TOTさんの映画レビュー・感想・評価

TOT

TOT

2015年からの鑑賞記録。スコア5.0:オールタイムベスト/4.5:大好き/4.0:好きor良い/3.5:面白いor友達におススメ/3.0:そこそこ/2.5:まぁ…/2.0:だ…

ルージュの手紙(2017年製作の映画)

3.5

パートナーとして、父として。共に同じ男性を愛した母娘のような友人のような2人。
勤務先の閉鎖、恋愛、子の巣立ち、病い。中年期に訪れるあれこれをWカトリーヌが活き活きと演じ、助産婦の現場の描写も入り、命
>>続きを読む

女の一生(2016年製作の映画)

3.9

‪退屈で受け身に見えても頑なに自分を生きた女性の生涯が情感を伴って現代に立ち上がる。
『ティエリー・トグルドーの憂鬱』のブリゼ監督からモーパッサンへの果たし状、主人公ジャンヌへの素敵なラブレター‬。
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.0

低い空、地を這うカメラ、血を吸う夜の深谷ノワール。
どこへ行くにも車も電車もすぐなのに抜け出せそうで抜け出せない地獄。
兄弟の堕ち方より日本の地方都市における移民の共同体の描写に一定の良さは見たが、い
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

豪華キャストとケネス・ブラナーの惜しみないアップで間を持たせつつ、やっぱこの話とんでもねぇなアガサ・クリスティすごいなって原作の良さが際立つ正攻法娯楽作。
忠臣蔵っぽさが年の瀬っぽさ。
ブラナーのキメ
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.7

表現の自由を守るには、表現の自由のもとに嘘をつく者にNOを言い続けなければいけないし、その嘘を精査し続けなければいけない。
ホロコーストは勿論あった。この裁判でこの男に負けるなんてありえない。
そう思
>>続きを読む

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード(2016年製作の映画)

2.9

なんか火曜サスペンスみたい!と思ったら当たらずとも遠からじ。
陰影強めな絵の中で映えるアナイリン・バーナードのお顔がうつるたび、キャスティングの方慧眼だわ…感心しました。
冒頭でサマンサ・バークスと軽
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.4

宇宙のチャクラとパンクウィルスが陰陽和合するラブストーリーに、移民とブレグジットとトランプ政権のイメージも重なって、カオスな魅力。
エル・ファニングとアレックス・シャープのやりとりが最高キュートで、ニ
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.9

どんなに辛く理不尽な日々も、気にかけてくれる誰かがいれば生きていける。
とぼけた笑いと溢れる音楽の素晴らしさで、人間のマイナスではなくプラスを見て、不寛容ではなく善意を照らすカウリマスキ監督の洗練と妙
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「ヘッダ・ガーブレル」(2017年製作の映画)

4.1

無力感に苛まされながら、自尊心だけは強く、自分の場所からは出ようとせず、他者をコントロールしようとする女ヘッダ。
左右から光を取り入れて、荒く塗られた壁に人影が落ちる、檻のような居室。
風変わりな生き
>>続きを読む

Northern Soul(2014年製作の映画)

3.8

耳にしたことはあったイギリス北部のソウルムーブメントの由縁。
工場で働き、レアなレコードを求め、DJとしての成功と渡米の夢を膨らませ、週末は朝まで踊り狂う青年2人の青春。
ファッション、ドラッグ、カバ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.5

天才数学者であった姉が亡くなり、その子供を育てる弟。母との対立。
もつれて毒に変わり、家族を蝕んだ愛と才能を変化させるのもまた新たな愛と才能。
重く激しくもできる物語を静かに優しく描いてるところが素敵
>>続きを読む

24フレーム(2016年製作の映画)

3.4

笑いそうに眠いし、別に途中で帰ってもいいし、観続けてもい。
観終えてちゃぶ台ひっくり返したくなってもいいし、泣いたっていい。
こんなんやるなよって気もするし、キアロスタミだからこその画面でもあろうし、
>>続きを読む

見えるもの、見えざるもの(2017年製作の映画)

2.6

双子のきょうだいのために踊りを捧げる少女、そして共にいる霊。
子供は熱演してるけど、生っぽい長回しと音がルーズな演出に思え、未分化な性の暗喩や霊の素直な表現も面白み感じず。
あと、ほんと夜のカメラ暗す
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.7

面白かった〜。
アニメーションそりゃもう素晴らしかったんですけど、灯籠流しと枯葉で作った船が素敵すぎた。
声優陣ぴったりすぎた。
あと、月並みなこと言いますけど海外から日本文化の良さを教えてもらうとい
>>続きを読む

殺人者マルリナ(2017年製作の映画)

3.9

ロングショットと間の弛緩、ハードな復讐と夢幻的心理描写が合わさった不思議インドネシアウェスタン。
屋外は歪むほどとぼけた引きと変化する光が軽やかで、屋内は陰影に富んでダーク。違う作品の絵が合わさったよ
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

孤独なはみだしっ子たちの団結。
使命以上に絆で繋がるスーパーヒーローの物語。
超人も常人も一人一人は強くなく、孤独だけどこの世界に共に生きていて。
ダイアナはI’m believerと言い、ブルースは
>>続きを読む

氷の下(2017年製作の映画)

2.4

変容する社会の中で流転する男の獣性のメタファー。
荒涼とした中国ロシアの風景を絵画のように映すユー・リクウァイの撮影が素晴らしく、ホアン・ボーも熱演(前半ほんと腹立つくらいクズい)。
でもほんと良さは
>>続きを読む

馬を放つ(2017年製作の映画)

