水しか飲まないさんの映画レビュー・感想・評価

水しか飲まない

水しか飲まない

モラトリアムを謳歌する大学院生
ドラマは海外のもののみ記録つけてる

映画(872)
ドラマ(37)

藍色夏恋(2002年製作の映画)

4.3

なんとまあ瑞々しいチャリンコラブ!
男子高校生の、彼自身認識していないだろうヘルシーな美しさが眩しかった。

グイルンメイ出演作を観ると毎度涙の演技に圧倒されるのだが、この頃からあの雰囲気、あの目の演
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

劇場で見た友達にあらすじ聞いてそんなんあるかって爆笑してたけど全部本当だった…メタファーどころじゃなく終始直接的すぎて笑った…
声優陣もノリノリで、キメてから録ったのかってくらい楽しそう…

宗教映画
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

2.8

ゾンビってめちゃくちゃ汎用性高いから、どこにぶっこんでもそれなりな点数叩きだす。ジェーンオースティンの世界でもしかり。
そして結局いちばん面白いのはゾンビ襲来がもたらす人間関係なのであって、人間たちが
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.2

70's探偵バディもの
公開時ララランドのセブに陶酔していた私はイメージを崩したくなくて寝かせていたのです。

タイトルロゴみてブギーナイツ思い出したけど、もしかして同じ世界線の話!と思ったらカラッと
>>続きを読む

ホンモノの気持ち(2017年製作の映画)

3.3

大好きな二人、ユアンとレアちゃんがきゃっきゃしてるだけで尊すぎて泣けてくる。

シンギュラリティとかAIの自我とかそういったトピックが好きなので楽しめた。
アンドロイドが豊かな感情表現を持ち、人間と遜
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

おペグを筆頭に、ヒロイン揃い踏み!
ヘンリーカヴィルも撮影辛すぎて泣いてたとかカワイイ…

個人的にローグネイションは超えなかったけど、監督続投は良いことだ。安定感があった。

車の運転、ヘリの操縦、
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

イラスティガールの人生を思うと泣ける。戦う女の敵は乱暴者や極悪非道なヴィランだけではないのだから〜
サントラ最高👍

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

高校生がテストでカンニングするってだけで130分。それがどうして ハラハラ飽きさせない!息するのも忘れるスリリングなクライムサスペンス。
タイ映画はいくつか見たことあるが、イメージがガラッと変わる。ス
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

まだ観てない人は、何も読むな!何も検索するな!何も聞くな!!!予告編もツイッターも公式サイトもフィルマークスも見るな!!!!


満員、立ち見チケットも完売の空間で観て、最高の映画体験ができた。笑える
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

優しくて喧嘩が強いマッチョは最高。最高すぎるので子供もすぐなつくし、一人で家も建てられる。

落語みたいなオチだっだ
これが本当のジュラシックワールド…

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

4.0

SF設定を入り口に、精神世界に収束する。幼児が胎内記憶を語るときみたいな、少し不気味で神聖な感覚が続く。
人生の枝分かれの先を見せられることほど残酷なことはないね。これで良かったと思うしかないんだから
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

ガルガドットの美の暴力がすごい
戦争映画だったな

トレインスポッティングで一番好きなスパッドが〜!

ロクサーヌ、ロクサーヌ(2018年製作の映画)

3.5

ミドルスクール期、フィメールラッパーの先駆けとなったロクサーヌシャンテ。イメージと違い、親しみやすい性格で応援したくなる。
ラストのnas少年登場鳥肌だったんだが、これはマジのエピソード??

カンゴ
>>続きを読む

FAKE ディレクターズ・カット版(2016年製作の映画)

3.3

虚像を追うしょーもなさを見る。
みんな本気で真実を知りたい訳ではない。全てエンタメなんだ

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

4.0

散々焦らして緊張感限界まで高めて一瞬で全部解放、カタルシス
最高スコリモフスキ!
やっぱ変態だこの人ー!!

