ショーンKさんの映画レビュー・感想・評価

ショーンK

ショーンK

基本的にどんな映画でも駄作でも面白さを探していきたい。
映画の受け取り方、リアクションが大事だぜ?

映画(89)
ドラマ(0)

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.4

三作目にして低所得層の反逆がはじまる。
装いがクールで好き。

人類選別は昔からある、日本にも文化として事実存在した。
現代版乳母捨て山のアメリカを舞台に殺しあって殺しあう。

しかし、これは新たな始
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.7

語ることが多過ぎて、まとまらない。
観れば広がる森見ワールド。

とりあえず「おっぱい」さえ気にしてればいいから。
難しいことは考えないで。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.6

大勢を救うのも隣人を救うのもどっちもヒーローのあるべき姿。

量子世界の設定が好き。
マーベルにしては脚本がお粗末なのが気になるがパパさんヒーローはこれが丁度いい。

IWでの絶望からのこれは逆にハー
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.0

資料のため復習したレオン。
やはりクールなレオンと妖艶なマチルダのコンビには愛情以上のなにかを感じる。
大人で子供なレオンと
子供で大人なマチルダ。

ちぐはぐで台詞も少なく、ワンシーンワンシーンで語
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.8

ゾンビ版ロミオとジュリエット
ゾンビと人間の身分違いの恋。

設定◎
世界観○
ストーリー△
キャラクター○

恋人死ぬのはいいけど、そこの葛藤少し欲しかった。
けど設定、世界観、キャラクターはとても
>>続きを読む

ネクスト ロボ(2018年製作の映画)

2.9

Netflixオリジナルアニメ。
ベイマックスぽい感じの人とロボの心の成長物語。
ベイマックス観てないから比較できないけど、
主人公のみの葛藤だからなのと王道の展開過ぎて評価しにくい。
とてもほっこり
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.9

ライアンのおバカな感じがとても新鮮。
レイノルズの方なら違和感ないが、ゴズリングの方はやっぱララランド、ドライヴの印象が強い。
アル中で、ポンコツな私立探偵とパワーのラッセルクロウのバランスが絶妙。
>>続きを読む

詩季織々(2018年製作の映画)

2.5

新海さんの脚本をそのまま映像化したみたいなモノローグ過多なオムニバス。

まず中国のカルチャーわからなさすぎて全然わからん。
ちょっと日本との差別化をもう少し図って欲しかったなぁ。
ごっちゃになってし
>>続きを読む

紅き大魚の伝説(2016年製作の映画)

3.1

神とはなにか、人とはなにか、
命とはなにか、愛とはなにか。

大切なのは何か

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.3

オーシャンズここに復活。
あの爽快感と疾走感フルパワーの映画が帰ってきた。

女尊斷卑、弱男強女とも言えるほど男がダサい。
誰もケイト・ブランシェット様のイケメンさには勝てない。
あの座り方、スカジャ
>>続きを読む

シン・ジョーズ(2016年製作の映画)

3.4

サメが核兵器に!?
馬鹿げた内容だがサメのギミックやそれによる影響力は馬鹿げてて面白い。
世界観とバックグラウンドは深く説明せず、魅せる絵で伝えるだけでこっちは理解できる。
鮫の捕食や殺戮シーンはぼち
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

新海さんは新海さん、細田さんは細田さん。
唯一無二なんだ。

だからぶつけてほしいなぁ。

沢山感想はあるけど、ただそれが言いたい。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.2

はい、出ました佐藤二朗の映画でございます。
福田監督の作品への尊敬と愛が伝わるハートムービー。
まとめ方も原作大事にしつつ実写で齟齬がないように組み換えてあり、さすがの構成。

次は吉原編かなぁ。
>>続きを読む

ジュラシック・シャーク(2012年製作の映画)

1.0

フランケンジョーズの再来。
超C級映画。
めっちゃ学生映画ぽくて、人間がオムニバスみたいに何の感情もなく死んでいく。
ただ殺せばいいってもんじゃない。
美学を持ってサメに食われなさい。
じゃないとせっ
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.6

ジョセフ・ゴードン=レヴィットセクシーだ。
今では当たり前の情報操作、収集。
いわゆるビッグデータが政府によって集められてる事実を公表したスノーデンの実話を元にした作品。
最後の数分本人が出る演出は素
>>続きを読む

