ともちんさんの映画レビュー・感想・評価

ともちん

ともちん

24歳、邦画、洋画を超えて、色んな国の映画を幅広く。最近はヨーロッパ映画を重点的に。
好きな俳優はロバート・デ・ニーロ。ヴィム・ヴェンダース、ガス・ヴァン・サント、ソフィア・コッポラ、大林宣彦、山田洋次が大好き。

映画(1254)
ドラマ(0)

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

黒人の新人警官が、KKKへ潜入捜査!実際の潜入担当はユダヤ人で、、。ユダヤ人や黒人が、権力を持つ白人をやっつける!という構図が痛快。
KKKの内部の人々の価値観は、あまりに極端。彼らとの駆け引きがハラ
>>続きを読む

たちあがる女(2018年製作の映画)

4.0

ガンジーとマンデラを尊敬する女性が主人公。音楽の先生をする一方で、環境保全のため、電線をカットしたりと、政府への反逆行為をしている。そのことで政府から追われてゆく、、。監督のベネディクト・エルリングソ>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.5

売れない小説家で、バイトで探偵をするバツイチ子持ちの良多は、元妻が再婚をしようとしていることを知り焦るが、、。親に依存し、プライドもない。子供への愛情はあり、生きてゆく上で大切なものを伝えて行きたい想>>続きを読む

まぼろしの市街戦(1967年製作の映画)

4.0

第一次大戦後、敗走中のドイツ軍は占拠したフランスの小さな街に時限爆弾を仕掛けて撤退。爆弾解除を命じられたイギリス軍の伝書鳩係、プランピックは街に潜入するが、住民が逃げ去った街では精神科病院から解放され>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

熊谷市から結納に向かう3人家族の一家は、車の中で、かつての都市伝説をラジオNACK5で聞く。それはかつて埼玉が東京から迫害されていた時に立ち上がった伝説の麻実麗についての物語だった。
GACKTと二階
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.0

アポロ11号で月に降り立ったニーム・アームストロングの知られざる物語。ソ連に月にまつわるプロジェクトで後れをとっていたアメリカの状況。その中での宇宙飛行士たちが置かれた状況、訓練などが克明に描かれる。>>続きを読む

ハートブレイカー(2010年製作の映画)

3.5

ロマン・デュリス×ヴァネッサ・パラディのラブコメ。別れさせ屋のプロのアレックスは、社長令嬢を別れさせる依頼を受けた。彼女は幸せそうに見えたが、アレックスも借金があり、。どこか孤独を抱えたマリッジブルー>>続きを読む

愛と喝采の日々(1977年製作の映画)

3.5

子供を産むことを選んだ女性と、バレエダンサーとして成功した女性。二人の友情と葛藤を描いた作品。バレエシーン美しい。

ロブスター(2015年製作の映画)

3.0

独身者は、制限時間内にカップル成立しないと動物に変えられてしまう、。カップリング至上主義の世界の中、一人で生きてゆく反体制グループへ入った主人公はそこで真の恋をしてしまうが、。
独特な設定が面白い。構
>>続きを読む

魔術師(1958年製作の映画)

3.5

旅芸人が、魔術を信じない警察に、魔術について問いただされ、。暗闇や鏡を使った演出など面白い!

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.5

メリーポピンズが帰ってきた!CG技術で、階段を直線下降するだけでなく、器の中に入って行ったり、お風呂の中の世界へ入って行ったりと子供達に夢と希望を見せて行く。前作で使われていた音楽に加え、新曲でも盛り>>続きを読む

木と市長と文化会館/または七つの偶然(1992年製作の映画)

2.0

村長が、文化会館を作ることを提案する。建築家や村民などを巻き込みながら、7つの章に分けられながら、議論がドキュメンタリー調に切り取られた作品。ファブリスルキーニなど、饒舌なフランス人キャストが、ひたす>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

5.0

トラウマを持つFBIの男が、隔離された凶悪犯罪者の精神病棟へ、失踪したレイチェルの操作という名目で派遣される。しかし、彼には家族を殺したこの島にいるだろう男と対面する真の目的があった、、。ディカプリオ>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.5

まだ分断されていたドイツを舞台に、舞踏団では若い女の子が次々と行方不明になっていた。。
ダリオ・アルジェントの『サスペリア』を『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダリーノが再解釈!ルカ・グァダリーノの
>>続きを読む

バスキア、10代最後のとき(2017年製作の映画)

5.0

70年代後半から80年代前半のNYが舞台。当時のNYの経済、アート、音楽シーンをとても上手にキャプチャ。ドラッグ、エイズ、社会問題などが孕む中でバスキアとはどういう存在だったのか、描かれる。天才だった>>続きを読む

早春(1956年製作の映画)

4.0

夫婦関係がうまくいっていない男がある日浮気をしてしまうが、、。苦悩を抱えた男を池部良が好演。

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

5.0

学校でいじめられていたオスカーは、エリと出会い恋をするが、、。寒々しい北欧の世界観に生きるエリのヴァンパイアっぷりが美しく、父がエリのために生き血(食事)を運んで行く愛にも感動。オスカーがエリと出会う>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

3.5

どら焼き屋で死んだように雇われ店長をしていた千太郎は、アルバイトを希望してきた年配の徳江さんを雇い、あん作りに精を入れ始めるが、、。樹木希林さん演じる徳江さんが素晴らしい。社会的に抑圧され、影の存在と>>続きを読む

