ともや

ともや

ミーハーです

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.9

サブカル度高めな青春映画
橋本愛と永野芽郁がめちゃくちゃかわいい
ちょうどこの前就活で東京行った時に行った井之頭公園が舞台で、吉祥寺の見たことある場所がたくさん出てきて嬉しかった

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.8

仲間となにか特別な時間を過ごした後、普通の日々に戻っていくけど、思い出とか成長とか特別なものが残ってるっていうこの切なくてあったかい大好きな感じ"夏休み最終日感"を味わえる作品のなかでも最高傑作!

サマー・インフェルノ(2015年製作の映画)

3.7

ありそうで無かった、一定時間経過したらゾンビから正常の人間に戻っちゃうタイプのやつ 面白い

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.6

人に薦めにくい、ある意味ド変態な映画
毒々しい強烈な色とか、キューブリック的なシンメトリーな構図(そういえばレッドラムが何とかってセリフあったな)とかめちゃめちゃ好き

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.8

信仰は強い人をより強くするのかも
デズモンドが、神様もう1人助けさせてください。と祈りながら救出活動を続ける姿に泣いた

そしてこの映画で特筆すべきは戦場のシーンの恐ろしさ
戦場である崖の上からポタポ
>>続きを読む

映画よ、さようなら(2010年製作の映画)

4.6

DVD化されてない2010年ウルグアイの隠れた名作
来月に閉館が迫った立誠シネマで見た
終わりは始まり 人生は続く

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

4.2

正直フューチャー&パストで新旧シリーズ同時に終了感あったからオマケ的な感じ
マカボイプロフェッサーがベンチャー社長みたいな見た目からスプリットになる過程

X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2014年製作の映画)

4.2

せっかく新シリーズになったのにブライアンシンガー復活かよ!と思ってたけど、おもろかった
大胆かつええ感じに旧シリーズに決着つけたなと思う
未来と過去で同時進行でクライマックスに向かうところとか興奮ポイ
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

3.0

僕は否定派です!日本人キャストにストレス感じて集中できまへん

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

4.5

マシューボーンらしいスタイリッシュさと青年チャールズ&エリックの爽やかさにクラクラした
間違いなくシリーズ最高傑作

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.4

意外とあっさり…
2で大活躍してたミスティークもっと見たかったな

>|