3.7

キルギスで妻子と暮らし、馬は人の翼だったと話す“ケンタウロス”と呼ばれる男は、夜ごと馬を盗んでは野に放つ。
辺りが青く染まる頃、馬に跨って両手を広げて駆ける姿がとても美しい。
イスラム教や言語の描写も
>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.5

猫と人、ときどきカモメ。
画面いっぱいに映る猫の瞳やお口、首のフサフサ、石畳を踏む小さな足。
古くより貿易の港として栄え、各国の船に乗ってきた猫が降り、船が去っても街に残って暮らしてきたというイスタン
>>続きを読む

まともな男(2015年製作の映画)

3.8

家庭と仕事に不安を抱え、事なかれ主義だけど生真面目で、自分はまともと信じる男が、ひとつの隠し事を契機に自分を見失う。
誰にでも、私にもありそうな弱さが、お酒と、話せば分かるという独善的正しさの狂信から
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.2

第二次世界大戦下のロンドン、日常的に空襲があり、死が身近だった時代。
映画製作が結びつける仲間との絆、女性の躍進。
プロットや台詞を考える脚本執筆の過程にワクワクし、口で喧嘩してもホンでは素直になれる
>>続きを読む

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

3.4

タイトルはドランが脚に刻んだタトゥー、コクトーの言葉。
いかに不可能を可能にしていったかを、お馴染みのキャストスタッフと、皆以上に饒舌なドランが紐解くドキュメンタリー。
いいものは盗め、いつか自分のも
>>続きを読む

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者(2016年製作の映画)

4.3

チリの英雄的詩人にして政治家ネルーダと、彼を追う警官ペルショノー。
ネルーダは追われながらも酒を飲み娼婦と戯れ、ペルショノーの存在を身近に感じて生き生きとする。
ペルショノーは娼婦の母を持ち、偉大な父
>>続きを読む

MASTER マスター(2016年製作の映画)

3.6

私が思う韓国美形俳優ツートップの共演。目には目を歯には歯を、美形には美形を!
イ・ビョンホンの潤んだ目とクリーンな白い歯がワルな魅力として最大限の効果を発揮!
まぁ騙されるよね〜お金つぎ込むよね〜。仕
>>続きを読む

オトトキ(2017年製作の映画)

3.0

再結成の一年間に密着したドキュメンタリー。
2001年の活動停止から2004年の解散、2016年の再結成まで途切れたかに見えた時間に、個人とバンドとファンの人生はあって、点が線になって一枚の絵になる。
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.7

オールスター大作の面白さ!
個人と祖国、歴史の中で翻弄される二重スパイ。
ガンホさんは韓国の至宝で、鶴見さん普段あんなに柔和なのにスクリーンではきっちりヤダみ出すし、少ない登場でも強烈なインパクトを残
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「一人の男と二人の主人」(2011年製作の映画)

4.1

笑った〜めためた笑った!
今までのNTLiveのイメージを覆して、体も言葉もおしゃべりな、抱腹絶倒コメディ。
オーバーアクション、揶揄、階段落ち、歌の楽しさ、観客も巻き込んで、ドリフか新喜劇みたいなパ
>>続きを読む

アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜(2008年製作の映画)

3.4

チュ・ジフン出演作品を観よう!というわけでNetflixにあったこちら。
よしながふみ原作4巻をギュッと2時間に凝縮。
もうちょい端折れば?ってエピソードの詰め込み方だし、映画単体として観ると厳しい部
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

4.2

社会の底辺で生きる兄弟。
劇中の殆どを、兄ニックが弟コニーを助けるための一晩の犯罪描写に費やし、どんどん悪化する状況に耐え難くなった頃、コニーのニックに対する気持ちを映し出す。
よくできた脚本だな〜っ
>>続きを読む

KOKORO(2016年製作の映画)

3.1

ミドルエイジクライシスに陥っていたフランス人主婦アリスが、弟の死をきっかけに日本を訪れ、生を見つめ直す。
死ぬより生きるがいいよってことを畳み掛けてくるロケ地隠岐の美しさ、袖振り合うも多生の縁と思わせ
>>続きを読む

CODE46(2003年製作の映画)

3.2

設定は面白い近未来ディストピアSF。
しかしながらティム・ロビンスの取る行動は、てめぇこんにゃろーであり、それが物語とシステム的なものに回収されて無効化され、更に、てめぇこんにゃろーとなる。
サマンサ
>>続きを読む

コンフェッション 友の告白(2014年製作の映画)

3.6

読める展開なのに魅せる配役と演出。
ちょっと長いけど、それが必要なように思わせるのに長けているのも韓国映画。
本当の友達ってなんだろう。
誰がいつ、どこから、思いを違えていたんだろう。
言わずに飲み込
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.7

ゴッホの死と最期の手紙を巡る物語。
125人の画家62,450枚の油絵で作られた、ゴッホへのラブレター。
ミステリーとしては緩いけど油絵アニメとしては興奮して、ゴッホの作品の力と死生観、そして制作陣の
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

才能など無いと捨てた相手から送られてきた小説。
読み進めるたびに暴力的に思い知らされる自分の裏切り、夜ごとの後悔。復讐のように感じる自責。抜けない棘。
豪奢な邸宅、華美な装い、見るだけで触れることなく
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.7

なるほどホラー版スタンドバイミー。
オリジナルと比べて物語をホラーからジュブナイルに寄せたのは良い選択。
27年ぶりのペニーワイズ、怖がらせの芸域が広がっていた。
皆んなの恐怖にキメ細やかにご奉仕しす
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

‪シリーズ3作目のコメディ大ホームラン!!!
ギャグの間にシリアスが進行する楽しさで、歴代MCU作品で一番笑った。
ツェッペリンの移民の歌をしょって戦って違和感ないなんて、さすが神話の世界の住人でしょ
>>続きを読む

>|