ミスター・マム(1983年製作の映画)

3.5

二人の子持ちでエリートの夫はある日休職を言い渡される。妻は主婦のキャリアを生かしてキャリアウーマンへとなってゆき、主夫である夫との間に距離が生まれて行くコメディ。
『ホームアローン』『フェリスはある朝
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.0

自身の容姿にコンプレックスをもつレネーは、ある日頭を打ったことをきっかけに自分が最高の美人に変貌した魔法にかかった、と思い込み、人生が好転して行く。
アメリカで大人気なコメディアン、エイミーシューマー
>>続きを読む

恋愛小説ができるまで(1990年製作の映画)

3.0

『危険な関係』のような話で、小説のネタのために女性をオトすことになり、、。ファブリス・ルキーニのひょうひょうとした演技が面白い。

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.0

ファッション素敵。夫婦や恋人とのすったもんだが面白い。ドラマ版から観たい。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.5

町外れのドラッグクィーンのバーで歌うアリーは、大人気ロック歌手のジャクソンと出会い、才能を世に認めさせて行く。レディーガガの人生を地でゆくようなストーリーにはとても説得力があった。最初のライブシーンで>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

4.0

2214年、世界は滅亡の脅威にさらされていた。世界を救う要となる美女リールーは、タクシー運転手のコーベンダラスと共に立ち向かう。
勧善懲悪ものながら、ところどころ笑えるシーンがありコメディのようでもあ
>>続きを読む

河内山宗俊(1936年製作の映画)

4.0

居酒屋に居候する河内山宗俊と用心棒の金子市之丞。借金のために身売りをすることになった甘酒屋の娘を救うために立ち上がる…。
テンポ良く、時に笑いありで引き込まれる。当時15歳の原節子の初々しさにも眼を見
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

1970年、メキシコシティの家庭で働く家族と、家政婦クレオの日常が描かれる。クレオはやがて妊娠がわかるが、、。モノクロームと圧倒的な映像センス、美しい構図が印象的。随所での長回しも効果的。生と死、そし>>続きを読む

山猫(1963年製作の映画)

3.5

イタリアで統一戦争が起きていた頃、シチリア島でファブリッツォは新たな貴族の新勢力が現れたことに気づきつつも誇りを持ち続け…。後半の半分を舞踏会のシーンが占める。その中でも、若いクラウディア・カルディナ>>続きを読む

モーターサイクル・ダイアリーズ(2003年製作の映画)

5.0

若かりし日のチェゲバラが友人と一緒に一台のバイクで南米を旅行する…。南米でマチュピチュなどの美しい風景、愛する人、ハンセン病患者、地方で生活する人などとの出会い。それらが真面目で優しい心根を持つチェゲ>>続きを読む

バルバラ ~セーヌの黒いバラ~(2017年製作の映画)

3.0

映画監督がバルバラを題材に、新作を撮影しようとするが、バルバラに扮した存在に次第に魅力されてゆき、、。ピンヒールを履いてゴージャスに着飾ったジャンヌ・バリバールが素敵。バルバラの歌も良かった。時々ジャ>>続きを読む

不滅の女(1963年製作の映画)

3.5

トルコへ来た男は、若い美女を探す、、。アランロブグリエが脚本を手がけた『去年マリエンバードで』のような、静止した絵を俯瞰で見るショットが相変わらず美しい。色々な話が散りばめられていたり、過去がリフレイ>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いたドラマ。音楽がやはり最高!会話の中で名曲が誕生しているような演出もよく出来ている。基本的にクイーンのメンバーとフレディのパーソナルな部分にフォー>>続きを読む

Ryuichi Sakamoto: CODA(2017年製作の映画)

4.0

日本が誇る世界的音楽家、坂本龍一のドキュメンタリー。病を経て、休業するも『レヴェナント』の映画音楽を引き受ける。現在の生き方に迫る。
YMO時代や、過去のインタビューも随所に挟み込まれることで、反原発
>>続きを読む

十戒(1956年製作の映画)

3.5

旧約聖書の出エジプト記を描くスペクタクル歴史大作。救世主を望む世間でのモーゼの誕生から、紅海での有名な海が割れるシーンまで。
神による火の柱、海が割れる場面の実写とアニメーションの融合した描写が面白い
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

4.0

ツーリストの案内や庭の剪定師をして生計を立てるダヴィッド(ヴァンサン・ラコステ)。
フランスの穏やかな日常がイスラムによるテロで一変。恋人候補もケガしてしまう。お姉さんの娘と一緒に暮らしはじめ、、。ア
>>続きを読む

世界はリズムで満ちている(2018年製作の映画)

3.5

ドイツへ留学するためにがんばる看護師に恋した青年。彼女から「何か意義あることをあなたもやったら?といわれ、もともと映画俳優のおっかけだった彼が家業であるインドの伝統楽器ムリダンガムの作製を父に習ううち>>続きを読む

冷たい汗(2018年製作の映画)

3.5

夫の承認がなければ海外へ出国できない法律を前に、アフルーズは迫る決勝戦の日を前に対策を練る。SNSが登場し、me tooのように著名人などがアフルーズを応援し始めるのはリアリティあり面白い。男性優位の>>続きを読む

>|