勿論、やっぱり東野圭吾さんは凄いなと。。期待を
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

4.1

これは観入りました。。。決して明るいお話ではありませんが、どこか(良い意味で)日本ぽくない、というか、韓国映画っぽいのかなぁ。。流石大友さん、ツボを押さえてる気がします。^ ^

製作陣・俳優陣の"本
>>続きを読む

GANTZ:O(2016年製作の映画)

4.2

GANTZを知っている人であれば、お話の切り取り含め凄く頷ける完成度だと思います。難しいこと抜き、ストレートに拍手!という感じ。^ ^

兎に角ビジュアルが流石!女性キャラは特に♡♡♡。笑

レンタル
>>続きを読む

ウォーリアー(2011年製作の映画)

4.7

どちらかと言えば男性向け(目線)なのかなぁ… と思いながらも、お話の良さ・深さに加えて、本作のMMAファイトシーンの完成度の高さ(*個人的にはおそらく"ロッキー"のそれを超えているであろう)には敬服>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

4.2

またとても素敵な作品に出会えました。。ずっとさざ波の音を聴いているかのような、、心地のよい静かさで。ため息と頷き。。涙は… やっぱり我慢出来ませんでした。。

この作品の佐藤健君はとても好き。小林武史
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

4.2

いやぁ、、、涙、涙、涙… 最後、石田さんのところでは我慢出来ず(妻ともに)大号泣でした。。。
日本はほんとこういうの素晴らしいなぁと。皆さんとっても素敵でした♪

きっと劇場では嗚咽と鼻水の嵐だったろ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

単純明快なストーリーにストレートなメッセージ性、妙な小細工一切抜きで面白かった!流石です^ ^

そしてこの後バック・トゥー・ザ・フューチャーを観直したくなるのは皆さんも一緒でしょうか?笑笑


個人
>>続きを読む

YAMAKASI ヤマカシ(2001年製作の映画)

4.3

これはほんとに素敵な作品ですよね〜^ ^ 妻とまだお付き合いしたての頃、一緒に観に行きました♪

フランス映画のエスプリも効いて、それぞれのキャラクターも皆愛らしい。ひとつの目的のため勢揃いした眺め
>>続きを読む

>|