とももさんの映画レビュー・感想・評価

ともも

ともも

  • List view
  • Grid view

9INE ナイン(2009年製作の映画)

2.5

ジャケットが『SAW』に似てて気になって借りた!
チョーク意味ある?たいして使ってないじゃん。
マスク被る意味ある?脱いだところでみんな顔知らないんじゃない?
最後のシーン意味ある?あんな終わり方だっ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

1.2

それが見えたら終わり?
終わった?
ピエロの目的がいまいちわからん。
ルールというか規則性がないと怖さは激減すると思う。
一番怖いのは頭のイカれたいじめっ子(笑)
いろいろ中途半端で途中からコメディ映
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

そう遠くない未来の、現代社会におけるSNSの影響力の恐ろしさを体感した。
プライバシーは絶対あった方がいいが、逃亡犯を追うってのは良いアイデアだな。
エマ・ワトソンは綺麗になったなぁ。
トム・ハンクス
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.5

人の携帯には興味がないし、持つ気もない。
月食を二人で眺める老夫婦。ああなりたい。

大人は秘密を守る♪

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

未来を知ることができても、未来を変えることはできないのか。
それでもハンナを出産するのか。

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

1.0

BGM一切なし。
テンポも遅く、疲れる映画。
たぶんすぐ記憶からなくなる。

追憶(2017年製作の映画)

3.5

少年3人。
大人になったら、警察、容疑者、被害者。
なんだか『ミスティックリバー』を思い出したなぁ。
結末は全然違うけど…。
安藤サクラの演技はいいね!

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.0

戸田恵梨香のとこより、寺島進のとこと里見浩太朗のとこが良かった!

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

4.5

内容はもちろん良かったが、一人七役を演じ分けてるのがホントに凄い!
途中、同じ女優さんというのを一瞬忘れかけた(笑)
子供の頃は月曜日が嫌いだったなぁ…。

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

4.0

最後のたたみかけの伏線回収はスッキリした。
音楽が世界を救った。
森山未來がひたすらかっこよかった。

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

3.5

たしかに『相棒』っぽいね(笑)
90分ってサイズ感もちょうどよく、まとまりもあって良かった!
続編も観てみよっと!

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

4.0

T.M.Revolutionが出てきたと思ったらミラジョボビッチだった(笑)
銃撃戦に『ダイハード』のような緊迫感はないが、コメディを入り交ぜたテンポ感が魅力だろうからそれは求めちゃダメなのかな?
>>続きを読む

記憶探偵と鍵のかかった少女(2013年製作の映画)

2.0

中盤から展開が予想できた。
邦題のせいか、変な先入観を持って観ちゃったなぁ~。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

強く、そして美しい!
アクションシーンは素晴らしい!
この手の映画の警察はホント弱い(笑)

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

3.5

6つの時代それぞれがとてもおもしろい。
序盤は少し頭が疲れたが、だんだんのめり込んでいく。
回数を重ねる度に深みが増してく作品。

セブン(1995年製作の映画)

5.0

サイコサスペンススリラーの最高傑作。
ブラッド・ピットのラストのシーンの演技で彼の大ファンになった。

デビルズ・ノット(2013年製作の映画)

3.5

ヘビメタ、オカルト好きですがなにか?
大事なとこが字幕で終わる。

ギミー・ヘブン(2004年製作の映画)

2.3

役者で選んだがいまいち。
『共感覚』の世界には興味を持った。

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

4.2

警察、容疑者、被害者の父。
容疑者の妻!ダメよーダメダメ!