toshnさんの映画レビュー・感想・評価

toshn

toshn

映画(293)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

メランコリック(2018年製作の映画)

4.2

田中監督のデビュー作。これはカメ止め以上の傑作‼️
誰も知らない無名の俳優さんばかりだが、演技は自然で素晴らしい。
和彦はリアルでだらしなくて意外と男前で肝が座ってて素敵。副島さんは可愛くてちょっと性
>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.8

片山監督のデビュー作、熱量はすごい。
正直障がい者の作品は辛くて判断に困る。
嫁の感想は、お兄ちゃん優しすぎる、なんだけど
うーん、どうかなあ、もう少し理性的であって欲しかった。2人はまた振り出しに戻
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.1

これは掘り出し物のサスペンスの傑作。
ゲストは神様、というホテル従業員の決死の働きが涙を誘う。テロリストに操られる少年兵士もかわいそう。傑作がゆえにイスラム教徒への過度な恐怖心が高まらないか心配になる
>>続きを読む

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

3.5

意外や読書会の謎を探る軽いミステリー仕立て。主演のリリージェームスは心の移り変わりをうまく演じて素敵。
予想される展開だがたまにはこういうハッピーエンドもいい。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.1

大好きなアリアスター監督ですが初見では傑作なのか凡作なのか評価に迷い、1週間後に再見。
やはり傑作でした。
何よりもこの長編をダレずに見せる監督の力量は素晴らしい。キューブリックのシャイニングを始めい
>>続きを読む

嵐電(2019年製作の映画)

3.1

京都在住で期待して見ましたが、なんかギリギリ乗れず。3組のエピソードもチープな劇中劇もミステリーっぽいエピソードも全部中途半端に思える。もう一回見たら違うかもしれないが鈴木監督の過去作もいまいち食指が>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

息をもつかせぬ2時間弱。
ワンカット風につないだのはこういうスピード感、緊迫感のある映画だから正解だと思う。
どうやって撮っているんだろう、というシーンの連続でラストは感動で泣けます。
プライベートラ
>>続きを読む

白いリボン(2009年製作の映画)

3.8

第一次世界大戦前のドイツの小村。
なぜかフランス語とモノクロ画面で静かに展開するストーリーが不穏さを掻き立てる。
残った謎が不気味な余韻を残して好き。
高尚な方のハネケ。

ロブスター(2015年製作の映画)

3.8

ランティモス監督の相変わらずの無茶な状況設定が好き。今作はコメディ要素もあってそんなにシリアスじゃない。いっそロブスターになるのもいいかもね🦞

男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋(1982年製作の映画)

3.7

女性経験の少ない?寅さん、情けない。
あまりに相手が積極的なのでわからなくもないが、ホームでは旅先での素敵な寅さんとは違うのね、と言われてちょっとかわいそう。
儚げないしだあゆみが素敵。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

苦手なゲイ物であまり起伏のないストーリーにもかかわらず最後まで楽しめた。
美しい映像と出演者たちの素直な演技がとても良かった。
少し悪いマハーシャラアリもカッコいい。

ファニーゲーム U.S.A.(2007年製作の映画)

3.4

オリジナルとほとんどおんなじ展開。
ただナオミワッツとディムロスという有名な俳優が主演しているためによりフィクションとして安心して見ていられた。
それが良かったのかどうかはまだ自分の中でも結論が出てい
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

本当に痛ましくいたたまれない映画とはこのことか。
主人公のゼインやその他のキャストの演技のリアルさはまるでドキュメンタリーのよう。
最後のゼインの笑顔が救い。

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

3.6

キリスト教におけるラザロや、タンクレディの背景を知らなかったので理解不足のまま見終わりました。後でネタバレ見て、なるほど、と。
映画自体は16ミリフィルムで不思議な寓話的な世界をうまく描いていました。
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.4

なんじゃこりや。ラドクリフ君もようやるわ。
ポールダノ作品からはやっぱり目が離せない。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

格差を描いた映画ですが上層階級の人たちが結構いい人なので嫌な感じはなく、楽しめました。
ソンガンホはいつも逆境に強くてタフなので安心して見ていられる。最後は殺さなくてもいいのになあ、とは思いました。韓
>>続きを読む

Munchausen(原題)(2013年製作の映画)

3.9

デビュー作に続いてYouTubeで鑑賞。
台詞なしで単調になりがちな展開を音楽と流れるような映像と編集で見せる技が天才的。
これまたひどいお話だが
相変わらずいいキャスティング。息子もいいが、お母さん
>>続きを読む

The Strange Thing About the Johnsons(原題)(2011年製作の映画)

