ガンシエルさんの映画レビュー・感想・評価

ガンシエル

ガンシエル

映画(447)
ドラマ(0)

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.5

浜辺美波と神木隆之介はかわE。コメディとして観ればまあまあ面白いけど、ミステリー要素がいまいち。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

4.3

ホラー要素ありの青春映画。前編はホラーを押し出してたのに後編は青春にかなり振って来た感じ。後編はオリジナル版より好き

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

衝撃的な映画だった。主演のホアキンフェニックスの怪演がとにかく良かった。心優しい青年が次第に狂っていくのが恐怖を感じさせる。面白かった、

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.3

宗教的な思想とか悪魔に対する恐怖が薄いのであまり怖さがわからなかった。主役のお母さんの迫真の演技はゾッとする物があった

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.9

難しいこと考えずに笑えるコメディでした。ディーンフジオカさんの色気と、草刈正雄さんの二面性の演技がとても良かった。最後が少し知りすぼみした感はあるけど飽きずに観てられた

アス(2019年製作の映画)

4.8

まず設定がとても良かったのと、びっくりさせるだけじゃなく芯から不気味さを感じさせてくれる演出が素晴らしかった。途中からオチは読めるけど、嫌な余韻の残る締め方で良かった

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

4.0

チャッキーの設定がオリジナル版から一新されており、オリジナル版のファンとしては最初は拒否感がありました。観ているうちにそれもなくなり、別物としてかなり楽しめました。オードリープラザの色気あり、笑いあり>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.6

メンインブラックの続編としてでなく、スピンオフとして観たら普通に面白かった。続編として観ると微妙かも。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.3

怪獣が大暴れしまくってて怪獣好きなら満足できる作品でした。過去のゴジラシリーズに出てきた用語が出てきたりと、ゴジラ好きならより楽しめる要素が詰まってました。

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.5

主人公である夫を亡くした二児の母が色気のある良い熟女でした。死霊館シリーズは綺麗な熟女がポイントですね。
驚かし方がワンパターンな感は否めませんが、ドキドキハラハラさせる演出はなかなかでした。死霊館シ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.2

ポケモンが現実世界に生きてたらどんな世界になるのか、想像した通りの世界が描かれていてポケモン好きならその世界観だけでテンション上がります。ピカチュウの可愛さもgood。大人向けなアメコミヒーローモノっ>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.2

邦画の漫画実写化ということで不安もありましたが、不安を見事に吹き飛ばしてくれました。配役が尽くハマり役で原作の再現度が非常に高く、終始熱い展開でとても面白かったです。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!
前半のパートで違和感のあった箇所が後半で理由がしっかり描かれる伏線回収映画。ホラーかサスペンスだと思ってたらコメディだだたので良い意味で裏切られた。
真魚ちゃんが可愛かった

オーディション(2000年製作の映画)

4.0

終始じっとりとした空気が漂うザJホラーって感じ映画でした。中盤から徐々に不穏な空気が漂い始め、夢と現実の境が曖昧になっていくのが不気味で良かったです。

道化死てるぜ!(2012年製作の映画)

3.6

ポップコーン食いながら観るのに最適な馬鹿馬鹿しいホラーコメディだった。殺し方のセンス○

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

4.0

設定やストーリーで残酷描写をより際立たせる演出が見事でした。意外と不快感のない残酷描写でさっぱり観ることができました。

バード・ボックス(2018年製作の映画)

4.5

素晴らしかったです。人間関係の変化がとても丁寧に描かれていて、特に主人公と子供たちの関係が変化していくのがたまらなかったです。オチは全く予想していなかった物で、とても考えさせられました。

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

2.0

これはひどい。この監督は悪魔のいけにえを見たことないのかと思う。

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.8

原作が好きな作品なので甘めの点数を付けています。原作の再現度が高かったので、原作のカラー版を観ているようで楽しめました。演技が下手な人が何人かいるのが気になったのと、音楽の使い方が良くないと感じました>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.0

全体的に良くも悪くも中高生向けって感じの内容でした。杉咲花ちゃんかわいい。

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

4.0

ホラーという触れ込みではあるがホラーではなかった。むしろ思春期の女の子の葛藤や危うさ、愛情にも近い友情が丁寧に描かれていてとても切ない映画だった。主人公とイケイケグループのリーダー格の女の子が徐々に絆>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.5

静かで淡々とした展開ながらずっと不穏な空気が漂ってた。デヴィットリンチ映画みたいに、悪夢を見てるような不気味な雰囲気のある映画だった。

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

2.3

期待してた展開と違った。前半はドライブ感があって引き込まれたんですが、どんどん失速していってまとめ方もいまいちでした。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

世界観がしっかりしてて安定して面白い。そして魔法動物たちがかわいい。続編前提のストーリーだったので早く次が観たい!ハリーポッターシリーズ観てないと理解できない部分がありそうだけどどうなんでしょう

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

フレディが段々と高みに登りつめていく高揚感と、タイムリミットが迫ってきているという焦燥感がたまらなかった。ライブシーンはどれも素晴らしかったけど特にラストシーンで、ボヘミアンラプソディの「僕は死にたく>>続きを読む

スターシップ・トゥルーパーズ(1997年製作の映画)

3.5

時折変な皮肉めいた演出が入るSFアクションとして観てた。CGがなかなか綺麗だし定番の流れながらテンポがよくて飽きない展開で面白かった。プロパガンダ映画のパロディらしく元ネタ知らなかったけど普通に楽しめ>>続きを読む

チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁(1998年製作の映画)

3.8

一番好きなホラー映画のシリーズ。シリーズの中でも一番好きだった。センスのある殺人シーンや気色の悪いシーンがテンポよく続いてくので飽きずに見てられる楽しい映画

旅猫リポート(2018年製作の映画)

4.8

原作の時点で読みながら号泣してたので、映画館でもめちゃくちゃ泣いた。短すぎて原作の良いところが伝わりきらない部分もあったけど、映画という尺の制約の中では精いっぱいかな、という気がする。序盤から終始泣き>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

夜のシーンがとても綺麗。思わずリズムをとりたくなる曲に乗ってストーリーが進んでいって、夜明けとともに二人が別れるのが最高にエモい。

チャイルド・プレイ3(1991年製作の映画)

3.0

もはやホラー映画というよりコメディ映画じみてきたけど安定して面白い。ツッコミどころを探して観るのが楽しい映画

テッド 2(2015年製作の映画)

4.0

1作目より面白かった。相変わらず最低で下品な下ネタとブラックジョークの連続だけど締めるところは締められててちょっとうるっときた。

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

3.6

死霊館シリーズはどれも無難に面白い。家族愛が描かれててホラー要素よりそっちが好みだった。1作目のが怖さはあったけど、これも幽霊の正体が意外で面白かった

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.9

伏線回収とか小ネタが多くて把握しきれなかったけど面白かった。フクロウのキスと犬殺しはどういう意味だったんだろう。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ホラー演出は驚かし演出ばかり。展開はツッコミどころばかり。家族愛に感動の謳い文句だけど「いや自業自得の結果だよ…」という感想しか出てこない。とにかくツッコミどころしかないような映画。ラストで化物に怖が>>続きを読む

>|