touchさんの映画レビュー・感想・評価

touch

touch

劇場公開作品を中心に記録
映画好きというより映画館好きなミーハーです
評価は甘め おてやわらかに

2019年 劇場鑑賞映画 暫定ベスト10
①アベンジャーズ/エンドゲーム
②スパイダーマン:スパイダーバース
③女王陛下のお気に入り
④アクアマン
⑤バンブルビー
⑥クリード 炎の宿敵
⑦愛がなんだ
⑧ギルティ
⑨グリーンブック
⑩スノー・ロワイヤル

映画(235)
ドラマ(1)

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.4

"祭りとは熱狂である…"
* * *
人気キャラ大集合オールスター感謝祭的な作品。
.
どれだけ原作に思い入れがあるか、そして駆け足かつご都合主義のストーリーへの期待を捨てて、お祭り映画として割り切れ
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

2.0

"その気になっちゃったんだからね…?"
* * *
本作における最大の課題といっても過言ではないであろう、フローラ・ビアンカのモデリングは完璧でした。
端折りながらダイジェスト形式でテンポ良く進んでい
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.5

"勇気と無謀はちがうんだ"
* * *
池袋IMAX3Dで鑑賞
なるほど、売り文句に違わぬ"超実写"。
1.43:1大画面フルサイズの迫力も相まって、サバンナやジャングルの臨場感は満点。
ただ、ジョン
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

3.9

"お風呂屋さんの仕事も、結構あぶないんですね"
* * *
バイト先のお風呂屋さんが、閉店後は死体処理場でした…
.
血生臭い題材でありながら、意表をつくような爽やかさ。
日常と非日常の境界が揺らぐ、
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.7

"自分の内なる声に従うのさ"
* * *
前作の完璧な幕引きから9年振りの新作は
「おもちゃにとっての幸せ」を再考する意欲作!
であると同時に「子どもに選ばれ、愛され、成長を見守ることこそがおもちゃの
>>続きを読む

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

3.8

"友人だろうと死ぬ"
* * *
J.J.エイブラムス率いる製作チームによるZ級恐怖映画
迫力の戦争映画からサバイバルアクション、ソリッドスリラー、ゴアバイオレンス、ゾンビホラーとジャンルが変容してい
>>続きを読む

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.6

"弱いほど 強い人間になれるんだ"
* * *
『グッド・ウィル・ハンティング』『エレファント』のガス・ヴァン・サント監督最新作。
交通事故で車椅子生活を余儀なくされ、風刺漫画家として新たな人生を歩み
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.9

"I like this one."
* * *
IMAX3D最速上映で観了
前作インフィニティ・ウォーを遥かに凌ぐスケールでシリーズの歴史を締めくくる最高傑作!
MCUファン大感謝祭としても、一本の
>>続きを読む

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

3.6

"わたし、恋がしたかっただけなんだ"
* * *
前作『勝手にふるえてろ』同様、大九明子監督の類まれな観察力と再現力が光る。
"精神的すっぴん部分"とでも言うべき、人間が油断した時に顔を出すガサツな一
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.1

"最初から いなかったかのように 消えたい"
* * *
人は音も無く炎上する
.
顔、故郷、記憶…うらぶれた過去は一瞬で燃え上がり、跡形もなく消える。
あらゆるものはそこにあって、そこにない。
禅問
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.6

"現場にはスパイダーマンが…数人?"
* * *
オーケー、繰り返しになるが説明しよう。
"彼ら"はスパイダーマン。
"親愛なる隣人たち"だ。
.
祝・アカデミー賞 長編アニメ部門受賞!
溢れんばかり
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.6

"知ってる? 蜘蛛が自分の巣にかからない理由を…"
* * *
デヴィッド・フィンチャー監督のハリウッド版『ドラゴン・タトゥーの女』から7年の時を経て、キャストが変わり、監督が変わり…
"テセウスの船
>>続きを読む

ノーザン・ソウル(2014年製作の映画)

4.1

"ベストテンなんてクソくらえ 最強のアンダーグラウンドだ"
* * *
完全にノーマークだったけど、脳天直撃クリティカルヒットの快作だった。
.
まるで"ダニーボイル版シングストリート"
音楽ムーブメ
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.3

"この世界では 涙は頬を伝う"
* * *
前評判に違わぬ大傑作。
ジェームズ・ワン監督の確かな手腕によって描かれる一大マーメイド・プリンス・サーガ。
『バーフバリ X-ミッション〈海洋版〉〜失われた
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.7

"パパは月に行くのよ"
* * *
人類として初めて月に降り立った宇宙飛行士:ニール・アームストロング
本作は彼の偉業を題材にした作品だが、単に彼の活躍だけを描いた映画ではない。
これは"人類で初めて
>>続きを読む

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

3.9

"兄さんが恐い? –うん
でもいると嬉しい? –うん"
* * *
母に捨てられ孤独に生きてきた元ボクサーの兄と、母の愛を一身に受けて育ってきたサヴァン症候群の弟
境遇のまったく異なる二人の出会いが
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.4

"古い生き方は葬ろう"
* * *
ブラッドリー・クーパーが初監督・製作・主演
スターダムを駆け上がる新人歌手をレディ・ガガが熱演。
「本当にこれが初監督?」と疑いたくなるほどの完成度の高さ。全てのシ
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.3