3.8

アリアスター監督のデビュー作と聞いてYouTubeで鑑賞。デビュー作からキャスティングの妙に感心。天才の目覚めですね。
お父さんもお母さんも癖があって最高。ひどいストーリーだが、お母さん、もっと早く止
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.4

素晴らしい映画でした。
冒頭のジョジョの登場シーンから一気に心を掴まれ、ラストの靴紐を結べるようになったジョジョとエルサのダンスのシーンに涙。
ポップで鮮やかな映像、少し寓話的でファンタスティックな演
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.4

なんだか良くわからなかったがまた見てみようという種の作品。ヴィルヌーヴだからかな。

灼熱の魂(2010年製作の映画)

4.0

これはきつくて誰彼にもオススメしづらいが、
文句なしの傑作。

静かなる叫び(2009年製作の映画)

3.5

ヴィルヌーヴの初期の作品ということでハードルがやや上がったがちょっと中途半端な作品。
彼がこのテーマを描きたかったのもわかるし、
モノクロで短尺というのも悪くないが、終盤まで何を訴えかけたかったのかが
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.9

寅さんの映画を通しで観たのも映画館で観たのも初めて。いつまでも歳をとらない純粋な寅さんの笑顔と語り口は本当に素敵です。
取り巻きのみんなの心の温かさと人情に目頭が熱くなる。若い頃の倍賞千恵子はとても可
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.5

珍しく邦題が的確で素敵。
ホモ系の映画は苦手だがそんなに生々しくないし、ポップなトーンでうまく見せている。
殺人シーンもスタイリッシュでサラッとした演出だから、さほど気にならない。
才能のある監督、今
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

3.8

つらく厳しい時代の高校生たちの友情と葛藤。
年齢的に親の気持ちになって泣きました。
もうこんなつらい時代にはなって欲しくない。

町田くんの世界(2019年製作の映画)

3.5

漫画的な展開の若い主演2人を豪華な脇役陣がうまく支えている。世知辛い世の中(笑)、ホッとさせられる映画。

ひとよ(2019年製作の映画)

4.3

白石監督の映画で感動して泣くなんて。
でも彼の作品で一番好きな映画になりました。
重いテーマだが最後は家族が一つになれてよかった。子供達3人が本当の家族のように見える演技も素敵。

ランナウェイズ(2010年製作の映画)

3.6

昔好きだったランナウェイズ。
ボヘミアンラプソディよりも生々しくリアルな感じが好き。ジョーンジェット役の女優さんもよく特徴掴んでるし、男女差別の時代背景もうまく描かれていて単なる人気バンドの回顧映画に
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.4

山崎務の徐々に認知症が進行していく過程の演技が素晴らしかった。
ちょっと意地悪な見方をすると、こんなに温かい夫婦、親子、姉妹関係ってあるのかなあ、って気になった。海外に赴任しているシーンの描き方も何か
>>続きを読む

洗骨(2018年製作の映画)

3.7

お笑い芸人監督作らしく、泣かせるシーンの後にうまく笑いを織り込んだ独特の作りが効いていた。洗骨のシーンは素晴らしく、感動。
鈴木Q太郎がインパクトありすぎ⁉︎あざとさギリギリのラインにおさまっていて良
>>続きを読む

HACHI 約束の犬(2008年製作の映画)

3.7

順当で優れた監督とキャスティング。
ストーリー、わかっていても号泣。
新幹線で見る映画じゃなかった(TT)
らくらく号泣映画のベスト10入り。
他には、ものすごくうるさくて、ありえないほど近い、後はな
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

3.0

うーん、辞書作りっていう面白そうなテーマなんですが。脚本と役柄から仕方ないとはいえ松田龍平のテンポについていけず、イライラしてしまいました、すみません。

ほとりの朔子(2013年製作の映画)

3.4

脚本も繊細だし、撮影も演技もいい。
ただあまりに繊細過ぎて少し退屈。
こちらが勝手に深田監督に期待しているものとは少し違った。朔子が湖に入るシーンは、よこがおで筒井真理子が湖に入るシーン同様に素晴らし
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.2

恐れていたことが。前の映画化作同様、後編に入ると凡庸なハリウッドホラーになってしまった。
種明かし?である部分仕方ないが、スティーブンキング原作にありがちな後半の失速ぶりは半端なく、長さとあいまって残
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

4.0

続深夜食堂見てからギャオで鑑賞。
マスターと音楽と雰囲気にすっかりハマってしまった。アジア各国で大人気なのもわかる。
こういうほっこりした人情って、いいなー

サスペリア(1977年製作の映画)

3.6

美女と鮮血と真っ赤なライティングとちょっと前に立ちすぎるゴブリンの音楽。
ストーリーはスカスカだが何故か最後まで目が離せないホラーのカルト的作品。

>|