おかつさんの映画レビュー・感想・評価

おかつ

おかつ

成田三樹夫がいればいい!

仁義なき戦い
ディアハンター
チャイナタウン
ヒート
ミッドナイトラン
歌麿夢と知りせば
狂犬三兄弟

映画(126)
ドラマ(1)

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

5.0

個人的には今年の邦画ベスト
現代やくざ人斬り与太や、狂犬三兄弟の渚まゆみと文太を、なんでか分かんないが岩男とアイリーンに重ねた。

そして伊勢谷友介……この人の演技いつ見ても臭いが、その容姿、佇まい、
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.3

好みで言ったら好きでは無いが無駄が無くテンポも良く、作品の緊張感から目が離せない。

キャラクターそれぞれどれも漫画から出てきたと言ったデフォルメの効きすぎたキャラクターでリアリティが無いが、胸糞悪さ
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

いやーーーー泣いた!
素晴らしい!韓国映画強い、、、強すぎる!!!!!

政治犯を取り締まる公安側の人間パク所長、やってる事が東映実録路線のやくざの親分と一緒なのが…笑
減刑になるよう手を回すからと身
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.0

平手友梨奈はすごく良かった!

原作の好きだった部分が仕方ないにしろ削られていて響と言うトリックスターによって翻弄されつつも自分の夢やりたい事になんらかの決意や諦めをつける人たちって群像劇要素が少なく
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

原作読んだことあって、寒い台詞が続く漫画でしんどいなあと乗れなかった人間が見たのでそれりゃ乗れるわけもなく。ただ芳根京子は好きなのでもしかしたらと淡い期待を持って見ましたが、ひどい出来だったーーーーー>>続きを読む

牝猫たち(2016年製作の映画)

4.2

最近の邦画ではめちゃくちゃ好きな方。
孤狼の血で白石和彌に失望したけど、牝猫たちは間違いなく彼の最高傑作では。

音尾琢真が超最高。
好きになった。
いいな音尾琢真!主演とかやらなくていいからああいう
>>続きを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

4.6

ブルーノガンツ×大塚周夫のヒトラー。
圧倒的!
戦争映画は敗者が自組織の内ゲバを描いてる時が正直言って一番面白い。

アメリカだったらベトナム、日独ならばWW2。
英雄や勝利を讃える映画も時には良いか
>>続きを読む

散歩する霊柩車(1964年製作の映画)

5.0

西村晃×春川ますみ×渥美清×金子信雄×曾我廼家明蝶×加藤嘉×小沢昭一×浜村純!!!!!

何という贅沢なキャスティング、そしてこの役者たちだからこそできた昭和が生んだ素敵ブラックコメディ!

個人的に
>>続きを読む

嗚呼!おんなたち 猥歌(1981年製作の映画)

4.4

内田裕也は内田裕也そのもので、安岡力也がとても良かった。
それから内田裕也を愛する女二人がいいよ〜。同じ男を愛した女の執着心が変な方へとシフトして謎の友情を生む展開好きです。レズセックスしてみたり。
>>続きを読む

花と蛇(1974年製作の映画)

3.3

SM賛美の耽美映画かと思ってたら所々笑えた。
SM描写に終始せず、男ってバカよね、人間ってアホよね、そこが可愛いけどって視点が素敵だった。

未来のミライ(2018年製作の映画)

4.2

酷評が多かったですが、細田作品は賛否分かれてる方が好きなものが多い捻くれ者なんで今回も期待して見たら案の定でした。

いやー良かった。
子供の頃っていうか、まあ今も何だけど、ああいう脈絡のない世界に飛
>>続きを読む

吹けよ春風(1953年製作の映画)

4.8

圧倒的完成度!!!
三船敏郎の魅力を余すところなく引き出しつつ助演の役者のいいところもきっちり見せてくれる。
特に山村聰の熱演には思わず涙。
前から好きな俳優だったけど今回でもっと好きになった。

東京の恋人(1952年製作の映画)

4.0

三船敏郎の素晴らしきアイドルムービー見たって感じ!

絞死刑(1968年製作の映画)

4.8

大島渚組の俳優たちが最高。
現在もなお続く死刑制度、そのあり方や意義を問う本作だが、佐藤慶渡辺文雄戸浦六宏小松方正らの熱演に大いに笑わせられる。

小松方正は笑える役所じゃなく、寧ろ他の役者の滑稽ぶり
>>続きを読む

風と樹と空と(1964年製作の映画)

4.2

ふつーに面白かった。
吉永小百合のアイドル映画、どれも結構面白い説。
だからといって今の幾つになってもヒロイン、お母さんキャラはどうかと思うが。

下ネタ言ったり、自分の美貌はちゃんと自認してたり、な
>>続きを読む

婚約指輪(1950年製作の映画)

2.5

死闘の伝説の時も思ったけど、こちらの映画もやはり合わず。木下惠介は合わないのかな。
三船敏郎の医者でインテリなキャラクターってのは新鮮だし滅茶苦茶素敵でしたけど。

台詞も美しいもんばかりでしたが、こ
>>続きを読む

にっぽん昆虫記(1963年製作の映画)

4.6

左幸子はうまいなあほんと。
左幸子本当に大好きです。
全力全身全霊女優。

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016年製作の映画)

3.5

各所で絶賛されてるしんちゃん映画だったので鑑賞。

春日部防衛隊と野原一家の物語での比重がちょうどいいくらいで、そこら辺はこの作品の評価の高いとこなのかと。
あとしんちゃんが男前ですね。しんちゃんの夢
>>続きを読む

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

3.0

面白かったんだけど、キム・ミニ演じる女優の性格が全然合わなくて、特に先輩3人とその彼女と飲み始めて以降の女の性格がすげー好かんかった。
正しい日間違えた日のキム・ミニは最高だったが、今回は上手いという
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(2004年製作の映画)

3.8

過剰な映画好き向けのセリフ、世界観、キャラクター……笑
水島努のサービス精神が大爆発。子供の頃見たときはなんとなく流してたキャラクターが、ユルブリンナーだったり、マックイーンだったり、ワクワクしてしま
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

2.9

可もなく不可もなくでは。

ただ、色彩設計や、背景美術、全体的な色味、鉛筆のような描き味の線など作画的には本当にいいものを見せてもらったと、その意味でのこの点数です。
ドラえもんってもっとこうブラック
>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

CGは凄かったけど、旧アニ見てる身からしてはそれを超えられてない印象。

あと歯が生えたり生えなかったり、舌がベロベロ出て気持ち悪かったり、、、
お仕置きに怯えてのび太を手伝うって設定も気持ちわるい

>|