みなさん、さようなら(2003年製作の映画)

3.5

自明な死に向かっているとき、周囲の人がそれぞれの中で気持ちを整理しているのが見えて良い。
お見舞いは賑やかなほど辛くなる、病院で思い出話するのはしんどい。

お金があるから幸せになるとは限らないが不幸
>>続きを読む

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

4.0

キムミニを堪能。酔っ払って突然怒り出したり機嫌よくなったりしてもうカワイイ。飲み会のシーンすべてが良い。

ラストシーン、最高だった。

それから(2017年製作の映画)

3.5

自分の不倫相手を主演女優に据えて不倫モノを撮る…てので構えてかかっていたけど、割とフラット。キムミニ×ホンサンス映画祭のオープニング的な立ち位置としてもいい。

白黒で会話に焦点が当てられるといつもの
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

ハンソロがソーキュート…中学生みたい…
456がまた新鮮に感じ取れるようになる、新しい視点を手に入れられて嬉しい。

ドナルド・グローヴァーakaチャイルデイッシュガンビーノこれだけ?…楽しみにしてた
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.8

マイク・ミルズ、昔から大好きだったんだけど、なぜミランダ・ジュライのパートナーなのかが謎だった。けど、なんか分かった気がする。

グレタの役が良すぎて、これ彼女が主役なのではと思うほどだった。パンクロ
>>続きを読む

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

4.0

アパトーギャング、最高〜。
童貞喪失とかはもうどうでもよくて、大人になる通過儀礼的なモーメント。涙なしに見れないブロマンスものだった。
エミネムもこの映画のファンだって!

ハンナだけど、生きていく!(2007年製作の映画)

4.5

本国から10年遅れてマンブルコアを追体験。
カメラを意識しない、っていうか、実際のところそうなるよねの連続。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

2.8

とにかく長瀬の顔が好き
序盤で髪を下ろした長瀬が数十秒見れるのだが、それだけで満足だよ…とにかく長瀬の顔が好きだから…

大倉孝二さん、スタイルいいわあ。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.0

ベルリンの壁崩壊と、ヘドウィグの男女の性差の壁・自由への壁、メタファーが効いている!

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

3.8

dopeってヒップホップスラングじゃなくて、麻薬のほうのdopeだった。

オタクなタイプのヒップホップヘッズがひょんなことからドラッグを手にしちゃってギャングに追われて…ってドタバタしちゃいそうなの
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.2

ゴーストワールドとかジョンヒューズ監督作とか、思春期ガールズムービーを思い出すけど、焦点を当ててるところが異なっていて、母と娘の子離れ親離れ映画だった!

自分には何かしらの才能があるけどそれが開花し
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

オギーを中心に爽やかに連鎖する感動!超ピースフルな雰囲気で最高だった。
お姉ちゃんパートがいちばん効いた。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

最近報じられてるあの悲しいニュースを見てから、家族とか血の繋がりとか親の定義とか考えてたからずしっとのめり込んだ。
俳優陣の演技が、作られたものを感じさせないほど自然なので、より現実的な影を落とす。そ
>>続きを読む

生きのびるために(2017年製作の映画)

4.2

Netflix加入者は全員見て……
現実的すぎる描写だけでなく、弟に話して聞かせるお話からも、自分の見てる世界の狭さ、想像力の乏しさに気付かされる。くらった〜

チェイシング・エイミー(1997年製作の映画)

3.8

コミコンで出会って好きになった女の子がレズビアンだったけど気にせず勝手に突き進む馬鹿者なオタク男子の話。
ベンアフレック演じる主人公が取る行動、彼女に投げる質問全部が愚かでわかってなくて呆れた。けどこ
>>続きを読む

パワーズ・オブ・テン(1968年製作の映画)

3.3

イームズの実験的短編作品。
宇宙から素粒子まで
フラクタル
Google earth

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.8

芸術家肌の魅力的なダメ男を演じる時のイーサン・ホークが好きなんだとにかく。
実際はジェーンなんて女性はそばには居なくて、作られたキャラクターらしいけど、彼女なしなんて考えられないロマンチックなシーンの
>>続きを読む

オール・ザット・ジャズ(1979年製作の映画)

3.5

薬飲んで煙草ふかして浮気して、華やかな舞台の世界が全てだった彼が唯一向き合った現実が死。ショービジネスと心中したんだ

>|