akikoHORINOUCHIさんの映画レビュー・感想・評価

akikoHORINOUCHI

akikoHORINOUCHI

5 この映画ディスられた瞬間、戦闘開始
4.5〜5 この映画について知人と一晩中語りたい
4〜4.5 3回以上は観たいくらい面白い
3.5〜4 面白かったねって人に素直に言えるレベル
3〜3.5 たぶん作品の中でなにかが引っかかってる
2〜3 よし、観なかったことにしても問題ない
0〜2 この映画に満点つけた人と一晩中喧嘩したい

映画(235)
ドラマ(9)

怒り(2016年製作の映画)

4.2

胸が苦しい。
この気持ち久々。
時間が経っても余韻が胸に刺さる。

人間の狂気、脆さ、愚かさ。
全ては紙一重。
人間とはなんぞや。
人間とはなんぞや。

とてもとても豪華な俳優陣だけど、そんなことはど
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

これは面白い。
観る前から、面白いよと何十回と聞いてきたけど、面白いものはやっぱ面白い。

低予算でも、脚本や演出次第で名作が生まれるんだということがよくわかる。

細かく散りばめられた小ネタというか
>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.5

ウシジマくんシリーズは全部観たと思ってたらファイナルだけ見逃してたことに気付き鑑賞。

原作の中でも、1、2番目くらいに切ないエピソードだけど、なるほど、映画になるとこういうヒューマンドラマになるのね
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.2

Filmarksの試写会に当選し、一人いそいそと劇場へ。

新井英樹の漫画原作の実写化。
鈍器で頭を殴られたような衝撃的な作品という前振りに興味をそそられていざ鑑賞。
結果、想像の斜め上から涙腺を破壊
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.4

前作のジュラシックワールドが全く好みでは無かったので特に期待してなかったけど、予想に反して楽しめた。

この類のものにストーリー性は正直求めてない側としては、今作のように、ただただ、恐竜どーん!恐竜ぐ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.3

いわゆるホラー映画ってまぁ滅多に見ることなんてないけど、Netflixポチポチしてたら間違えて押しちゃってなんか流れに任せて観ちゃったやつ(適当)。

最初は恐怖心から半目で見てたけど、段々展開に慣れ
>>続きを読む

チーム★アメリカ/ワールドポリス(2004年製作の映画)

4.0

サウスパークのトレイ・パーカーとマット・ストーンが手がけた人形劇映画。

最高にしょーもなくて下品で相変わらずモラルのカケラもないけど最高に面白い。

この映画を嫌いという人とはきっと仲良くなれないけ
>>続きを読む

サウスパーク/無修正映画版(1999年製作の映画)

3.9

私の青春はサウスパークと言っても過言だけど過言ではない。
大学サボってネットでサウスパークばっかり見てたろくでもない青春時代。

通常のシーズンでやってるアニメの方が断然好きだけど、この映画版ももちろ
>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

4.0

松子は特異な人間かもしれないけど、
でも、確かに一人の女性として生きた人生の記録映画。

見方によっては鬱映画かもしれないけど、
松子はきっと幸せだったと信じたいし、そう思う。

中谷美紀の、
「松子
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

2.5

多くの高評価レビューに期待に胸躍らせ、一人で新宿のミニシアターに突撃。
そして見事に撃沈。

テーマとか背景とか好みの要素しかないはずなのに、見終わった後のこの違和感半端ない。


二人が惹かれ合うま
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.7

「僕と空と麦畑」以来のリンラムジー監督作品。
この監督の描写が好きで期待してみたけど色んな意味で期待通り。

説明不足だとか、言葉が足りないだとか色んな口コミを見たけど、全ては好みの問題。
私はなんや
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

4.0

子供の頃以来の鑑賞。
子供の頃も感動したけど、大人になっても感動できる気持ちが変わってなくて嬉しかった。
私の心、まだそんなに汚れてないはず。

映画を子供も大人も楽しめるエンタテインメントに確立した
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.5

万引き家族からの鑑賞。

子供の取り違えの話というより、福山が本当の意味で父になる過程が主なテーマという印象。
まさに、そして父になる。

「誰も知らない」や「万引き家族」でも思ったけど、あの子供達の
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

人間の繋がりの本当の意味を考えさせられる。
期待通りの良い作品。

是枝監督の映像の空気感というか湿度感、
そして音楽の使い方がとても素敵で好き。
大袈裟な演出はなくて、自然なんだけど心にひしひしと来
>>続きを読む

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

3.7

もう少し評価されてもいいと思う作品の一つ。
タイムトラベラー系が好きな方はオススメ。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.3

ウェスアンダーソンが好きなのと、
口コミの良さから過剰に期待して鑑賞。
そう、きっとその過剰な期待が良くなかった。

シュール、ひたすらシュールな世界観。
シュールなのは好きだけど、そこにもう少しスト
>>続きを読む

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

3.8

そんなに期待して観てないのに、想像よりずっと面白かった映画ってわりとずっと記憶に残る。
まさにそれがこの映画。

笑えるわりと真面目なラブストーリー。
ジムキャリーのぶっ飛んだ愛が可愛らしい。
これが
>>続きを読む

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

3.0

学生の時に一人で映画館で観て、
内容のエロさにまるでポルノ映画を一人で観ているかのような、
謎の満足感があった思い出。

むしろそこしか満足感はない。
話に中身はない。

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.0

久々にタランティーノ作品。

途中までは、ハズレ引いたかもと思ってたけど、終盤20分の展開で見事挽回。

8割はアメリカ女性のビッチトークを終始聞く感じで退屈する、でも最後まで見るとそれが全部吹っ飛ん
>>続きを読む

太陽と月に背いて(1995年製作の映画)

3.3

なんだかんだディカプリオが好き

若い時の色気のすごさよ

映画 けいおん!(2011年製作の映画)

3.8

今更ながらけいおん。
これで山田尚子コンプリート。

ほのぼのかわいくてちょっと泣けたり。
こういうのも嫌いじゃない。

高校生って特別な時代だなと思う。
でもそういうのって、結局過ぎ去らないと気づか
>>続きを読む

>|