Toruさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

Toru

Toru

映画(988)
ドラマ(0)

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

2.0

確かに賛否両論ありそうな内容。

イーサン・ホークは好きだけど自分はあまりハマらなかったな。

半世界(2018年製作の映画)

4.7

新年明けて一発目に素晴らしい作品を見た。

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.7

繋がり。

震災や東京五輪などを絡め繋がりというキーワードに対する家族の心境の変化をうまく描いている。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.2

こういう実話ものってエンディングで本人出演てよくあるけど劇中にちょいちょい出て来てしかも物語とリンクした発言したりとかドキュメンタリーチックで新しい演出だな。

小さな恋のうた(2019年製作の映画)

3.2

モンパチメンバー3人共本人出演!

内容はともあれ、モンパチの曲は良い。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり最後はスカイウォーカーなんだね。。

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.3

良い意味でダサいけどカッコいい。
音楽が良い!と思ったらブランキーの照井氏。

ちょい役含めたキャストも超豪華。

キングダム(2019年製作の映画)

3.5

平均点が高く原作未読ながら期待してた作品だったけれど…

約2時間の中に全てを詰め込もうとしてしまうと漫画の実写化てなかなか難しい気がする。

新聞記者(2019年製作の映画)

4.3

鳥肌立つ。寒気がする。
もうまるでホラー映画。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

2.4

タイトルからしてもっとハリウッドならではの独自なストーリー展開だと思ったけど意外と日本のポケモンに忠実なとこも多かった。

日本原作ものにはとりあえず出しとけ的な渡辺謙ここにもいた。

あと平均点意外
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.1

ジェイク・ギレンホールが良かった。
悪役じゃなくてアベンジャーズ参戦してほしかったな。

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

4.4

ドラゴンというか、もはや怪獣。

だけど1以上の迫力と映像。
こりゃ映画も行っちゃうかもな、、

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

4.1

言わずもがなの展開とストーリーだけど美しい映像と音楽に感動。

様々なドラゴン達の見せる表情にも◎

シャザム!(2019年製作の映画)

4.1

なんか戦隊ヒーロー的な雰囲気。

でもDCの中では特異な存在になりそうだな。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.8

娘と一緒に観賞。

前作も少しかじった程度だったけどオラフがあらすじを分かりやすく解説してくれたのでよく分かった。

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

3.7

ゾンビ映画とミュージカル映画。

明らかに歌ってる場合じゃない場面で歌うからこそ逆に歌が引き立ってるな。

クレイジーなティーチャーがぶっ飛んでる。

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.5

王道の想像通りまぁこうなるよねって展開だけどたまにこういうの見たくなるんだよなぁ。

バスケ好きの人だけでなくスニーカー好きな人にも楽しめる映画かも。

マスターズ・オブ・ホラー(2018年製作の映画)

1.5

5つの短編からなるホラー映画。

これといって何か面白いわけでもなく5本ともありふれた普通のB級ホラーって感じ。

スピルバーグ絶賛てのは本当か?

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.7

割りと悪役が多い気がするウィレム・デフォーがいい人過ぎる。

ラスト、ムーニーの見せた涙で魔法がかかった。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.6

岸井ゆきのと若葉竜也が良かったな。

キャストが巷に溢れる恋愛映画みたいなキャストだったら全く違う映画になっていたんだろうなて感じ。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.1

パワーを持った作品。

スパイク・リーらしいメッセージを持った作品だった。

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.9

面白かった。

日本のアニメが原作ってことで意識したんだと思うけどアリータの目がやっぱり違和感しかない。

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.6

X-MENシリーズの作品の時系列が分かりにくいけどこれがアベンジャーズとどう絡んでくるのか期待しちゃうな。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.7

アメリカらしい実話ベースのお話。

驚いたのはリウマチを患うモードを演じるサリー・ホーキンスがエンドロールで登場する本人とそっくりだったこと。

最後まで不器用なイーサン・ホークも良かった。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

バットマンvsスーパーマン観とくといいかも。先日地上波でやってたんで、なるほどって繋がった部分もあった。

誰もがjokerになり得る。
ある意味いちばん強いヒーローかも。

きっと ここが帰る場所(2011年製作の映画)

2.8

音楽が良い。
トーキングヘッズあまり聴いたことなかったけどカッコいいな。
ショーン・ペンの醸し出すもの哀しげな魅力も◎。

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.9

やっぱりロッキーのテーマが流れた瞬間 いろんなものがよみがえるな。。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.7

タイトルの人魚とは何を意味するのか気になった。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.8

3人とも互いにそこまで深い関係じゃないからこそとってもリアルなかんじだな。

是枝監督作品好きな人は好きだと思う。

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.2

エジルそっくりなパワンと可愛い女の子シャヒーダーとの母を訪ねて三千里的なストーリー。

王道なストーリーだけどラストはしっかり感動。

青の帰り道(2018年製作の映画)

3.9

ありきたりな青春恋愛映画だと思って見ると痛い目見る。

「光と血」に続き、この監督好きだわ。

光と血(2017年製作の映画)

3.7

前半の無理に繋げたような展開はちょっと雑に感じたが、年末の物寂しい雰囲気と内容がうまくリンクしてる。

マーク数は少ないけど良作。