逆鱗さんの映画レビュー・感想・評価

逆鱗

逆鱗

映画(723)
ドラマ(14)

タイトル、拒絶(2019年製作の映画)

3.5

タイトル拒絶している時点で弱さを認められない弱さなんだ!
バッキャロー!!

ステレオタイプなラベリングをされたくないと主張する人は、その時点で自分が確立されていない(自分もまだこちら側)
他人に強い
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.8

努力せよ!うまくいかないこと、シンドイことは、それを止める理由にはならない
歯を食いしばれ!誰かが邪魔しようとも、ハンデがあろうとも、自分が何者かになれない理由にはならない

さすが、愛と希望と勇気の
>>続きを読む

ヨコハマ物語(2013年製作の映画)

3.0

妻というのは本当に大事な存在
ふと思うが、何十年も普通の人である夫と一緒に人生を歩んでくれる
良いことも悪いことも起きるし、ごくごく平凡な日々であるが、一緒にずっと生活していることが特別だと思える
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

3.5

俺たちの世代も声を上げる時!(非暴力で)

この時代にこの原作が作られたこと、この映画が作られた意味とは?
(原作者の意図は未確認)
そう!俺たちの世代も声を上げる時ではないか!!

学生運動時代を戦
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

4.0

国家権力はシロもクロにできるほど強大
そして権力は必ず腐るという、だからシロをクロにするヤツらが生じる
でも、自浄作用が働く仕組みがあると、腐った権力は排除される

約20年間続いたベトナム戦争
アメ
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.5

人間の根源的な生理欲求について

男でありたい
女でありたい
でも体は女性
でも体は男性

自然な生理欲求に対して努力じゃどうにもならない体の違い

それだけではなく、周りから言われのない視線を容赦な
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.5

セルフリーダーシップ❗️

人は誰もが幸せになりたい
ただ、それは望むだけでは手に入らず
相応の努力が必要な場合がある
また、努力も報われるとは限らない
持つ者も持たざる者も、スタート位置は違えど、そ
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.5

息子が罪人でも生きて帰ってきて欲しい、そう母は覚悟を決める

両親の反応が対照的であった
どうあっても生きていて欲しい母、世間を敵に回しても、私の息子は奪わせない
一方、無事に帰ってきて欲しいものの、
>>続きを読む

恋のしずく(2018年製作の映画)

3.5

どう生きるかを決めて進むのである

こういった日常を切り取った映画が本当に染みる(年齢のせいか...)
広島の景色がとてもキレイでよかった

日本三大酒処の広島西条
父の酒への想い、妻への想いを、真に
>>続きを読む

長沙里9.15(2019年製作の映画)

3.7

史実に基づく作品への敬意3.7点(観賞時点での平均点)
個人的な評価3点、映画としてはやや残念

無茶な学徒出陣、10日くらいしか訓練されていない
しかも陽動作戦の捨て駒的扱い

以上のようなことは一
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.2

生きるツラさと抱き合って、一体となって諦めなかったものだけが輝く!
それは他人にはわからない輝きだとしても...
これが自己実現という孤高の所作...
これは俺たち持たざる者の物語だ!

冒頭のニュー
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.5

脳味噌筋肉の麻薬捜査チームの痛快逮捕劇

キャラ付がを後で明かすパターンだが、これが前半の中だるみの原因と後半の加速の原因でもある

ナメテータヤツが実は最強だったジャンルムービーの一種なんだが、最強
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.7

警察は全ての犯罪を明るみにできているわけではない

暗数殺人、統計上の殺人事件数と実際の殺人事件数との差異
普通に考えると、そこに差異はあるのは当然であるが、改めて恐ろしい

劇中のような直向きに捜査
>>続きを読む

失墜(2020年製作の映画)

3.0

サバイバルがテーマならとことんこだわって欲しい。

特にメッセージ性はないように思える作品。
地元の食品屋のオヤジがサバイバル術をYouTubeで配信しており、それを見た有志がそれぞれに思う終末に備え
>>続きを読む

ジャドヴィル包囲戦 6日間の戦い(2016年製作の映画)

3.6

たった150名で三方解放された無防備な拠点を数千の傭兵から守り抜く6日間!
なんで援軍要請しても断られるのか、映画の中の主人公だけでなく、観ているこっちにもわかるようなシーンはなく、主人公と同じように
>>続きを読む

明日へ(2014年製作の映画)

3.4

安い賃金で散々コキ使って、挙句解雇だと言われりゃ、怒るぞゴラァ💢

元ネタは2007年に本当にあった話。
非正規雇用者を正規雇用しないといけない法改正がなされるに伴い、一気に解雇し派遣社員に入れ換えよ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.0

逆行と順行で目が回る混乱する
そして、大好評のようですが、サーセンハマりません。
ネタバレサイトみても同じです。

あ!でもこれぞエンタメ映画と思います。みんなが解釈で盛り上がれる、コロナ渦中での久々
>>続きを読む

ステップ・シスターズ(2017年製作の映画)

3.2

白人がマイノリティで黒人がマジョリティの物語

アメリカ大学にはフラタニティという男子学生の団体とソロリティという女子学生の団体があるらしい。
日本のサークルとは異なり、入会にはメンバーの推薦が必要で
>>続きを読む

コンジアム(2018年製作の映画)

