んさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

ん

映画(600)
ドラマ(0)

トリック 劇場版2(2006年製作の映画)

3.4

種明かし後にほぉ〜ってなった印象に残るトリックが多い回

バケモノの子(2015年製作の映画)

2.9

渋谷での戦い辺りから気持ちが離れてしまった…

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年製作の映画)

3.6

もっと早く出会いたかった〜
カルト色がちょっと弱めのロッキーホラーショーという感じで楽しみやすいロックミュージカルでした。
アラン・メンケン作曲の音楽がハイテンションで映画のテンポも長さもちょうど良い

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

3.6

小さな善い行いが大きな幸せに繋がる可能性を信じたくなる素敵な映画……と思ったのにラストがずるい…

ビートルジュース(1988年製作の映画)

3.4

ザ・ティム・バートン!オープニングのミニチュアが可愛い、どのキャラクターも癖が強くて鬱陶しいのに憎めない

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

3.7

愛され映画。巨大ロボットとの友情というテーマが少年心をくすぐる。ラストがグッと来ます。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

前作のファンタジーアドベンチャーなジュマンジも大好きですが、今の年齢だとこれはこれで大好き

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

映像が綺麗。心温まる。飼い犬の名前をダンテに変えそうになる。特別な思い出の映画です。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.5

圧倒的歌唱力!楽しい〜ブタさん宅のからくり家事シーン大好き

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

義理人情に溢れた締めくくり方が素敵

予告のImagine Dragonsが劇中では使われてなくて残念……

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

たまらなく神聖な映画。新たな領域に足を踏み入れてしまった感とともに観たい映画の幅が広がりました。

人喰猪、公民館襲撃す!(2009年製作の映画)

3.0

邦題のセンスがあまりに良くて期待しすぎてしまった笑 じわじわ系

百円の恋(2014年製作の映画)

3.8

タイトルクレジットまでで既にこの映画おもしろい!と思えて感動しました

たった1本、この映画を観ただけで夢中にさせられる安藤サクラさんの魅力……

静かなシーンですが、父と食事するシーンでの一子の雰囲
>>続きを読む

バンド・ワゴン(1953年製作の映画)

3.7

ザ・MGMなミュージカル映画。フレッド・アステアのダンスと歌をとにかく堪能できました🙏

真面目な顔してお茶目な会話をする馬車のシーンが素敵

バロン(1989年製作の映画)

3.7

テリー・ギリアムの独特の世界観満載
浅草の花やしきみたいな手作り感とチープさのあるセットが素敵です。ほら吹き話にもぴったり。

どのキャラクターもアクが強いけれど、ロビン・ウィリアムズ(首だけ)演じ
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

3.6

午前十時の映画祭にて
ミニシアターと聞いて1番最初に連想する映画。

砂埃が多くて暑苦しくて音楽が気だるくてテンポは良くないのに癖になりました。後半のノリの良さがより際立つ。

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

2は1よりもさらに面白い。パディントンが歩くとそこらじゅう大運動会みたいになったり、可愛くデコレーションされてったり常に動きがあるから絶対に飽きない

靴職人と魔法のミシン(2014年製作の映画)

2.9

魔法のミシンで直した靴を履くと持ち主の姿になるっていう設定がすごく面白い。もっともっと色んな展開が見てみたかった…

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.7

とにかく無敵な女の子育成映画。テンポが良くて試合の見せ方が上手くて熱苦しくてスカッとしました!

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.7

ほぼ2人だけの会話劇なのに盛り上がりがあって1日っていう時間の流れを感じて面白かった!素敵

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

3.4

低評価なのもわかるけれど、なんか好きで見始めると最後まで見ちゃう。

子ども目線だから恐怖が大きくなると同時に冒険っぽい雰囲気が出るので宇宙人×子どもっていう組み合わせはやっぱり鉄板

ラストの演出た
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

最高。5秒に1回くらいの怒涛の勢いで映画愛が溢れてきました!世界中のオタクが好きなものをスピルバーグ監督も好きでいてくれて本当に良かった…

熱いメッセージ性を感じるセリフが多く、スピルバーグ監督から
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.6

テクノロジーが超次元で無敵。他のマーベルヒーローとジャンルがちょっとズレてそうで面白い。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

観終わってからタイトルの意味をもう一度噛みしめたくなる映画でした!

バスに乗って帽子をクッションにするシーンすごく好きです。日常の何気ない一コマを愛おしく見せるのがうまい…

サリー・ホーキンスが1
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

オープニングが最高潮にカッコよかったです。予告で何度も曲を聴いていたこともあって、これから始まる〜っていうワクワク感で鳥肌が立ちました。

ただサーカスの躍動感やカメラワークの激しさで、ストーリーの薄
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

面白かった〜ゾンビへの体当たりアクションは予想外

車両からはち切れんばかりにどんどん湧き出てくるゾンビ、逃げ切るためのタイムリミット、醜い人間の争い…これは外せないっていうゾンビ映画の醍醐味+期待以
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.4

パディントンがリアルだけどちゃんと愛らしい!家の内装も絵本の挿絵みたいにすごく可愛らしかったです。

チャイルド44 森に消えた子供たち(2014年製作の映画)

3.0

少しでも選択を間違えれば命を落とすというピリピリとした緊張感があって全体的に重くてゆっくり

"猟奇殺人犯を追う"のと"誰がスパイなのか"という2つのテーマがあまり絡み合わずバラバラに進んで行く感じで
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

松岡茉優のこじらせ女子っぷりがリアルで、期待以上の痛々しさ!痛い現実と妄想の境界線があやふやで終始ふわふわしてました。卑屈で傲慢な女の子の放つ一言は面白くて胸に刺さる。

オカリナを吹く隣人(片桐はい
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.6

インド映画代表!起承転結が何度もあってドラマ5話分が詰まっているような満足感でした。おちゃらけてるのにグッとくる映画ってズルい

鍵となるアイテムや決め台詞、お決まりポーズが盛りだくさんで伏線回収のよ
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

3.1

原作を知らずに見たのでペコがただの危ない人に見えてしまい……いまいち世界観に付いて行けなかった…

最後の試合も突然あっさり終わってしまって驚きました。2時間に収めるってすごく難しいんだろうな…

>>続きを読む

マッキー/Makkhi(2012年製作の映画)

3.6

バーフバリをもっと楽しみたくて、バーフバリの監督のハエ映画マッキー

高飛車な美人に想いを寄せるストーカー一歩手前の誠実な主人公が、お金持ちの悪者に殺されてしまいハエとなって復讐するロマンスコメディ映
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.3

バーフバリの慈愛深さにカッタッパの忠誠心に異常なほど泣けました。怪力さは超人級だし、バーフバリほどの人間になると戦法もこの世の次元のものではない!前作でも使われていたBGMが流れればバーフバリが無敵状>>続きを読む

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

3.3

麻薬組織の黒幕を追う刑事(ジャッキーチェン)と手グセが悪くやたら組織から追われる男のバディムービー

ジャッキーお馴染みイスを使ったアクション以外に巨大マトリョーシカなど新たな道具も登場。色んな映画を
>>続きを読む