パンチさんの映画レビュー・感想・評価

パンチ

パンチ

映画(46)
ドラマ(0)
  • 46Marks
  • 61Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.4

中盤までは気がついたら口が空いたまま見ていたような気がします。
そこから終盤にかけて目が離せない見所がたくさん有りドキドキしながら頭抱えて見てました。

富裕層にしかわからない苦悩と幸せ、貧困層にしか
>>続きを読む

洗骨(2018年製作の映画)

3.6

すごく沖縄らしいナチュラルな作品です。
自分は、ちょっと期待しすぎてしまって感情移入できませんでしたが
伝統の風習を映画を通じて知ることが出来た事が嬉しくおもいました。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.8

ファイナルファンタジーのオープニングの音楽が好きです。
ゲームのキャラクターの分身を異性にしがち
今の時代、ネットゲームで友達ができるのもわかる気がします。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.0

また、広島の大和ミュージアムにいきたくなりました。
最後のシーンは、鳥肌もんでした。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.3

育児放棄、虐待は、人生を狂わします。最高傑作の映画でした。

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

とにかくもう一度見たい❗
じゃないとわからないところがたくさんある、つくづく作品を作る人ってすごい😆⤴️と思う。

凪待ち(2019年製作の映画)

4.5

自分も、競馬を仕事をしながらも楽しみでやりますので郁男の気持ちを重ねながら鑑賞させていただきました。

ネタバレになるのであまり書き込みませんが
何かの歯車が狂えば誰でも郁男みたいになると思った。
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

アベンジャーズシリーズは、
とにかく固定概念を払拭させてくれるありがたい映画です。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.8

アベンジャーズいやマーベルシリーズは今まで絶対見そうにない映画でした。
見たとしてもスパイダーマンくらいでした。
一度見てみなよと進められて見たところまさかのどはまりでした。

そして15作品は見ての
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.8

強さとは何なのか?パワーだけじゃなく自分が弱いコンプレックスがあるがゆえに人の気持ちがわかるヒーロー像は、やっぱりいいですね、
アイアンマンに引き続き産みの親が悲しいことに・・・

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.1

トニーの嘘のつけない人間性がいいですね。
なぜか気持ちが体から漏れてる

怪盗グルーのミニオン危機一発(2013年製作の映画)

3.6

何も考えないで見れるし笑えるミニオンの性格がうらやましい~

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.0

想像力をかきたてられる作品でした。世界観はすごく良かったです。
あれとこれは関係があるとか考えながら見るのもまた、面白い。

結局、自分には歯医者のお姉さんの存在が深追いしすぎて何者なのかわからなかっ
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.7

誰でも1つや2つは内容は、違えども人には言えない過去があると思います。
そしてその罪や出来事はなりたくてなったものでもなく人生で経験したことがない選択肢や自然の成り行きで罪を起こした人もいるでしょう。
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

『約束する』と言う言葉の軽さ
と重みが際立つ映画

バカな感じと純粋な感じは紙一重
世間体のよさとずるさは紙一重

エール!(2014年製作の映画)

4.0

最後のオーディションの歌のシーンは、泣きたくないのに不思議と号泣してしまう現象が起こった。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

何もしない大切さと何かに挑戦する大切さを人間のいるせかせかしてる現在とプーさんのいるエーカーの森の調和が見事❗
ズオウとヒイタチは、人間界にもいるもんです。

俺物語!!(2015年製作の映画)

3.6

この映画を見て永野芽郁ちゃんがすきになりました。この人は、これから活躍するだろうなと思った作品、鈴木亮平さんの演技力は、いろんな役を変幻自在にできて素晴らしかった。

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

八角役の野村萬斎さんが最後にエンディングでいった言葉が印象的だった。
自分の尊厳よりも会社の尊厳を重きにおく日本独特の風潮に
考えさせられました。

正義とは何か、生きてることの意味的な要素もあり、感
>>続きを読む

みぽりん(2019年製作の映画)

4.4

松本監督処女作、完成披露試写会に行ってきました。
人間誰しも 
陰の部分と陽の部分があり憎しみや妬み、後悔などをアイドルという観点からホラーの要素と笑いの要素をコミカルに描写してました。いつまでも過ぎ
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.3

在日の方の人生の物語、号泣とかすることはありませんでしたが、
内容は、良かったです。共感できないと言うことは
何一つ不自由無しで生活出来てるからだと思いました。
自分が今できることは、人種、性別関係な
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.3

ちょっと目を背けたくなるシーンもありましたが内容は、すごく面白かったです。寝る前に見ると興奮して寝つきが若干悪かった。
それぐらい出演者の演技に迫力があった。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

4.0

物が溢れている世の中で当たり前に生活出来てる毎日に、ちょっとストップをかけてくれる。
けどまた、戻ってしまうその繰り返し
映画には、そういう要素がありますね。

生きる(1952年製作の映画)

4.1

「私は、30年間仕事で何をしてたのか?」その言葉が印象的だった。
人は、その立場にならないと見えないことがあるし見えないまま死んでいく人もいる、
[生きる]と言うことの意味を考えさせられた孤高の名作

>|