tonntさんの映画レビュー・感想・評価

tonnt

tonnt

オフィシャル・シークレット(2018年製作の映画)

3.1

シリアス…守秘義務はあるけど正しいのはどっち…って考えながら観てたけど…裁判の結果より本当に悪い政治家が責任とらないのとかがムカついてしょうがない感情で違う視点になってた。

スペル訂正した新聞社社員
>>続きを読む

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(2020年製作の映画)

3.0

30年前…ばかっぽいコメディだと覚えてたが時間たちすぎると笑える訳でないが変な感覚でみれた。懐かしいというか…キアヌリーヴスこの映画のイメージからマイプライベートアイダボであれ?ってなってハートブルー>>続きを読む

ノンストップ(2019年製作の映画)

3.2

ちょっとくどいコメディ部分多かったが面白くみれた。

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.7

ストーリー 構成よくできてて面白かった。よく考えたらありがちな題材だけどシリアスなドラマでもアクションでもコメディでもなく逆算して作ってるみたいですごい。
ちょいちょいある笑いも派手じゃなくちょうどよ
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.4

キュンです!ってこの映画から?
先駆けなんだろうか?
違うんだろうけど…流行ってた指じゃなくて胸に手をあてるこのポーズの方がしっくりきた!
30までに消えるって納得できた。

半沢直樹思い出したり色々
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

3.5

ミステリーサスペンス的な久々の上質な
邦画。
あまりバタバタしてないところがよかった。キャストみんなうまい。
最近多いボソボソ喋る俳優もいなかったし。
重い題材でみたあと考えさせられるけど嫌な気持ちが
>>続きを読む

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)

3.0

ニコールキッドマンがず〜っと痛々しい。

新境地に挑戦なんだろうがなぜか惜しい。

オープニングとその回収やノワールっぽい世界観もいいけど好きなだけになんかもったいない。

ちょっと無理が多すぎなのか
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.4

この手の映画はかもめ食堂がいちばん。

淡々としてるのは昔から東京物語とか
数多いけど最近の淡々系ではこれは超えられない。
やっぱり猫がすき を見てたからだろうが淡々としてて派手じゃない女優さんたちが
>>続きを読む

そらのレストラン(2019年製作の映画)

2.8

しあわせのパンと同じく。

大泉洋がいいけどもったいない気が。
淡々系の映画は好きだけど似てくる。

しあわせのパン(2011年製作の映画)

2.8

原田知世 妙にこわい。

大泉洋はこーゆー淡々とした映画もいいけど似合わない。清洲会議とかもっといいのがあるって…これ褒めてるつもりです。

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

3.4

三谷ワールド 初映画。
舞台感をすごく感じる。
くどいけど面白い。

細川俊之 井上順 おひょいさん
脇役みんな自然でいい。うまい。

みんな好き勝手やっても
最後ちゃんちゃんの時代。よかったなぁ。

リーサル・ウェポン4(1998年製作の映画)

3.1

リーサルウェポンのチーム集大成?
最後 写真とるとこすべて。

80年代からの楽しいいい映画シリーズだった。

リーサル・ウェポン2 炎の約束(1989年製作の映画)

3.2

とにかくパティケンジットがキレイで
衝撃的だった。声高いのもよくて当時のバントも聞い始めた。

派手さがまして妙にリッグスが明るくなってく。

リーサル・ウェポン(1987年製作の映画)

3.2

メルギブソンのシリーズ物!と
いわれて真っ先に浮かぶやつ。

自殺願望?どーなってもいいのど
波風立てなくない刑事のバディもので面白かった。

この時代は当たり前なありがちな構成だったけど今みるとめち
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.6

予告で続編にクリスパインがまた出る?って見た時はどーゆー流れにしても期待できないってハードル低かった分かもしれんが予想より随分良かった。

本当の元々悪人はいないし出てない。
全く同意まではいかないけ
>>続きを読む

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)

3.2

極端な演技してないジョニーデップ久しぶり。
ハリウッド版の「生きる」みたいな映画かと思ってたけど違ってた。少し文学的。 
こどもの事 気持ちわかる。
奥さんとのやりとり理解できん。
感動してすごくよか
>>続きを読む

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

3.2

実話?
中国も隠蔽しないで改善されること出来るようになってきたのかな…と思った。
インド製のジェネリックがまともでよかった。

映画としてよく出来てたと思う。
日本でリメイクするならムロツヨシ!と
>>続きを読む

狂武蔵(2020年製作の映画)

3.2

すごい!