3.0

パラノーマルアクティビティ韓国版

ただ、ビックリする‼️
物語性薄い、謎解き無し

なので展開に深みなく、ただビックリするだけ

俳優さんたちの熱演良かった
特に女優陣は、顔ドアップで下から煽られ気
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

3.2

SNSは災害時にも役に立つ

ゾンビジャンルムービーに現代ならではのガジェット(ドローン、タブレット、スマホなど)を交えてエッセンスとしている。

ドローンで外の様子を伺ったり、お向かいさん宅へ綱を渡
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

4.0

こうやって14歳は少しずつ大人になっていく

星ばあは、つばめのメンター的な役割

隣の家のイケメンお兄さんに恋をしている
学校では根も葉もない噂を裏掲示板に書き込まれてウザい
育ての母と父の間に実子
>>続きを読む

ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜(2020年製作の映画)

3.5

バカと天才は紙一重

PayPal創業者のピーターティールは、イノベーションを起こすために必要なことは「世界で誰もが正解だと思っていることに対して、世界でただ1人異なる正解を示せることだ」と。

世界
>>続きを読む

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.5

子を持つ責任

人生には3つのタスクがあるとアドラーは説く
①仕事
②交友
③愛
である

子を持つということは愛のタスクである
タスクというからには、自分の都合の良い時だけ可愛い可愛いではダメで、仕
>>続きを読む

Work It 輝けわたし!(2020年製作の映画)

3.0

落差が中途半端

落ちこぼれが、努力の末に、勝利を勝ち取るジャンルムービー

この手の映画は、落差と克服する過程が命
主人公のダメっぷりと頑張っている姿に己を重ねて感情移入してしまい、最後の成功の姿に
>>続きを読む

名もなき塀の中の王(2013年製作の映画)

3.5

根源的な父子の想い

弱肉強食と言っても良いくらいの刑務所の中のヒエラルキー、
塀の外も弱肉強食だが塀の中の方が原始に近い

ドラッグ、タバコなどで力を持つこともできるし、仲間と組織だって仕切ることも
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

3.7

人を好きになることは、いつも片想いから始まる(柄にも無くそう思った)

少女が抱く恋心は最初は憧れのようなものなのか
部活の同性の先輩や花屋の店主を好きになることは、大人になってみれば良い思い出だろう
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.1

私は、確かに、生きた...

母に捨てられた3人の女性の人生が交差する銭湯

だからこそだろうか、血が繋がっていない子供も等しく我が子同様に愛す

いじめから逃げるな!と強く娘に言う
逃げたら二度と学
>>続きを読む

プロジェクト・パワー(2020年製作の映画)

3.5

何十年後かに起きる世界かもしれない

スーパーパワーが得られるピルは、あながち根拠の無い話じゃないかも
将来的にはデジタルピルを飲んで、体内にナノマシンを取り込んで病気になる前に、体内の異常を感知して
>>続きを読む

カルト(2012年製作の映画)

1.0

この作品に時間を使わぬよう

演者や監督のファン以外は観ないことをオススメします
点数高めなのと、夏はホラーだわなという安易な気持ちで観てしまいましたが、可処分時間の浪費です

もちろん演者や製作者の
>>続きを読む

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

4.0

アングロサクソン人の何が偉いのか!?

文明の発達が早く、他国を侵略する武器と輸送手段を持ったから、文明の未発達な国の住民を虐げる、アングロサクソン人

英国人が流刑で島流のアイルランド人を虐げ、流刑
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.0

三吉彩花の女優力で見切った一話

私はグッモーエビアンからの三吉彩花推し

地図にない村、犬鳴村の都市伝説
設定はバッチリなのに、ジャパニーズホラーの良いところが出てない

姿は見せないが、なんかおか
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.0

人生に端っこなんてねぇよ、バッキャロー‼️

人は学校でも社会に出ても集って過ごすから、どうしても真ん中や端っこ的な仕分けができてしまう

でもそれはその集団内の仕分けなだけであって、みんな各々の人生
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

4.0

設定の妙

不死身の世直し軍団と聞くと、無双状態のスーパーパワーで敵をなぎ倒す大味な設定をあり寄りの無しとして観賞を始めたが、すぐにこれは設定の妙だなと気付いた良作

不死身ならではの苦しみが描かれて
>>続きを読む

大阪少女(2020年製作の映画)

3.0

大阪下町のGAFAかBATH

木賃アパートや文化住宅の大家の孫娘が主人公

その子があるシーンで言うのだが、「ウチには口座が作られへんヤツもおって、現金払いが平等で確実なんじゃ」と

やっていること
>>続きを読む

ブラック アンド ブルー(2019年製作の映画)

3.8

人間狩りが始まる(8/7改:アリの一穴を開ける信念)

8/7改 ※ネタバレ満載なので自己責任で読んでください

下記の通り最初はアクションのように楽しんだが、後味を反芻するうちに、ブレない信念がアリ
>>続きを読む

ノーザン・リミット・ライン 南北海戦(2015年製作の映画)

5.0

映画としてどうこう言う作品ではないかと...哀悼を込めて満点しか付けられない

2002年日韓W杯と同時にこんな戦闘が起こっていたとは無知であった

当時韓国サッカーの躍進しか伝えられていなかった記憶
>>続きを読む

>|