トモクルーズさんの映画レビュー・感想・評価

トモクルーズ

トモクルーズ

映画(172)
ドラマ(0)

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

新シリーズとはいえ、ニッキーを殺さなくても〜。カッセルの撮し方としてこれ以上ない登場シーン。

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

4.0

毎週とても楽しみにできるドラマでした。監督が撮す不気味が秀逸。スピンオフドラマであるこちらの方がずっと実力発揮されている。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

WOWOWドラマを先に観ていたので、ん?なんだか緊迫感がないぞ、なんだか作りがちゃっちいぞと思ったわけです。役者の演技もエキストラの動きも音楽もなんだか不自然だぞ。途中で気づきました。ドラマと違って映>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

5.0

音響効果もミュージックアレンジも、美C街や自然の切り取り方も、カーアクションも銃撃戦もフィジカルファイトもアクロバットも、すべてが抜けている。予想通りというか当たり前というか、比類なきというか桁違いと>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.5

はじめから最後までしっかり作られた非常に楽しめる映画。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

2.0

描きたかった世界はなんとなく分かるがうまく描けていない。かっこいい映画を撮りたいというだけで作ってしまった学生作品のよう。俳優たちの熱演が非常にもったいない。

アフターマス(2016年製作の映画)

3.5

シュワ尻で始まる。
名作の予感。
ソファの座り方。
意味のない暗示。
謝ることの大切さ。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

娘のことだけには激昂し、娘のために人を殺し、娘のために自分も死ぬ。タイトルが安易すぎて悲C。

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

4.5

ゾンビ映画サイコー。こうやって着々とゾンビ映画も進展していく。猛ダッシュしたり、ゆらゆらしたり、ゾンビの設定がしっかりしてる。
第2世代!スバラC!
植物化!スバラC!
何よりロンドンのまちがそれっぽ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

そんなに面白い話でもなく、終盤の作りが甘い。音楽映画としてもっと凝っても良かった。スペイシーの轢かれ方がスバラC。

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

4.0

ノオミのスバラCさ炸裂。
そのうち現実世界でも、人類史上最大規模の間引きがおこなわれるのか、戦争がスタビライザーとして働くのか、あぁ泣ける。

フリークス・シティ(2015年製作の映画)

4.5

最初から最後まで全く予想不可能なサイコーに楽C映画。やっぱりゾンビ出てればだいたい面白いね。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.5

映像や音楽やストーリーやキャラなど、誰が観てもがどこかにはグッとくるスバラCが散りばめられたスバラC映画。これから野村訓市は次々と世界的な仕事をするのでしょう。それがとてもうれC。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

2.0

実在の人物の名前を挙げながらも、全く史実とは無関係に描かれているせいで安っぽい仕上がり。第一次大戦を題材にした意味全くなし。余計につまらない。架空の戦争で充分だったはず。ただ世界一美Cと思われる女性が>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

1.5

おっとっと、何にもないぞ。
たしか原作はベストセラーじゃなかったっけ?ありゃ、膵臓食べないんだ。
女の子可愛いからまぁいいか。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.0

もらうばっかりだった男が立ち止まってぶっ壊して再生してやっと気付くという話 邦題つけた人商売上手。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.5

とてもせつなくなる映画。自分たちは被害者であるという勘違いをアメリカ市民が持ち続けている限りテロはなくならない。とまどう群れたちは操作され、ひどく偏った自己都合の愛をもって、悪の支持者となる。それを見>>続きを読む

岸辺の旅(2015年製作の映画)

5.0

非現実的な状況をさらりとぐぐぐっと僕らに近づけるスバラCロードムービー。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5

どこにでもある大金かけてたくさん人が死ぬ時代戦争映画の超弩級版 加えて、いつもどおり理解不能のインド映画エッセンス 加えて、前編かよ

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

5.0

パート1派とかパート2派とかゴッドファーザーなんてつまらない派とかありますね。今回はいろんなサイトのそれぞれの意見読んでから今年初めて合計50回目くらいの視聴。う〜ん、めちゃめちゃ面白い。パート1もパ>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

5.0

小学生の頃から10回以上観て、大人になって初めて劇場スクリーンで観た。それまでもベストだったが改めてこれが映画の頂上だと勝手に決めた。今日も、ちらっとみるつもりがイッキにソッコーで世界に巻き込まれた。>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

5.0

これが映画だ!という完璧な映画。映画は脚本じゃない!距離と方向、タイミングとボリューム、才能と科学技術、スバラCの向こう側だね。

暗黒女子(2017年製作の映画)

2.0

ラストがすごいとジャケットに書いてあるので最後まで頑張りましたが、全くおもしろくありません。それは僕が女子ではないからでしょうか。

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

火星生命体の扱いがちょうど良く楽しめる映画。伏線や含みをもたせる場面もなく一直線なんだけど、状況や心情を見失うところがところどころいくつかあり、すごく面白いわけではない。

永い言い訳(2016年製作の映画)

5.0

救われないつらい美C映画。
深津絵里の海のシーンだけで5点

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

2.0

映画にするほどでもないドラマに超豪華キャスト。超豪華のせいでスベる。

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.5

設定の割に子供向けの仕上がり。
続編ありきなのかな。
続編いらないけど。

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.0

アメリカの教師は自由に好みの理論を教えることができるのだろうか。弁証法を子どもにとってわかりやすい形で伝える。とまどう群れとしてではなく、市民としての社会を見る目を養おうとする教育はスバラC。