tower1209さんの映画レビュー・感想・評価

tower1209

tower1209

映画(257)
ドラマ(0)

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

4.3

終戦記念日が近い今にぴったりの映画。

個人的な歴史観は置いておいて…

すごい映画だった。いつにも増して映像マジックがてんこ盛り。情報量が多すぎて、終わった時に疲れと眠気に襲われる。ふらっと行って観
>>続きを読む

グッド・ワイフ(2018年製作の映画)

3.2

生活レベルって一回上げちゃうと下げられないもんなんでしょうか。哀れな末路。レジリエンスの話のような気がしました。

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

自粛せよと言われながら劇場へ。罪悪感あり。。しかし朝早くて人もまばら。

やっぱり古沢良太さんの脚本が素晴らしい。伏線を張ったサスペンス要素と笑いのバランスが心地良い。

そして沢山のスターを一気に見
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.4

自分の家族のことを色々と思い出した。
この映画で過去が蘇ってしまう人は、何らかの苦い経験をしたことがあるのではないか。

ただ…字幕が下品だった。
恐らくそのまま訳しているのだとは思うけど、もう少し日
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.3

ホラーが苦手ながら、それだけでは終わらないだろうと期待して鑑賞。

裏切られなかった。ホラーじゃなかった。

低予算でこれだけのものが作れるんだという驚き。音響、音楽、カメラワークと、観客をこれでもか
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

4.1

ロケットマンやボヘミアン・ラプソディのような伝記的なミュージカルと、Yesterdayのように、あるアーティストをフィーチャーした作品があるけど、本作は後者。ミュージカルじゃないけどミュージカルのよう>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

4.0

大笑い。
ウディアレンの独特な世界観に、いつにも増して笑いがてんこ盛り。

恋愛感情って実は思い込みで、他に熱中することができたら、意外とすぐにどうでも良くなってしまうものなのかもしれない。恋愛感情に
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

3.5

期待しすぎたかもしれない。
面白かったしどんでん返しもあったんだけど、丁寧に作られすぎていて、若干疾走感に欠けていたような。時間も巻き戻しが多くて(そういうタネ明かしのやり方だから仕方がないけど)最初
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

己を受け入れて、自分が自分自身の味方でいられたら、深い孤独の淵に光が差すはず。

最後の死は、悩んだ末の自殺でも、希望を持ちながらの長い眠りでもなく、自分自身を認める勇気を持った上で、心から信頼するル
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

3.9

確かに、ダニーとクリスチャンの関係性と結末までのいきさつは分かりやすくなったけど、通して観ると「40分も延びてたか…?」という感じ。わざわざ観る必要ないかなーと思った。

しかし、映画の編集って大事な
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.7

全ての日本人に観てほしい映画。

東京電力に批判が集中した当時、電力の恩恵を受けながら、よくそこまで文句を浴びせることができるなと思っていた。
決して美化してはいけないけれど、福島第一原発で頑張ってく
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.2

ジャッジ!の脚本家ということで期待しすぎた。ところどころ笑えるけど、別にゲラゲラって感じではない。。。

娘は戦場で生まれた(2019年製作の映画)

3.7

病院の爆撃、断水、毒ガス…
コロナで騒いでいる社会が愚かに思える。

常に死と隣り合わせで、筆舌に尽くしがたいほど理不尽な世界。
東京にいると、家を捨てるなんて簡単なことだと思えるけど、子供に正しい親
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.0

映画を観終わった後のエンドロールが衝撃的。

公民権運動発祥の地であるアラバマ州。たった30年前に、肌の色だけでこんな屈辱的なことをされていたなんて、想像を絶する。今もあるだろう。ただ、その一方でブリ
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

4.2

行き過ぎたレベルのリアリティ。どうやって選んだんだと思うくらいリアルなキャスティングと、常に緊迫しつつ血走った世界観。あっという間だった。
こんな世界で生きている人達もいるんだ…と、全く別の次元で捉え
>>続きを読む

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018年製作の映画)

3.4

近くのおばあさんが、ビニール袋に入れたお菓子をボリボリ食べる上に、その人の携帯が大音量で何回も鳴るという、未体験ゾーンのマナー違反に遭遇して、映画に全く集中できなかった。。。

が、気を取り直して。
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

4.4

日本の劇場が笑いで沸くってなかなかない。
いやーそれにしても笑った。ほんとなんでこんなに面白いんだろう。ドラマまたやらないかな。
管理職が総入れ替わり。また味があるんだな。
そしてかおりんが実はRAD
>>続きを読む

ダンサー そして私たちは踊った(2019年製作の映画)

