Toruさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

Toru

Toru

映画(988)
ドラマ(0)

ハーダー・ゼイ・カム(1973年製作の映画)

4.0

内容はともあれとにかくサントラが最高過ぎる。

かなり前に観たから内容は全く覚えてないけどサントラはいまだに聴いてる。

ハッスル&フロウ(2005年製作の映画)

3.7

ハッスル&フロウってそういうことね。

ラッパーなのに名前がなぜかDジェイ。
ただのサクセスストーリーで終わらないとこがリアルで良かった。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

子役の女の子の演技上手さにヤバ。

それにしても邦題の新感染て…

未来を生きる君たちへ(2010年製作の映画)

4.3

この映画が扱うテーマは人類永遠のテーマじゃないだろうか?
大袈裟ではなく。

邦題◎。
未来を生きる子のために現代に生きる人に観てもらいたい。

イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語(2017年製作の映画)

2.9

ザ スミス結成前のボーカル、モリッシーのお話。

なによりも強い母親。音楽を続ける上で母親の影響がとても大きかったんだなと感じた。

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.7

ドラマ観てなかったことを後悔。

さっそく原作読も。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.6

なんか途中からエイリアンを観てるよう。

驚かそうとする演出は多いがホラーではない気がするな。
中盤くらいまでは緊張感あって良かったけど。。

葬式の名人(2019年製作の映画)

1.8

亡くなった同級生の為に自作の通夜をやるという川端康成が原作のストーリー。

泣ける要素は0に等しかった。ちょっと期待してただけに残念な感じ。

シルミド/SILMIDO(2003年製作の映画)

3.7

実弾での訓練がヤバすぎる。

多少脚色はあるにしてもこれが実話を基にしてるっていうのが驚き。

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.4

キングスマンのあのイケメンとは思えないタロン・エガートン。
だんだんうすくなる髪の毛とかリアル。

でもなんか中途半端にミュージカル調になったりとかちょっと苦手だった。

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

3.5

まさかの50セント。

カニエ批判もしっかりしてた笑

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.1

ホテル従業員はマジで戦士。

そしてインドの警察はクソ。

横山健 -疾風勁草編-(2013年製作の映画)

3.7

やっぱりAIRJAMでのハイスタ再結成に至るまでの話の流れは興奮した。

再結成後のツアーで、もうハイスタというバンドは畳まないと熱い思いを語った健さんを思い出した。

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.0

NASがプロデュースの実話を基にしたインドのラップ映画。

今までインドとヒップホップって結び付かなかったからインドのヒップホップカルチャーの根付き方には驚きだった。

アス(2019年製作の映画)

4.2

不自然という怖さ。

音楽とカメラワークで怖さ2倍増し。

フリーソロ(2018年製作の映画)

4.0

命綱無しで1000m近い岩山を登る挑戦の過程を記録したドキュメンタリー。

クレイジー。冷や汗無しでは観られない。

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

3.3

意外と豪華な俳優陣でビックリ。

クラシックは清楚なふりしてビッチだから。

タコの知能は三歳児サイコーだね。

カット/オフ(2018年製作の映画)

4.1

終止ハラハラドキドキする展開ととグロ、そして謎を残しながら終わるラスト。

これは面白かった。思った以上の作品だった。

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.3

どうでもいいことだけど藤原竜也演じる志々雄のあの恐ろしい見た目とは裏腹にキラキラに光る真っ白い歯が気になって仕方ない。

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.5

一作目のほうが好き。

改めてすごいキャストだな。
なぜか武井咲だけはどうもしっくりこない。

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.6

佐藤健はもはやリアル剣心にしか見えない。

漫画原作の映画化モノではいちばんハマってるんじゃないかな。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

主題歌知らずに観たから最後、オザケン流れたときは、おぉっ!ってなった。

ロケ地地元でびっくりした。

滝を見にいく(2014年製作の映画)

2.3

特に何も起こるわけでもなくただただその辺のスーパーにいそうなおばちゃん達が山で迷子になる話。

さよならくちびる(2019年製作の映画)

3.3

奇跡の音楽映画?

ロードムービーってやっぱり音楽が大事よね。

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.6

障害を持つ兄妹の売春という邦画には珍しい攻めた内容。

自閉症の妹役の女優も自然な演技でとても良かった。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.5

観た後にどっと疲れる。
しばらく立てないくらい。

夜空に光る信号弾の美しさ。

ワンカットによる臨場感なのか何なのかとにかく戦場をリアルに体感できる映画。

プロメア(2019年製作の映画)

4.2

普段アニメ観ないからこそ良かった。
音楽もめちゃ良いし。

なんかスパイダーバースを思い出した。

いちごの唄(2019年製作の映画)

3.1

古舘佑太郎、女々しくて不器用な感じ好きだな。

銀杏の峯田らしい脚本の作品。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.8

カーアクションもちゃんと有り、アクション映画としても普通に面白い。

ただいつまで続くのかな、このシリーズ。当初のワイスピとは全く別物だし。
面白いことは面白いんだけど。

教誨師(2018年製作の映画)

4.0

刑の執行の前に生き生きとした死刑囚。


死刑制度について深く考えさせられる作品。
テーマは違えどこの静かな会話劇は是枝監督のワンダフルライフを思い出した。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

なんか諸々はっきりしなくて腑に落ちないとこ多数あるけどまぁ面白かった。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.7

FFって今こんな感じなんだ!!

ゲームの進化に驚き!
こんなゲームならやってみたい。
映画自体FFの宣伝にも効果大じゃないかな。

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

4.2

個人的には2の方が好き。

でもやっぱりあの音楽が流れると熱くなってしまう。