ただもっとすごい映画になってた気がする…。

9年前の映像をやっと映画としてできた作品?77分ワンカット!?を宣伝に出し過ぎてて…死体がでたりでなかったり似たシーンになっちゃってたり…77
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.1

回収できてよかった。

MIBはいつも悪役の俳優が主演2人に比べると弱い気がする。

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.1

バカバカしいSFコメディだけど昔の宇宙のテレビドラマを雰囲気残しつつ映画にしてて結構すき。 
極端すぎなのマーズアタックだったけどあれもいい。ウィルスミスはインディペンデンスデイでも宇宙人ぶっとばして
>>続きを読む

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

3.0

今まで知らなかったり公になりにくかった事がこーゆー映画で陽が当たるようになるのはいいと思う。

ただ現実にはずっと続いてる事で この映画評価だけが高くなってるのはどーかと思っちゃう。大変と思わず純粋に
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

2.9

バットマン ダークサイドが好きな映画だが先にこれ観ないでよかった。
これ観てたらキャストとか映像とか雰囲気とか似てるとこ気になっちゃってたかもって思ってたと感じる。
18世紀の物語と思ってたらマジック
>>続きを読む

28週後...(2007年製作の映画)

2.8

有名な人 結構でてる。
いろんなとこ怖い…動きの速すぎるゾンビ、パパの感情、ママの感情、仁義なきより目がくらむカメラワーク、せっかくの結末…映画としてはいいかもしれんがもろもろあわせて苦手。
前作があ
>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.0

太平洋戦争でこんなにせっていた時期があったのか。
いくらフィクションとはいえ実際の戦争の映画は単純にすごいとか迫力あるとかのレベルではなく考えさせられる。考えても普通の人は戦争反対で全員一致するのに…
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎の休日(1990年製作の映画)

3.4

昔 後藤久美子のファンだった…あんなにキレイな芸能人初めて見た気がした。
そのゴクミがまだかわいい学生さんの役やってた寅さん。
ずっと毎年正月は寅さん見るのが恒例だったけどこのちょっと前から満男が主人
>>続きを読む

亡国のイージス(2005年製作の映画)

2.9

原作の小説が面白くて凄かったのを覚えてる。
アクション映画なのにアクションあんまりしない真田広之が新鮮。他の豪華なキャストがスマートな体型ばっかりで肥えてないのにちょっとそうみえる。

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

2.8

懐かしい俳優さんが沢山でてるし楽しみにしてたけど…なんか面倒くさいというかしっくりこなかった。社会派ドラマな流れとか結果とかも…。
エミリオエステベス考えてる顔とか芝居が親子でマーティンシーンすごく似
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.1

歌に影響うけて好きになって…いい映画。

ファッションがホント80年代思い出す。

ブルーススプリングスティーンはウィアーザ・ワールドのが好きで印象的だったけど当時歌詞まではいけなかった…歌詞だどボブ
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.1

ミュージカルだからと敬遠してたが忘れてて何気なく観だしたら…
あれ?もしかしてビヨンセか?エディマーフィも?すげ〜あれあれって最後まで。
歌の迫力ある。ビヨンセきれい。

ショービジネスの裏側描いた人
>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.1

オープニングとエンディングの歌のとこが
最高!
原作も好きだし福田監督作品でも一番。

ドラマより悪ふざけのカットが長い。
面白いけど。アクションもスローモーション入れてるとことか迫力あって効果的。
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.6

よかった!
イップマンはこのシリーズだけでいい。
ブルースリー…チアの女の子…懐かしの師匠…太極拳、空手対決…子供…エンドロール…ほぼ全部のくだりがなんかよかった。カンフー映画に限らずアクション映画は
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.3

サモハンキンポーのやられっぷりアクションさすが。

>|