4.2

観ているこちらの胸が締め付けられるほどに、人の心の描き方が秀逸。

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

3.7

ミュージカル風に進むので見易いし、ダンスが素晴らしい。相当練習していないと無理だろうな…

ただ、ストーリー進行に時間を使いすぎていて、人間関係構築の過程があまり描かれていなかったのが残念。あっさりし
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

構えて行ったけどそんなに怖くなかった。
ちょっと笑ってしまった場面もあり。それはいいのにこれはダメなの!?という笑

世界のどこかには、まだあんな場所があるんじゃないかって思っている。日本だって例外で
>>続きを読む

Red(2020年製作の映画)

4.0

最後の5分のために、全てを観させられていたような。夏帆の俳優としての幅が感じられる作品。

「子供がかわいそう!」ってそりゃそうなんだけど、それを言っちゃあおしまいよ。そういう理性が働かない感情に突き
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

ロシア映画、アツい。
ラストは分かっていても、手に汗握る展開。戦車モノ(ってカテゴリーがあるのかは知らないが)を観るのは初めてだったけど、迫力がすごい。本物を使っているというのがまた臨場感を強くする。
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.2

どう撮ったのか。これを撮った裏側の映像を観たい。

いやーしかしすごいものを見た。ポップコーン食べたらダメな映画。失敗!
これ美術賞は逃しているのか。作品賞もこちら派。めちゃ良かった。
これは映画館の
>>続きを読む

ロニートとエスティ 彼女たちの選択(2017年製作の映画)

4.0

目だけであんなに演技できるものなのか。Wレイチェルすごい。

今流行りの路線だが、この映画に込められているメッセージは、選択できる自由と共に、人を大切に思う気持ちなんだと思った。
自由とは言いながら、
>>続きを読む

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

んー。伏線は全て回収されていたし、面白かったんだけど、この腹落ちしない感じはなんだろう。。。

多分オチが凝りすぎていたから、話がわざとらしく感じてしまったのかもしれない。

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

4.3

よい。非常によい!!!

オープニングがカッコよすぎて鳥肌立ちっぱなし。
そして本編はかなり笑った。自然体の会話劇が良い。何よりも、情熱が伝播して大きなうねりになっていたのが印象的。
大企業にいると、
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.7

ネタは分かっちゃうので意外性はないです。だって、そりゃそうでしょう…。
しかし映画としては良いです!笑えるし、明るい感じで進むので、観ている方もノってくる感覚あり。
トニコレットってどっかで見たことあ
>>続きを読む

無垢なる証人(2019年製作の映画)

3.7

話が大体見えちゃうけど、笑いも散りばめられていて結構面白かった。
ただテンポがちょっと。もう少しトントン進んでも良かったんじゃないか。
ジャーンは国境を越えるのか。笑った。

his(2020年製作の映画)

3.2

文科省推薦作品になりそうな雰囲気だった。
渚が身勝手すぎて感情移入ゼロだった。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.0

話が二転三転。これで終わりか!と思ったら最後にまた一捻り。美しい伏線回収。なるほどねー!で終了。宣伝にある通り誤訳しました。オチを知ってからもう一回観ると、それはそれでまた面白いかもしれませんな。
>>続きを読む

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(2018年製作の映画)

3.8

ホドロフスキー的な世界観。ちょっと違うけど。理解を超えないと観られない。
監督の頭の中にある情景を、スタッフや役者に共有し、皆が理解してひとつの作品を作り上げる。これを観ると、お互いの深い相互理解と信
>>続きを読む

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

4.0

暇潰しで期待ゼロだったが、なにこれおもろいやん。話がサクサク進むから全く飽きない。ドラマ観ていなくても大丈夫だった。得した気分。

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

4.3

想像していたものと全然違った。こんなに緊張の連続だとは思わなかった。最後が分かっていても、目を覆うほどの恐怖…
でも良かった。アマゾンプライムに入っていても、できれば劇場で観た方がいい。美しさ、迫力、
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.2

沢山の人、特にメディアの方々に観てほしい映画。

日本でも現在進行形で起こっている話。メディアが都合のいいように事実を切り取り、プライバシーを暴き、犯罪者だとレッテルを貼り、世間が煽動され、その人は人
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.1

悪趣味なジョークで幕開け。観るんじゃなかった…と後悔したと思いきや、摩訶不思議で芸術的、婉曲的でありながらもド直球、そして兎にも角にも優しい反戦映画だった。

全体に漂う空気は、愛だった。溢れすぎてい
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.6

説得のシーンで眠気が…。レースが始まってからは疾走感で◎。
クリスチャンベイルってこんな歳取ってたっけ?と思ったらまだ45。役作りですね。
ノアジュプくんは、今回も流石の演技。

最後のSpecial
>>続きを読む

>|