"本物のプリンセスよ!"
* * *
「あなたは何にでもなれるし、どんな夢を見てもいい。そして誰もその夢を邪魔することはできない」というまばゆい希望を示す傑作。
大御所ディズニーだからできた自由度の高
>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.6

"見よ 怪物に命が宿る"
* * *
数々の作品に影響を与えてきたゴシックホラーの傑作『フランケンシュタイン』を18歳の若さで書き上げた女性作家:メアリー
彼女の波乱に満ちた人生を詩情豊かに描く。
.
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

"僕はつく側を選んだ"
* * *
普通の人間がある日突然「お前は強大な力を秘めた魔法使いだ」と知らされたら…
かの有名なハリー・ポッターは英雄となった。
さて、果たして"彼"はどうだろうか…
.
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.2

"リゾート婚 世界はナルシストだらけ"
* * *
ウディ・アレン的なウィットに富んだラブコメ会話劇を期待して鑑賞。
.
自己中心なヘンクツ色男とこじらせにこじらせたヘリクツ美人のへそ曲がりな毒突き合
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.8

"…来るよ"
* * *
‪年末出血大サービス(物理)‬
.
暗黒ホームドラマと怨霊退治アクションの盛り合わせを実力派俳優が熱演。
キャラクター達に惹きつけられたダークエンタメムービーだった。
.
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.1

"規則なんてない あるのは指示だけだ"
* * *
目を背けたくなるような惨憺たる現実。
ヒリヒリとした空気が張り詰める緊張感。
戦闘シーンは前作よりハードにパワーアップしており、"ソルジャーズ・デイ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.6

"おれたちなら何でもできるさ"
* * *
目には目を 歯には歯を
"最悪"には"最悪"を
.
謎の宇宙生命体:シンビオートに寄生された主人公:エディが共闘するバディムービー。
ヴェノムの力に溺れて破
>>続きを読む

ニセコイ(2018年製作の映画)

3.0

"神よ なんという試練を"
* * *
中島健人の三枚目っぷりと千葉県のYさんが太鼓判を押す島崎遥香の"橘っぷり"を観るべく鑑賞。
久々に頭からっぽでシネマイクポップコーンのバターしょうゆ味を堪能でき
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.9

"せめて夢の中で あなたを助けたい"
* * *
シチリアの小さな町に暮らす純真な少年少女
身勝手な大人たちの都合によって引き裂かれる儚い恋
胸が締めつけられる切なくも美しいラブストーリーです。
.
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.3

“敗れることなかれ"
* * *
グラフィックノベルが原作、『ハリー・ポッターと賢者の石』のクリス・コロンバス監督が製作。
「少女が謎の巨人と戦う」というあらすじだけ見るとダークファンタジー冒険譚を想
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.7

"借りた本を返さないなんて 無礼の極みだ"
* * *
『マイ・インターン』製作陣による作品ということで観賞。
「一つずつできることをやればいい」という言葉が胸に響く、ハートフルなガールズ・ムービーで
>>続きを読む

運命は踊る(2017年製作の映画)

3.7

"人には消えない記憶がある"
* * *
「息子が戦死した」という誤報に翻弄される家族の悲喜交々を描いたイスラエル映画。
原題の『Foxtrot』とは前、右、後ろ、左とボックスステップを踏むダンスであ
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.1

"地獄の門が開く"
* * *
今年最後のトラウマ級ホラー、降臨。
.
米国では"21世紀最高のホラー映画"との呼び声も高い本作。
製作は新進気鋭の映画スタジオA24。またお前か。
.
人間の心のジメ
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.4

"春の湯は全ての者を受け入れます"
* * *
「ナメてた子供向けアニメが傑作だった」の最高峰。
きめ細やかな配慮が随所に散りばめられた、所謂”おもてなしの精神”の極地。
今年一番のアニメ映画ともいえ
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.3

"彼女の生涯の最高傑作は言うまでもない 君だよ"
* * *
1ヶ月フリーパスで視聴
チャイコフスキーによる楽曲で広く知られるバレエ作品『くるみ割り人形』の原作、ホフマンの童話 『くるみ割り人形とねず
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.0

"いつかその場所に戻った時 私の一部が待っていてくれる"
* * *
愛する人を残して先立った者と残された者
物語のスポットライトが当たるのは
いつも残された者ばかり
では、残してしまった者はどうなる
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

3.7

"ロックで揺さぶってくれ 俺が死んだらな"
* * *
ナメてた木こりがマッドマックス野郎だった
.
変な映画大好き勢の皆さん!
今年公開・最狂映画が決定しましたよ!
コレを観るまでは『アンダー・ザ・
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

3.8

"自分を見失うな"
* * *
窒息によるブラックアウト寸前
朦朧とした意識の中で見る迷夢から、ハッと我に返るような感覚。
"寸止め"の緊張と弛緩を繰り返すスーパーナチュラル・スリラーです。
.
北欧
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.6

"ドレスじゃなくて 君が輝いてる"
* * *
古くは『シンデレラ』や『プリティ・ウーマン』といった"経済格差恋愛"を題材にした古典的ロマンス・コメディでありながら、
ハリウッド映画としては異例の"主
>>続きを読む

>|