スチームボーイ STEAMBOY(2003年製作の映画)

3.3

原作気になるまとめ方はとても素晴らしい。
スチームパンク好きにはたまらないメカメカしさ。
産業革命はやり方しだいで世界が変わる。
蒸気推進する世界線の定めがここにある

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

3.5

スピノ最強。
陸海両方いく。
さらに空も!?
プテラが変わってくれる。
そしてちっちゃい
プケキャロ的なやつの可愛グロ最高

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.4

原点にして頂点。
夢のようなパーク。
スピルバーグの世界が詰め込まれてる。
人間のエゴと願望。
モササウルス早く出してくれればもっと…

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

想像してたのと違った。
「ハイテンション」のように
二重人格の主人公が差別に盲信して白人に対してメッタメタにする映画かと思ってたが、

神経、催眠術、ロボトミーなど
奇妙すぎる展開にゾッとした。
声と
>>続きを読む

すべての終わり(2018年製作の映画)

1.6

タイトル通り観たあとに終わったと感じる。

なんだこれは…
ロードトリップし損ねた。

途中からカーアクション始まるからマッドマックスかと思ったわ

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

3.0

「ジュブナイル」や「アーストゥーエコー」と比較するとシノプシスやカタルシスが薄いんではないかという印象。

ただやはり製作陣がすごいので大掛かりでまたメカ、エイリアンが圧倒的興奮をもたらす。

なんだ
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

2.9

ここまで来たらネタがねぇ!
円卓の騎士という最近コンテンツとのコラボ
人類何回オートボットを敵に回すねん。
学習しない人間の愚かしさ、臆病さを見せる映画ということか!

恐竜の次はドラゴンだ!
子供達
>>続きを読む

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

3.0

マークウォールバーグ好きだけど、
ついに変形も少なくなり、ロボの戦いがメイン。
恐竜はゾイド感がありいいが、もはや起承転結が分かりにくい。長いよ!

ただバンブルビーはいいぞ。
もっとやれ

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

3.1

別に無理に長尺にしなくてええんやで?
ヒロインも交代する大人の事情。

バンブルビー死んでたらそこで俺も終わっていた。
メガトロン、おいしい所から消えるの早すぎ。
扱いひどい
俺のスタースクリーム…

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.7

ライブエンタテイメントの強さを最大限に活かしたミュージカル。

こんなん映画でやられたら生のライブエンタメが霞むレベル。

ストーリーは細かなものは排除し、わかりやすい。
感情は歌やダンスから。
これ
>>続きを読む

この世に私の居場所なんてない(2017年製作の映画)

2.6

居場所はあるものじゃなく作るもの。
ファッキンクールなイライジャ。
犯罪者だけでなく住人まで巻き込んでいく。
最後の殺陣はバカ過ぎてそれだけ観ればいいレベル。
最高にバカでなにも考えなくていい。

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.2

ありがちなロボットと人間の戦い。
両者とも正義であり、むしろ人間は悪に近い。

展開は予想を超えないが、家族とはなんだと考えさせられる良い映画。
やはりリジーがとても美人。

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

3.3

もうルフィたちに勝てるキャラおらんやろ。
実質ステイサム(山路さん)VSルフィ

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.7

家族の大切さ、絆を教えてくれる。

動物系ええな。
プーとかピーターラビットもそうなんだろうなぁ。
革新の時かも

パディントン(2014年製作の映画)

3.9

熊版ホームアローン。

途中でパディントンがCGだと忘れるレベル。
癒される

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

ギレルモパパの渾身のモンスターラブ映画。
特撮愛、モンスター愛を感じる。
なぜならフィッシュマンは全部CGではなく、アクターがやっているから。

この美学わからんやつ、アカデミー取ったからって観るなよ
>>続きを読む

トランセンデンス(2014年製作の映画)

3.4

ありがちなAI映画だと思いきや、
擁護するような展開、愛だの正義だの平和だの…
サメ映画とおなじく怖いのは醜いのは人間だということを示しているように捉えた。

AIに自我はあるか?
それは私たちも同じ
>>続きを読む

>|